Ubuntu14.04上のRで「topicmodels」をインストールする方法をお伝えする。

R上で、install.package(“topicmodels”)を実行すると、次のようなエラーが出てイントールできない。


> install.packages("topicmodels")

ctm.c:29:25: fatal error: gsl/gsl_rng.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

これは、topicmodelsのシステム要件として「GNU Scientific Library (GSL)」が必要なためである。
「GNU Scientific Library (GSL)」をインストールするには libgsl0-dev をイントールすればよい。
ターミナル上は、次のコマンドでインストールできる。


$ sudo apt-get install libgsl0-dev

この後に、再度R上で、install.package(“topicmodels”)を実行すればインストールが完了する。

関連する記事

  • R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法 RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。 エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。 ! LaTeX Error: Command \subtitle already defined. Or […]
  • Ubuntu,R knitrで日本語のPDFを出力するための設定Ubuntu,R knitrで日本語のPDFを出力するための設定 Ubuntu14.04とRで、knitrで日本語のPDFを出力するための設定方法をお伝えする。 Rでの作業は実際にはRStudioを用いている。 それでは、Ubuntuの設定からお伝えする。 Ubuntuの設定 Ubuntuに日本語のTex環境をインストールする。 $ sudo apt-get install texlive […]
  • Ubuntu,R gmpパッケージをインストールする方法Ubuntu,R gmpパッケージをインストールする方法 UbuntuにRパッケージのgmpをインストールする方法を備忘録として残しておきます。 CライブラリGMP(GNU Multiple Precision […]
  • Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順 Ubuntu上で、TensorFlowのGPU版をpipでインストールする手順をお伝えする。 TensorFlowのバージョン0.6.0からPython3が使えるようになったので、Python3を用いることにする。 ここに記載されていることの大部分は、TensorFlowのDownload and […]
  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つである。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあるのではないだろうか。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介する […]
Ubutnu,R topicmodelsパッケージのインストールの方法