UbuntuにRをインストールするための手順をお伝えする。

Ubuntuのバージョン確認

Ubuntuのバージョンを確認するために、端末を起動し(ショートカットキー:Ctrl+Alt+t)、以下のコマンドを実行する。
DISTRIB_CODENAMEの行を控えておこう。下の内容では「trusty」の部分を控えておく。


$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.1 LTS"

ミラーサイトの選定

次に、ダウンロード元のミラーサイトを決めなければいけない。ミラーサイトの一覧「CRAN Mirrors」で現在利用可能なミラーサイトを確認したほうが良い。なぜならば、ミラーサイトが時々変更されてしまうためだからだ。

2017年3月28日現在、日本国内では以下のミラーサイトが利用できる。ここでは「Institute of Statistical Mathematics, Tokyo」からダウンロードすることにする。

https://cran.ism.ac.jp/ Institute of Statistical Mathematics, Tokyo

cran.ism.ac.jpのリポジトリについて

ミラーサイトhttps://cran.ism.ac.jp/は、時々接続できないことがある。日本国内のミラーサイトでなくてもよいならば、次のミラーサイトをお勧めしておく。

https://cloud.r-project.org/ Automatic redirection to servers worldwide, currently sponsored by Rstudio

リポジトリの設定

ここからは、実際のインストール作業であり、端末上で作業する。
「/etc/apt/sources.list」ファイルを適当なエディタで開いて管理者権限で編集する。ここでは、エディタとしてvimを用いた。

Rをインストール後の話だが、「apt-get update」コマンドなどでアップデートしようとして接続できない場合、再度「/etc/apt/sources.list」の変更をしなければならいことを覚えておくとよいだろう。


$ sudo vim /etc/apt/sources.list

エディタが開いたら、上記のバージョンの確認を元に、Ubuntuのバージョンに合った次の一行を最後に追加して保存して閉じる。


#DISTRIB_CODENAME=xenialの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/

#DISTRIB_CODENAME=vividの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu vivid/

#DISTRIB_CODENAME=trustyの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu trusty/

#DISTRIB_CODENAME=preciseの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu precise/

#DISTRIB_CODENAME=lucidの場合
deb http://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu lucid/

次に、公開鍵を登録するため、端末上で以下のコマンドを実行する。


$ gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9
$ gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -

Rのインストール

最後に、端末上でUbuntuのパッケージを更新してRをインストールして完了だ。


$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install r-base

端末上で実行するには、以下のコマンドを実行すればよい。


$ R

端末上でインストールされたRのバージョンを調べるには以下のコマンドを実行すればよい。


$ R --version

R version 3.1.1 (2014-07-10) -- "Sock it to Me"
Copyright (C) 2014 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: i686-pc-linux-gnu (32-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under the terms of the
GNU General Public License versions 2 or 3.
For more information about these matters see
http://www.gnu.org/licenses/.

または、Rの実行中に以下のコマンドを実行すればよい。


> version

platform       i686-pc-linux-gnu
arch           i686
os             linux-gnu
system         i686, linux-gnu
status
major          3
minor          1.1
year           2014
month          07
day            10
svn rev        66115
language       R
version.string R version 3.1.1 (2014-07-10)
nickname       Sock it to Me

関連する記事

  • R UbuntuでRからMariaDBへ接続する方法 UbuntuでRからMariaDBへ接続して、データフレームとして取得する方法をお伝えする。 環境 Ubuntuのバージョン $ cat /etc/lsb-release DISTRIB_ID=Ubuntu DISTRIB_RELEASE=16.04 DISTRIB_CODENAME=xenial DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu […]
  • R MASSパッケージcorresp関数のエラー対処方法 RのMASSパッケージ内のcorresp関数を用いたとき、エラーに悩まされたので、皆様と共有しておく。 環境 Ubuntuのバージョン $ cat /etc/lsb-release […]
  • R アップデート後にパッケージが見つからない場合の対処法 Ubuntuで、Rのバージョンを3.4.1にアップデートした後、パッケージが見つからない場合の対処法をお伝えいたします。 すでにRStudio上でRを動かしている場合、パッケージのインストール先はデフォルトでユーザーのホームディレクトリ配下になっています。 今回の問題は、このホームディレクトリ配下のパスを認識しなくなったことが原因です。 環境 環境を確認しておきま […]
  • R 関数に時間制限を設ける方法 ある処理にとても時間が掛かるため、一定時間経過後はその処理を途中で打ち切りたいときがある。 例えば、for文で、あるループだけが重いため全体として時間が掛かってしまう場合、その処理を一旦スキップしてfor文の先に処理を進めたい、などである。 ここでは、そのひとつの解決策として、関数に時間制限を設けて、一定時間経過後はその関数を強制終了するコードをご紹介する。 ただし […]
  • Ubuntu apt-getでRがアップデートできない場合の対処法Ubuntu apt-getでRがアップデートできない場合の対処法 apt-getコマンドでRがアップデートできない理由はいくつか考えられる。ここでは、アップデートできない原因別に対処法をお伝えする。 接続できない 「apt-get […]
UbuntuにRをインストールするための手順