Python3でmatplotlibを用いて、箱ひげ図を表示する方法をお伝えする。
Ubuntu14.04環境で動作することを確認している。

一つ注意点として、日本語に対応させるために、ここでは「IPAexGothic」を用いている。


import matplotlib as mpl
import matplotlib.pyplot as plt
import random

# データの作成
uniform = []
gauss = []
for i in range(0, 10000):
    uniform.append(random.uniform(50, 100))
    gauss.append(random.gauss(75, 5))
data = [uniform, gauss]

# 日本語対応
mpl.rcParams['font.family'] = 'IPAexGothic'

fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(111)

# データをセット
bp = ax.boxplot(data)

# 横軸のラベルの設定
ax.set_xticklabels(['一様分布', '正規分布'])

# グリッド線を表示
plt.grid()

# 横軸のラベルを設定
plt.xlabel('分布')

# 縦軸のラベルを設定
plt.ylabel('値')

# タイトルを設定
plt.title('分布の箱ひげ図')

# 縦軸の範囲を設定
plt.ylim([20,160])

# 箱ひげ図の表示
plt.show()

これを実行させると、次のグラフが表示される。

how-to-create-the-boxplot-with-matplotlib-boxplot

関連する記事

  • Ubuntuに日本語係り受け解析器CaboChaをインストールする手順Ubuntuに日本語係り受け解析器CaboChaをインストールする手順 日本語のテキストデータを解析する際に、係り受けを抽出したいときがある。係り受けを行うことができるフリーのソフトウェアの一つにCaboChaがある。CaboChaは, Support Vector […]
  • R言語 CRAN Task View:実験計画法(DoE)および実験データの分析の設計R言語 CRAN Task View:実験計画法(DoE)および実験データの分析の設計 CRAN Task View: Design of Experiments (DoE) & Analysis of Experimental Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Ulrike Groemping Contact: groemping […]
  • これだけは抑えておきたい成長性分析の基本これだけは抑えておきたい成長性分析の基本 成長性分析とは、様々な観点から成長性・拡大性・発展性を測定する分析である。 規模拡大などの経営戦略がいつも経営者の思い描く通りに進むとは限らないため、様々な観点から自社および自社を取り巻く環境の状況を把握する必要がある。 ここでは、成長性分析の代表的な指標をいくつか紹介する。 売上高伸び率 売上高伸び率とは、前期売上高より当期売上高がどの程度上昇または下降したかを […]
  • 決定木 – 回帰木決定木 – 回帰木 ここでは、決定木の目的変数が連続値である場合の回帰木について、R言語の「rpart」パッケージを用いて簡単に見ていく。 まずは必要となるパッケージのインストールとロードを行う。「rpart」パッケージは決定木を行うためのものだが、「rpart.plot」と「partykit」パッケージは結果を視覚的に表示するために使うので、あらかじめインストールとロードをしておく。 […]
  • C++ Boostによるコマンドライン引数処理C++ Boostによるコマンドライン引数処理 boost::program_optionsを用いると、コマンドライン引数(オプション)を比較的容易に解析することができる。 #include <iostream> #include <string> #include <boost/program_options.hpp> int main(int argc, char **argv) […]
matplotlibで箱ひげ図を表示する方法