Ubuntu Server 20.04にOpalをインストールする方法をお伝えします。
Opalは、OBiBaのコアデータウェアハウスで、データのインポートおよびエクスポート、変換などをWEBインターフェイスを用いて管理できます。
また、R言語と統合されているので、統計分析を行ったり、レポートを管理することもできます。
さらに、DataSHIELDを用いることにより、詳細なデータを開示することなく統計分析を行うことができます。

環境確認

Ubuntuのバージョンを確認するために、以下のコマンドを実行します。


$ cat /etc/lsb-release

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.1 LTS"

Opalのインストール

OBiBaのリポジトリを登録するためのキーを追加します。


$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 379CE192D401AB61

APTにOBiBaのリポジトリを追加します。


$ echo 'deb https://dl.bintray.com/obiba/deb all main' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/obiba.list

パッケージをアップデートします。


$ sudo apt update

Opalをインストールします。


$ sudo apt install opal

Opalのインポートの途中で、administratorのパスワードを入力します。

確認のため、administratorのパスワードの入力を再度要求されます。

Opal Python Clientをインストールします。


$ sudo apt install opal-python-client

Opal用のR Serverをインストールする前に、次のライブラリを事前にインストールしておくと、後々のRパッケージに関する警告が減少するため、予めインストールすることをお勧めします。


$ sudo apt install libssl-dev libsasl2-dev libssh-dev libmariadbclient-dev libpq-dev

Opal用のR Serverをインストールします。


$ sudo apt install opal-rserver

Opal用のR Serverサービスを開始します。


$ sudo service rserver restart

Opalの確認

外部パソコンのブラウザから「http://<アドレス>:8080」に接続します。

User Nameに「administrator」、Passwordに「指定したパスワードまたは空欄」を入力し、「Sign In」をクリックします。

Dashboardが表示され、Opalの稼働が確認できました。

関連する記事

  • R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化 決定木の可視化において、とても柔軟性が高いggpartyパッケージをご紹介します。 ggpartyパッケージは、ggplot2の機能をpartykitに拡張し、partyクラスのツリーオブジェクトのために明瞭に構造化され、高度にカスタマイズ可能なビジュアライゼーションを作成するために必要なツールを提供します。 ggpartyパッケージを用いると、ノードやエッジに対 […]
  • Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方 ページビュー数やコンバージョン率を上げるためには、良質なコンテンツが大切であるとよく言われる。そして、良質なコンテンツを作成するためには、ユーザー像を具体的に思い描き、そのユーザーに向けてコンテンツを作成しなくてはならない。 ここでは、ページビュー数から年齢とページの関係性を視覚的に確認し、年齢別にユーザーがどのコンテンツに興味を抱くか、その傾向を探っていく。この傾向が […]
  • UCI 機械学習リポジトリのデータセット一覧UCI 機械学習リポジトリのデータセット一覧 UCI machine learning repositoryで公開されているデータセットの一覧をご紹介します。英語での要約(abstract)をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。データセットのサンプルを探す参考にしていただければ幸いです。 掲載内容は2022年01月01日の情報で、データセット数は611です。 2.4 […]
  • R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法 RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。 エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。 ! LaTeX Error: Command \subtitle already defined. Or […]
  • 決定木 – 分類木決定木 – 分類木 決定木とは、分類ルールを木構造で表したものである。分類したいデータを目的変数(従属変数)、分類するために用いるデータを説明変数(独立変数)という。目的変数がカテゴリデータなどの場合は「分類木」、連続値などの量的データの場合は「回帰木」と呼ばれる。 決定木の最大のメリットは、結果にグラフを用いることができるため、視覚的に確認できることである。 ここでは、R言語の「r […]
Ubuntu Server 20.04にOpalをインストールする方法