Ubuntu14.04上のRで「topicmodels」をインストールする方法をお伝えする。

R上で、install.package(“topicmodels”)を実行すると、次のようなエラーが出てイントールできない。


> install.packages("topicmodels")

ctm.c:29:25: fatal error: gsl/gsl_rng.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

これは、topicmodelsのシステム要件として「GNU Scientific Library (GSL)」が必要なためである。
「GNU Scientific Library (GSL)」をインストールするには libgsl0-dev をイントールすればよい。
ターミナル上は、次のコマンドでインストールできる。


$ sudo apt-get install libgsl0-dev

この後に、再度R上で、install.package(“topicmodels”)を実行すればインストールが完了する。

関連する記事

  • Ubuntu,R OpenGLを用いた3次元可視化パッケージrglのインストール方法Ubuntu,R OpenGLを用いた3次元可視化パッケージrglのインストール方法 Ubuntu上のRで、OpenGLを用いた3次元可視化パッケージであるrglをインストールする方法をいくつかのパターンに分けてお伝します。 Rはaptコマンドによりインストールされているものとします。 R上でinstall.packages関数によりrlgパッケージをインストールしようとしても、次のように「X11が見つからない」とエラーが出てインストールできません。 […]
  • Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順 Ubuntu上で、TensorFlowのGPU版をpipでインストールする手順をお伝えする。 TensorFlowのバージョン0.6.0からPython3が使えるようになったので、Python3を用いることにする。 ここに記載されていることの大部分は、TensorFlowのDownload and […]
  • R ggplotに回帰直線の式を表示する方法R ggplotに回帰直線の式を表示する方法 R言語のggplotにおいて、グラフに回帰直線の式を表示する方法をお伝えします。 ggplotのグラフに回帰直線の式を表示する方法はいくつかあります。 ここでは最も簡単と思われるggpmiscパッケージを用いて回帰直線の式を表示する方法をお伝えします。 環境 今回の作業環境をsessionInfo()関数で確認しておきます。 > […]
  • R言語 CRAN Task View:機械学習&統計学習R言語 CRAN Task View:機械学習&統計学習 CRAN Task View: Machine Learning & Statistical Learningの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Torsten Hothorn Contact: Torsten.Hothorn at […]
  • OpalのAdministration機能OpalのAdministration機能 Opalの管理機能の概要を簡単にお伝えいたします。 ここでのOpalのバージョンは3.02となります。 まず、Opalにアドミニストレータでサインインします。 右上のAdministrationをクリックします。 表示された画面がOpalの管理画面になります。 Opalの管理は「DATA ACCESS」「DATA […]
Ubutnu,R topicmodelsパッケージのインストールの方法