Ubuntu14.04上のRで「topicmodels」をインストールする方法をお伝えする。

R上で、install.package(“topicmodels”)を実行すると、次のようなエラーが出てイントールできない。


> install.packages("topicmodels")

ctm.c:29:25: fatal error: gsl/gsl_rng.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

これは、topicmodelsのシステム要件として「GNU Scientific Library (GSL)」が必要なためである。
「GNU Scientific Library (GSL)」をインストールするには libgsl0-dev をイントールすればよい。
ターミナル上は、次のコマンドでインストールできる。


$ sudo apt-get install libgsl0-dev

この後に、再度R上で、install.package(“topicmodels”)を実行すればインストールが完了する。

関連する記事

  • R実装と解説 対応のない2標本の母平均の差の検定(母分散が等しい) [latexpage] 母分散が等しい場合の対応のない2標本の母平均の差の検定とは、2つの母集団が正規分布に従い、ともに母分散が等しいと仮定できるとき、一方の母平均が他方の母平均と「異なる」または「大きい」、「小さい」かどうかを、検定統計量がt分布に従うことを利用して検定します。 統計的検定の流れ 検定の大まかな流れを確認しておきます。 […]
  • R 関数に時間制限を設ける方法 ある処理にとても時間が掛かるため、一定時間経過後はその処理を途中で打ち切りたいときがある。 例えば、for文で、あるループだけが重いため全体として時間が掛かってしまう場合、その処理を一旦スキップしてfor文の先に処理を進めたい、などである。 ここでは、そのひとつの解決策として、関数に時間制限を設けて、一定時間経過後はその関数を強制終了するコードをご紹介する。 ただし […]
  • UCI 機械学習リポジトリのデータセット一覧UCI 機械学習リポジトリのデータセット一覧 UCI machine learning repositoryで公開されているデータセットの一覧をご紹介します。英語での要約(abstract)をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。データセットのサンプルを探す参考にしていただければ幸いです。 掲載内容は2022年11月01日の情報で、データセット数は606です。 2.4 […]
  • R K-means法のクラスタ数を機械的に決定する方法R K-means法のクラスタ数を機械的に決定する方法 K-means法(K平均法)を用いてクラスタリングする場合は、あらかじめクラスタ数を指定しなければならない。 このときのクラスタ数をどのように決めてよいか迷ったことはないだろうか。 ここでは、K-means法のクラスタ数を機械的に決定する方法をお伝えする。 K-means法のクラスタ数を機械的に決定するために用いるのが、Gap統計量である。 Gap統計量を用いたク […]
  • Ubuntu Server 20.04にOpalをインストールする方法Ubuntu Server 20.04にOpalをインストールする方法 Ubuntu Server […]
Ubutnu,R topicmodelsパッケージのインストールの方法