Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • Ubuntu MongoDBのインストールする手順Ubuntu MongoDBのインストールする手順 Ubuntu16.04にMongoDB3.4をインストールする手順をお伝えいたします。 環境 今回の作業環境を確認しておきます。また、以下の作業はすべてターミナルにて行っております。 Ubuntuのバージョン $ cat […]
  • Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順 Ubuntu上で、TensorFlowのGPU版をpipでインストールする手順をお伝えする。 TensorFlowのバージョン0.6.0からPython3が使えるようになったので、Python3を用いることにする。 ここに記載されていることの大部分は、TensorFlowのDownload and […]
  • ApacheとWildflyの連携方法ApacheとWildflyの連携方法 ApacheとWildflyを連携する方法を3つの手順でご紹介する。Jboss […]
  • 経営戦略に使えるRFM分析の基礎知識と活用法経営戦略に使えるRFM分析の基礎知識と活用法 RFM分析とは、ある一定期間の購買履歴データを用いて、顧客を分類することにより様々な示唆を得るための分析手法である。分類の仕方は、顧客を直近購買時期・購入頻度・購買額の3つの軸で分類し、各軸ごとにランク分けをする。このことにより、顧客が現在どの位置にいて、それがどのくらいの人数なのかを把握することができる。 あなたは、このような分類をすることにどのようなメリットがあるの […]
  • Ubuntu16.04でElectronをインストールする方法Ubuntu16.04でElectronをインストールする方法 Ubuntu16.04でElectronをインストールし、定番のHello […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法