Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • R 関数に時間制限を設ける方法 ある処理にとても時間が掛かるため、一定時間経過後はその処理を途中で打ち切りたいときがある。 例えば、for文で、あるループだけが重いため全体として時間が掛かってしまう場合、その処理を一旦スキップしてfor文の先に処理を進めたい、などである。 ここでは、そのひとつの解決策として、関数に時間制限を設けて、一定時間経過後はその関数を強制終了するコードをご紹介する。 ただし […]
  • TensorFlow チュートリアルDeep MNIST for Expertsを試してみるTensorFlow チュートリアルDeep MNIST for Expertsを試してみる TensorFlowのチュートリアルDeep MNIST for Expertsを試してみる。 import tensorflow as tf import input_data # MNISTデータを取得 mnist = input_data.read_data_sets("MNIST_data/", one_hot=True) # […]
  • Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法 Rのパッケージh2oは、さまざまなクラスタ環境内のニューラルネットワーク(ディープラーニング)、ランダムフォレスト、勾配ブースティングマシン、一般化線形モデルなどの並列分散機械学習アルゴリズムを計算するビッグデータのためのオープンソースの数学エンジンH2O用のRスクリプト機能である。 ここでは、ubuntu14.04環境下でh2oパッケージのインストールの仕方についてお […]
  • Python CaboChaを用いて係り受け構造を抽出する方法Python CaboChaを用いて係り受け構造を抽出する方法 Pythonと日本語係り受け解析器であるCaboChaを用いて係る語と受ける語のペアを抽出する方法をご紹介する。 環境:Ubuntu14.04 Pythonツールのインストール PythonからCaboChaを扱うために、CaboChaに付属しているPythonのsetup.pyをインストールする。 これはPython2系専用であることに注意する。 caboch […]
  • R言語 CRAN Task View:時空間データの処理と分析R言語 CRAN Task View:時空間データの処理と分析 CRAN Task View: Handling and Analyzing Spatio-Temporal Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Edzer Pebesma, Roger Bivand Contact: edzer.pebesma at […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法