Ubuntu 20.04 LTSにRをインストールする方法についてお伝えします。

作業は端末上で行うため、端末を起動しておきます(ショートカットキー:Ctrl+Alt+t)。

Ubuntuのバージョンを確認

Ubuntuのバージョンを確認するために、以下のコマンドを実行します。
Ubuntu 20.04と表記されていることを確認します。


$ cat /etc/lsb-release

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.1 LTS"

Rのインストール

最初にGPGキーを登録しておきます。


$ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9

次にaptのリポジトリに登録します。


$ sudo add-apt-repository 'deb https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu focal-cran40/'

一度アップデートを行ってから、Rをインストールします。


$ sudo apt update
$ sudo apt install r-base

Rの起動確認

Rのインストールが完了したら、端末上で次のコマンドを入力して起動するかを確認します。
問題なく起動できた場合は、「q()」を入力後確定してRを終了します。


$ R

R version 4.0.2 (2020-06-22) -- "Taking Off Again"
Copyright (C) 2020 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R は、自由なソフトウェアであり、「完全に無保証」です。 
一定の条件に従えば、自由にこれを再配布することができます。 
配布条件の詳細に関しては、'license()' あるいは 'licence()' と入力してください。 

R は多くの貢献者による共同プロジェクトです。 
詳しくは 'contributors()' と入力してください。 
また、R や R のパッケージを出版物で引用する際の形式については 
'citation()' と入力してください。 

'demo()' と入力すればデモをみることができます。 
'help()' とすればオンラインヘルプが出ます。 
'help.start()' で HTML ブラウザによるヘルプがみられます。 
'q()' と入力すれば R を終了します。

関連する記事

  • R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法 ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする2つの方法をお伝えします。 最初の方法は、ggExtraパッケージのggMarginal関数を用いる方法で、周辺分布を簡単にプロットすることができます。 二番目の方法は、散布図と周辺分布を作成した上で、一つにまとめる方法です。 それぞれ一長一短があります。 最初の方法は、コード量が少ないですがグラフとして […]
  • R言語 CRAN Task View:生存時間解析R言語 CRAN Task View:生存時間解析 CRAN Task View: Survival Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Arthur Allignol, Aurelien Latouche Contact: arthur.allignol at […]
  • MySQL 月の差分を計算する方法MySQL 月の差分を計算する方法 MySQLで、月の差分を計算する方法をお伝えする。 計算は、PERIOD_DIFF関数を用いれば簡単に求めることができる。 これは、二つの期間の差の月数を返す関数である。 PERIOD_DIFF(P1, […]
  • QGIS インストールQGIS インストール QGISのインストール方法をご紹介する。Windows版のQGISはインストーラーが用意されているので、非常に簡単にインストールできる。インストールの流れとしては、ウェブサイトからインストーラーをダウンロードして、起動後、画面を確認しながら次へボタンを押していけばよい。インストールが完了したら再起動を促されるので、再起動すれば完了だ。 1.QGISの日本語サイト「htt […]
  • 決定木 – 分類木決定木 – 分類木 決定木とは、分類ルールを木構造で表したものである。分類したいデータを目的変数(従属変数)、分類するために用いるデータを説明変数(独立変数)という。目的変数がカテゴリデータなどの場合は「分類木」、連続値などの量的データの場合は「回帰木」と呼ばれる。 決定木の最大のメリットは、結果にグラフを用いることができるため、視覚的に確認できることである。 ここでは、R言語の「r […]
Ubuntu20.04にRをインストールする方法