Rの文字列ベクトルで、文字列を指定して要素を削除する方法をお伝えする。
通常、ベクトルの要素を削除する場合は、次のように添字にマイナスを付加して削除する。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 1番目の要素を削除
> s[-1]
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目から2番目の要素を削除
> s[-1:-2]
[1] "名前は"     "まだ無い。"

> # 1番目と3番目の要素を削除
> s[c(-1, -3)]
[1] "猫である。" "まだ無い。"

文字列を指定して要素を直接削除する場合は、which関数を利用し指定した文字列の添字を取得してから、マイナスを付加して削除すれば良い。具体的には次のようになる。


> s <- c("吾輩は", "猫である。", "名前は", "まだ無い。")

> # 「吾輩は」を削除
> s[-which(s %in% "吾輩は")] 
[1] "猫である。" "名前は"     "まだ無い。"

> # 「吾輩は」と「まだ無い。」を削除
> s[-which(s %in% c("吾輩は", "まだ無い。"))] 
[1] "猫である。" "名前は" 

関連する記事

  • Ubuntu20.04にRをインストールする方法Ubuntu20.04にRをインストールする方法 Ubuntu 20.04 LTSにRをインストールする方法についてお伝えします。 作業は端末上で行うため、端末を起動しておきます(ショートカットキー:Ctrl+Alt+t)。 Ubuntuのバージョンを確認 Ubuntuのバージョンを確認するために、以下のコマンドを実行します。 Ubuntu 20.04と表記されていることを確認します。 $ cat […]
  • Journal of Statistical Software: 記事一覧 Journal of Statistical Software の記事一覧をご紹介する。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 確認日:2017/03/24 論文数:1089 Introduction to stream: An Extensible Framework for Data Stream […]
  • 商品開発に役立つコンジョイント分析の仕方商品開発に役立つコンジョイント分析の仕方 コンジョイント分析とは、顧客が商品やサービスの持つ複数の属性について、どの点を重要視しているかを探る調査手法だ。例えば、あなたがパソコンを購入する場合を考えてみて欲しい。スペックだけで購入を決定しているだろうか。また、デザインだけで購入を決定しているだろうか。おそらくそうでないはずだ。パソコンは非常に多種多様な製品が市場に出回っているため、何点かに購入候補を絞ってその中から選 […]
  • QGIS プラグイン一覧QGIS プラグイン一覧 オープンソースソフトウェアの地図情報システムの一つであるQGIS(Quantum GIS)のプラグインの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。プラグインを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2021/01/01 パッケージ数:1351 3D City […]
  • 平均的に分類する方法の考察(3)平均的に分類する方法の考察(3) 前回は、定量データをスコア順に並び替えたのち、この順番でグループに割り振っていく方法を見た。今回は、定量データをスコア順に並び替えるところは同じだが、割り振り方を変更することにより、より平均的に分類できないかを見ていく。 前回と同じく、100人の学生を3つのクラスA、B、Cに分ける方法を考えてみる。 まず、学生をスコア順にA、B、Cに一人ずつ割り振る。 次に […]
R 文字列ベクトルで文字列を指定して要素を削除する方法