Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • R データフレームのファクター列を2値に変換する方法 Rのデータフレームにおいて、ファクター列を2値に変換する方法をお伝えいたします。 方法はとても単純で、データフレームの列ごとにファクター型かどうかをチェックし、ファクター型であればファクターごとに2値の列を新たに作成し追加します。 ソースコードは以下のようになります。 convertFactorToBinary <- function(df, sep = […]
  • R言語 CRAN Task View:実験計画法(DoE)および実験データの分析の設計R言語 CRAN Task View:実験計画法(DoE)および実験データの分析の設計 CRAN Task View: Design of Experiments (DoE) & Analysis of Experimental Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Ulrike Groemping Contact: groemping […]
  • Ubuntu Server 20.04上のOpalのインストール後に行う設定Ubuntu Server 20.04上のOpalのインストール後に行う設定 Opalのインストールが完了しても、ただちに使える状態にはなりません。 使える状態にするためには、データベースの登録およびR言語の設定が必要になります。 Opalは、データベースのバックエンドとして、MongoDBおよびMySQL、MariaDB、PostgreSQLをサポートしています。 ここでは、MariaDBを指定する方法をお伝えします。 環境の確認 今回の作 […]
  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
  • QGIS プラグイン一覧QGIS プラグイン一覧 オープンソースソフトウェアの地図情報システムの一つであるQGIS(Quantum GIS)のプラグインの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。プラグインを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2021/10/01 パッケージ数:1510 3D City […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法