Ubuntu Server 20.04にOpalをインストールする方法をお伝えします。
Opalは、OBiBaのコアデータウェアハウスで、データのインポートおよびエクスポート、変換などをWEBインターフェイスを用いて管理できます。
また、R言語と統合されているので、統計分析を行ったり、レポートを管理することもできます。
さらに、DataSHIELDを用いることにより、詳細なデータを開示することなく統計分析を行うことができます。

環境確認

Ubuntuのバージョンを確認するために、以下のコマンドを実行します。


$ cat /etc/lsb-release

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.1 LTS"

Opalのインストール

OBiBaのリポジトリを登録するためのキーを追加します。


$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 379CE192D401AB61

APTにOBiBaのリポジトリを追加します。


$ echo 'deb https://dl.bintray.com/obiba/deb all main' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/obiba.list

パッケージをアップデートします。


$ sudo apt update

Opalをインストールします。


$ sudo apt install opal

Opalのインポートの途中で、administratorのパスワードを入力します。

確認のため、administratorのパスワードの入力を再度要求されます。

Opal Python Clientをインストールします。


$ sudo apt install opal-python-client

Opal用のR Serverをインストールする前に、次のライブラリを事前にインストールしておくと、後々のRパッケージに関する警告が減少するため、予めインストールすることをお勧めします。


$ sudo apt install libssl-dev libsasl2-dev libssh-dev libmariadbclient-dev libpq-dev

Opal用のR Serverをインストールします。


$ sudo apt install opal-rserver

Opal用のR Serverサービスを開始します。


$ sudo service rserver restart

Opalの確認

外部パソコンのブラウザから「http://<アドレス>:8080」に接続します。

User Nameに「administrator」、Passwordに「指定したパスワードまたは空欄」を入力し、「Sign In」をクリックします。

Dashboardが表示され、Opalの稼働が確認できました。

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:メタアナリシスR言語 CRAN Task View:メタアナリシス CRAN Task View: Meta-Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Michael Dewey, Wolfgang Viechtbauer Contact: lists at […]
  • 基本統計量基本統計量 [latexpage] 基本統計量とは、データの基本的な特徴を表す値のことで、代表値と散布度に区分できる。代表値とは、データを代表するような値のことで、例えば、平均値、最大値、最小値などがある。散布度とは、データの散らばり度合いを表すような値のことで、例えば、分散、標準偏差などがある。 平均値 […]
  • 経営戦略に使えるABC分析の基礎知識と活用法経営戦略に使えるABC分析の基礎知識と活用法 ABC分析は売上に関する経営戦略を立てるうえで、最も基本となる分析手法である。ABC分析とは、販売管理、顧客管理で使われる分析の一つで、ある期間で対象を重要度によって分類することにより現状を把握し易くする分析手法だ。 それでは早速解説していく。 ABC分析の手順 期間を過去一年間、対象を商品、重要度を売上とした場合を例に取り、ABC分析を行う手順を説明していく。 […]
  • R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化 決定木の可視化において、とても柔軟性が高いggpartyパッケージをご紹介します。 ggpartyパッケージは、ggplot2の機能をpartykitに拡張し、partyクラスのツリーオブジェクトのために明瞭に構造化され、高度にカスタマイズ可能なビジュアライゼーションを作成するために必要なツールを提供します。 ggpartyパッケージを用いると、ノードやエッジに対 […]
  • UbuntuにRをインストールするための手順UbuntuにRをインストールするための手順 UbuntuにRをインストールするための手順をお伝えする。 Ubuntuのバージョン確認 Ubuntuのバージョンを確認するために、端末を起動し(ショートカットキー:Ctrl+Alt+t)、以下のコマンドを実行する。 DISTRIB_CODENAMEの行を控えておこう。下の内容では「trusty」の部分を控えておく。 $ cat […]
Ubuntu Server 20.04にOpalをインストールする方法