Opalのインストールが完了しても、ただちに使える状態にはなりません。
使える状態にするためには、データベースの登録およびR言語の設定が必要になります。
Opalは、データベースのバックエンドとして、MongoDBおよびMySQL、MariaDB、PostgreSQLをサポートしています。
ここでは、MariaDBを指定する方法をお伝えします。

環境の確認

今回の作業を行う環境は、Ubuntu Server 20.04になります。


$ cat /etc/lsb-release 

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=20.04
DISTRIB_CODENAME=focal
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20.04.1 LTS"

Opalのバージョンは3.0.2になります。


$ dpkg -l | grep opal
ii  opal                                 3.0.2                                   all          OBiBa Data integration Web application for biobanks
ii  opal-python-client                   3.0.1                                   all          OBiBa Data integration Web application for biobanks
ii  opal-rserver                         1.4.2                                   all          OBiBa Opal Rserver

問題の確認

外部パソコンのブラウザからOpalへアクセスします。
User NameおよびPasswordを入力し、Sign Inをクリックします。

Dashboardが表示されます。
右上辺りのAdministrationをクリックします。

3つの警告を解消することが今回の目的となります。

Rパッケージの登録

「リソース記述プロバイダーを特定できませんでした。 resourcer Rパッケージをインストールする必要があるかもしれません。」と警告されています。
この問題を解決するために「Administrate R packages」をクリックします。

Downloadボタンをクリックすると、R Serverのログがダウンロードされます。
このログにエラーの内容が記載されていますので、一つ一つ解決します。

上記のOpalのバージョンでは、いくつかのRのパッケージがライブラリの依存を解決できなかったため、インストールできなかったと記載されていました。
そのため、ログに記載されているRのパッケージおよび依存ライブラリをインストールするため、Opalサーバにターミナルから接続します。
まずは、依存ライブラリをインストールします。


$ sudo apt install libssl-dev libsasl2-dev libssh-dev libmariadbclient-dev libpq-dev

次に、root権限でRを実行し、Rのパッケージをインストールします。
Rserveパッケージは、通常のCRANではエラーが解消できなかったため、rforgeからダウンロードしています。


> install.packages("uuid")
> install.packages("ssh")
> install.packages("mongolite")
> install.packages("RMariaDB")
> install.packages("RPostgres")
> install.packages("unixtools")
> install.packages("resourcer")
> install.packages('Rserve',,"http://rforge.net/",type="source")

Rのパッケージのインストールが完了したら、サーバを再起動しておきます。

MariaDBを登録

ここでは、MariaDBをOpalと同一のサーバにインストールし、これを使用することにします。
まずは、サーバにMariaDBをインストールするため、ターミナルからサーバに接続します。


$ sudo apt install mariadb-server

MySQLにOpalで使用するユーザおよびデータベースを追加します。
ユーザ名およびパスワード、権限は適宜変更してください。


$ sudo mysql -u root

> CREATE USER 'administrator'@'localhost' IDENTIFIED BY 'administrator';
> GRANT ALL ON *.* TO 'administrator'@'localhost';
> FLUSH PRIVILEGES;  
> CREATE DATABASE opal_ids;
> CREATE DATABASE opal_data;

次に、上記で追加したデータベースをOpalに登録するため、外部パソコンでブラウザからOpalにアクセスします。
Sign Inした後、右上のAdministrationをクリックします。
表示された警告の「Add ID database」をクリックします。

Registerをクリックします。

今回は、MariaDBを登録するので、SQLを選択します。

Driverを「MariaDB」とし、UsernameおよびPasswordを上記のMariaDBに登録したユーザ名とパスワードを入力し、Saveボタンをクリックします。

問題がなければ、画面の上部にConnection successfulと表示されます。

続いて、Data DatabasesにMariaDBを登録します。

Registerをクリックします。

Driverを「MariaDB」とし、UsernameおよびPasswordを上記のMariaDBに登録したユーザ名とパスワードを入力し、Saveボタンをクリックします。

問題がなければ、画面の上部にConnection successfulと表示されます。

最終確認

右上のAdministrationをクリックし、警告がなくなっていれば完了です。
これで、Opalの使用準備が整いました。

関連する記事

  • 中小企業の経営者なら知っておきたい財務データ活用法中小企業の経営者なら知っておきたい財務データ活用法 あなたは財務データを経営ツールとして有効に活用できているだろうか。目の前の仕事で忙しい、財務データの見方が分からない、顧問税理士に任せてあるなどの理由を付けて回避していないだろうか。 目の前の仕事で忙しいといって、ただがむしゃらに働いたところで利益を出し続けなければ生き残っていけない。どの方向を向いてがむしゃらに働くかを把握しておかなければならない。 財務データの […]
  • 地図で見る石川県野々市市の人口 2013年12月版地図で見る石川県野々市市の人口 2013年12月版 野々市市役所が公開している平成25年12月末日の住民基本台帳人口と総務省統計局が公開している地図データを基に人口、人口密度、世帯数などの数値および前年同月からの増減率を地図上に色分けして視覚化したものと上位・下位のランキングをご紹介する。 人口の上位・下位ランキング […]
  • Ubuntu Cytoscapeのインストール手順Ubuntu Cytoscapeのインストール手順 Ubuntu16.04にCytoscapeをインストールする手順をお伝えいたします。 環境 今回の作業環境を確認しておきます。 Ubuntuのバージョン $ cat […]
  • R実装と解説 対応のない2標本の母平均の差の検定(母分散が等しい) [latexpage] 母分散が等しい場合の対応のない2標本の母平均の差の検定とは、2つの母集団が正規分布に従い、ともに母分散が等しいと仮定できるとき、一方の母平均が他方の母平均と「異なる」または「大きい」、「小さい」かどうかを、検定統計量がt分布に従うことを利用して検定します。 統計的検定の流れ 検定の大まかな流れを確認しておきます。 […]
  • Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順 Ubuntu上で、TensorFlowのGPU版をpipでインストールする手順をお伝えする。 TensorFlowのバージョン0.6.0からPython3が使えるようになったので、Python3を用いることにする。 ここに記載されていることの大部分は、TensorFlowのDownload and […]
Ubuntu Server 20.04上のOpalのインストール後に行う設定