UbuntuにRをインストールするための手順をお伝えする。

Ubuntuのバージョン確認

Ubuntuのバージョンを確認するために、端末を起動し(ショートカットキー:Ctrl+Alt+t)、以下のコマンドを実行する。
DISTRIB_CODENAMEの行を控えておこう。下の内容では「trusty」の部分を控えておく。


$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.1 LTS"

ミラーサイトの選定

次に、ダウンロード元のミラーサイトを決めなければいけない。ミラーサイトの一覧「CRAN Mirrors」で現在利用可能なミラーサイトを確認したほうが良い。なぜならば、ミラーサイトが時々変更されてしまうためだからだ。

2017年3月28日現在、日本国内では以下のミラーサイトが利用できる。ここでは「Institute of Statistical Mathematics, Tokyo」からダウンロードすることにする。

https://cran.ism.ac.jp/ Institute of Statistical Mathematics, Tokyo

cran.ism.ac.jpのリポジトリについて

ミラーサイトhttps://cran.ism.ac.jp/は、時々接続できないことがある。日本国内のミラーサイトでなくてもよいならば、次のミラーサイトをお勧めしておく。

https://cloud.r-project.org/ Automatic redirection to servers worldwide, currently sponsored by Rstudio

リポジトリの設定

ここからは、実際のインストール作業であり、端末上で作業する。
「/etc/apt/sources.list」ファイルを適当なエディタで開いて管理者権限で編集する。ここでは、エディタとしてvimを用いた。

Rをインストール後の話だが、「apt-get update」コマンドなどでアップデートしようとして接続できない場合、再度「/etc/apt/sources.list」の変更をしなければならいことを覚えておくとよいだろう。


$ sudo vim /etc/apt/sources.list

エディタが開いたら、上記のバージョンの確認を元に、Ubuntuのバージョンに合った次の一行を最後に追加して保存して閉じる。


#DISTRIB_CODENAME=xenialの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/

#DISTRIB_CODENAME=vividの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu vivid/

#DISTRIB_CODENAME=trustyの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu trusty/

#DISTRIB_CODENAME=preciseの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu precise/

#DISTRIB_CODENAME=lucidの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu lucid/

次に、公開鍵を登録するため、端末上で以下のコマンドを実行する。


$ gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9
$ gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -

Rのインストール

最後に、端末上でUbuntuのパッケージを更新してRをインストールして完了だ。


$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install r-base

端末上で実行するには、以下のコマンドを実行すればよい。


$ R

端末上でインストールされたRのバージョンを調べるには以下のコマンドを実行すればよい。


$ R --version

R version 3.1.1 (2014-07-10) -- "Sock it to Me"
Copyright (C) 2014 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: i686-pc-linux-gnu (32-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under the terms of the
GNU General Public License versions 2 or 3.
For more information about these matters see
http://www.gnu.org/licenses/.

または、Rの実行中に以下のコマンドを実行すればよい。


> version

platform       i686-pc-linux-gnu
arch           i686
os             linux-gnu
system         i686, linux-gnu
status
major          3
minor          1.1
year           2014
month          07
day            10
svn rev        66115
language       R
version.string R version 3.1.1 (2014-07-10)
nickname       Sock it to Me

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:水文データとモデリングR言語 CRAN Task View:水文データとモデリング CRAN Task View: Hydrological Data and Modelingの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Sam Zipper, Sam Albers, Ilaria Prosdocimi Contact: samuelczipper at […]
  • 度数分布表とヒストグラム度数分布表とヒストグラム 数値データの集合をただ眺めても、そのデータの特徴をつかむのは大変難しい。しかし、そのデータを表にまとめたもの、またはグラフにすると一目瞭然だ。特に、グラフにしたものは、大変分かりやすい。表にまとめたものを度数分布表、グラフにしたものをヒストグラムという。 では、早速具体的に見ていく。 度数分布表 度数分布表とは、以下の表のことを言う。ここで用いたデータは、統計Rに付 […]
  • 経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法 売上高のような時系列データをただ眺めていても、経営戦略を導き出すための示唆を得ることは難しい。 ここでは、売上高のような時系列データを時間に比例する部分と時間に比例しない部分とに分けてとらえると、どのような示唆を得ることができるのかをお伝えする。 この時間に比例する部分と時間に比例しない部分に分けるというのは、変動損益計算書に似ている。 変動損益計算書とは、 […]
  • R言語 CRAN Task View:RグラフィカルモデルR言語 CRAN Task View:Rグラフィカルモデル CRAN Task View: gRaphical Models in Rの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Soren Hojsgaard Contact: sorenh at […]
  • なぜマイナス×マイナス=プラスとなるのかなぜマイナス×マイナス=プラスとなるのか 先日、ある人と話しているときに、私が大学で数学を学んだことを告げると、「なぜ、マイナス×マイナス=プラスとなるのか」と質問を受けた。 どうやら、「マイナス×マイナス=プラス」はルールとして覚えているようだった。 この質問を受けたとき、正直に言うと「すばらしい」と思った。なぜそう思ったのかというと、すでに当たり前として組み込まれている「マイナス×マイナス=プラス」に対し […]
UbuntuにRをインストールするための手順