Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • 決定木 – 分類木決定木 – 分類木 決定木とは、分類ルールを木構造で表したものである。分類したいデータを目的変数(従属変数)、分類するために用いるデータを説明変数(独立変数)という。目的変数がカテゴリデータなどの場合は「分類木」、連続値などの量的データの場合は「回帰木」と呼ばれる。 決定木の最大のメリットは、結果にグラフを用いることができるため、視覚的に確認できることである。 ここでは、R言語の「r […]
  • RaspberryPi Bluetoothスピーカーで音を出す方法 Raspberry Pi 3 Model B を用いてBluetoothスピーカーと接続した後、aplayコマンドがエラー出して音が出なかった問題の対応を備忘録として残しておく。 以下はすべてSSH接続によるCUIで行っている。 環境:Raspbian GNU/Linux 8.0 […]
  • Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方 ページビュー数やコンバージョン率を上げるためには、良質なコンテンツが大切であるとよく言われる。そして、良質なコンテンツを作成するためには、ユーザー像を具体的に思い描き、そのユーザーに向けてコンテンツを作成しなくてはならない。 ここでは、ページビュー数から年齢とページの関係性を視覚的に確認し、年齢別にユーザーがどのコンテンツに興味を抱くか、その傾向を探っていく。この傾向が […]
  • 経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法 売上高のような時系列データをただ眺めていても、経営戦略を導き出すための示唆を得ることは難しい。 ここでは、売上高のような時系列データを時間に比例する部分と時間に比例しない部分とに分けてとらえると、どのような示唆を得ることができるのかをお伝えする。 この時間に比例する部分と時間に比例しない部分に分けるというのは、変動損益計算書に似ている。 変動損益計算書とは、 […]
  • 地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月 金沢市役所が公開している平成26年1月の住民基本台帳人口と総務省統計局が公開している地図データを基に人口、人口密度、世帯数、未成年・高齢者の年齢別などの数値および前年同月からの増減率を地図上に色分けして視覚化したものと上位・下位のランキングをご紹介する。 人口、世帯数などのデータを活用しようと考えた場合、まずは国勢調査を思いつくが、国勢調査は5年ごとに行われており、最近 […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法