Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:多変量統計R言語 CRAN Task View:多変量統計 CRAN Task View: Multivariate Statisticsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Paul Hewson Contact: Paul.Hewson at […]
  • R言語 CRAN Task View:Rによるモデル展開R言語 CRAN Task View:Rによるモデル展開 CRAN Task View: Model Deployment with Rの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 Maintainer: Yuan Tang Contact: terrytangyuan at […]
  • Ubuntuに日本語係り受け解析器CaboChaをインストールする手順Ubuntuに日本語係り受け解析器CaboChaをインストールする手順 日本語のテキストデータを解析する際に、係り受けを抽出したいときがある。係り受けを行うことができるフリーのソフトウェアの一つにCaboChaがある。CaboChaは, Support Vector […]
  • Ubutnu,R topicmodelsパッケージのインストールの方法Ubutnu,R topicmodelsパッケージのインストールの方法 Ubuntu14.04上のRで「topicmodels」をインストールする方法をお伝えする。 R上で、install.package("topicmodels")を実行すると、次のようなエラーが出てイントールできない。 > install.packages("topicmodels") ctm.c:29:25: fatal error: […]
  • UCI 機械学習リポジトリのデータセット一覧UCI 機械学習リポジトリのデータセット一覧 UCI machine learning repositoryで公開されているデータセットの一覧をご紹介します。英語での要約(abstract)をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。データセットのサンプルを探す参考にしていただければ幸いです。 掲載内容は2021年07月01日の情報で、データセット数は576です。 2.4 […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法