Python3でmatplotlibを用いて、箱ひげ図を表示する方法をお伝えする。
Ubuntu14.04環境で動作することを確認している。

一つ注意点として、日本語に対応させるために、ここでは「IPAexGothic」を用いている。


import matplotlib as mpl
import matplotlib.pyplot as plt
import random

# データの作成
uniform = []
gauss = []
for i in range(0, 10000):
    uniform.append(random.uniform(50, 100))
    gauss.append(random.gauss(75, 5))
data = [uniform, gauss]

# 日本語対応
mpl.rcParams['font.family'] = 'IPAexGothic'

fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(111)

# データをセット
bp = ax.boxplot(data)

# 横軸のラベルの設定
ax.set_xticklabels(['一様分布', '正規分布'])

# グリッド線を表示
plt.grid()

# 横軸のラベルを設定
plt.xlabel('分布')

# 縦軸のラベルを設定
plt.ylabel('値')

# タイトルを設定
plt.title('分布の箱ひげ図')

# 縦軸の範囲を設定
plt.ylim([20,160])

# 箱ひげ図の表示
plt.show()

これを実行させると、次のグラフが表示される。

how-to-create-the-boxplot-with-matplotlib-boxplot

関連する記事

  • R データフレームから特定の型の列を抽出する方法R データフレームから特定の型の列を抽出する方法 Rのデータフレームから特定の型の列を抽出する方法をお伝えします。 サンプルデータとして、irisを用います。 データフレームの構造をstr関数で確認します。 > str(iris) 'data.frame': 150 obs. of 5 variables: $ Sepal.Length: num 5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 […]
  • これだけは抑えておきたい成長性分析の基本これだけは抑えておきたい成長性分析の基本 成長性分析とは、様々な観点から成長性・拡大性・発展性を測定する分析である。 規模拡大などの経営戦略がいつも経営者の思い描く通りに進むとは限らないため、様々な観点から自社および自社を取り巻く環境の状況を把握する必要がある。 ここでは、成長性分析の代表的な指標をいくつか紹介する。 売上高伸び率 売上高伸び率とは、前期売上高より当期売上高がどの程度上昇または下降したかを […]
  • RaspberryPi Bluetoothスピーカーで音を出す方法 Raspberry Pi 3 Model B を用いてBluetoothスピーカーと接続した後、aplayコマンドがエラー出して音が出なかった問題の対応を備忘録として残しておく。 以下はすべてSSH接続によるCUIで行っている。 環境:Raspbian GNU/Linux 8.0 […]
  • R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法 ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする2つの方法をお伝えします。 最初の方法は、ggExtraパッケージのggMarginal関数を用いる方法で、周辺分布を簡単にプロットすることができます。 二番目の方法は、散布図と周辺分布を作成した上で、一つにまとめる方法です。 それぞれ一長一短があります。 最初の方法は、コード量が少ないですがグラフとして […]
  • R ggplot2を用いた2軸グラフの簡単な作成方法R ggplot2を用いた2軸グラフの簡単な作成方法 Rのggplot2を用いて、2軸グラフを作成するための簡単な方法をお伝えします. 2軸グラフは、グラフの縦軸(y軸)が左側と右側の両方にあり、それぞれ単位が異なるグラフのことを言います。 2軸グラフは、一般的に推奨されてはおりません。 そのため、ggplot2パッケージを用いた2軸グラフを作成するためには、scale_y_continuous()関数のsec.axi […]
matplotlibで箱ひげ図を表示する方法