Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:機械学習&統計学習R言語 CRAN Task View:機械学習&統計学習 CRAN Task View: Machine Learning & Statistical Learningの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Torsten Hothorn Contact: Torsten.Hothorn at […]
  • Ubuntu14.04とPython3でMeCabを使う方法Ubuntu14.04とPython3でMeCabを使う方法 MeCabは各種スクリプト言語(perl、ruby、python、Java)から、各言語バイディングで利用できるようになっている。 しかし、Pythonで用意されているのはPython2系のもので、残念ながらPython3系では使えない。 そこで、ここでは用意されているPython2系バイディングをPython3系に変換して使用する方法をお伝えする。 MeCab […]
  • R 関数の引数が省略記号(…)を持つかどうかを判定する方法R 関数の引数が省略記号(…)を持つかどうかを判定する方法 ある関数の引数に省略記号である三連ドット(...)を持つかどうかを判定する関数を作成しましたので共有いたします。 判定する関数は次になります。 is_dots […]
  • R言語 CRAN Task View:経験的ファイナンスR言語 CRAN Task View:経験的ファイナンス CRAN Task View: Empirical Financeの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Dirk Eddelbuettel Contact: Dirk.Eddelbuettel at […]
  • Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法 Ubuntu16.04で、任意のバージョンのNode.js環境を構築する方法をお伝えいたします。 apt-getコマンドによりNode.jsをインストールしようとすると、かなり古いバージョンがインストールされます。 そのため、最新または任意のバージョンをインストールするときは、PPA(personal package […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法