Python3でmatplotlibを用いて、箱ひげ図を表示する方法をお伝えする。
Ubuntu14.04環境で動作することを確認している。

一つ注意点として、日本語に対応させるために、ここでは「IPAexGothic」を用いている。


import matplotlib as mpl
import matplotlib.pyplot as plt
import random

# データの作成
uniform = []
gauss = []
for i in range(0, 10000):
    uniform.append(random.uniform(50, 100))
    gauss.append(random.gauss(75, 5))
data = [uniform, gauss]

# 日本語対応
mpl.rcParams['font.family'] = 'IPAexGothic'

fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(111)

# データをセット
bp = ax.boxplot(data)

# 横軸のラベルの設定
ax.set_xticklabels(['一様分布', '正規分布'])

# グリッド線を表示
plt.grid()

# 横軸のラベルを設定
plt.xlabel('分布')

# 縦軸のラベルを設定
plt.ylabel('値')

# タイトルを設定
plt.title('分布の箱ひげ図')

# 縦軸の範囲を設定
plt.ylim([20,160])

# 箱ひげ図の表示
plt.show()

これを実行させると、次のグラフが表示される。

how-to-create-the-boxplot-with-matplotlib-boxplot

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法 CRAN Task View: Phylogenetics, Especially Comparative Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Brian O'Meara Contact: omeara.brian at […]
  • 地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月 金沢市役所が公開している平成26年1月の住民基本台帳人口と総務省統計局が公開している地図データを基に人口、人口密度、世帯数、未成年・高齢者の年齢別などの数値および前年同月からの増減率を地図上に色分けして視覚化したものと上位・下位のランキングをご紹介する。 人口、世帯数などのデータを活用しようと考えた場合、まずは国勢調査を思いつくが、国勢調査は5年ごとに行われており、最近 […]
  • Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するWikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する方法を備忘記録として記しておく。 Wikipedia日本語版のデータファイルは以下のサイトからダウンロードできる。 ウィキペディア日本語版 Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するPythonプログラム「WikiExtractor」を以下のサイトからダウンロードする。 […]
  • Bioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変えるBioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変える BioconductorのHeatplusパッケージのregHeatMap関数を用いると、ヒートマップを描けるが、行と列の文字の大きさを変える方法が分かり難かったので、備忘録として残しておく。 サンプルデータのために、Biobaseパッケージをインストールしておく。 > […]
  • WindowsにRをインストールする手順WindowsにRをインストールする手順 WindowsにRをインストールする手順をお伝えいたします。 ファイルのダウンロード Rのインストールファイルをダウンロードするために、次のサイトに移動します。 R: The R Project for Statistical Computing 「download […]
matplotlibで箱ひげ図を表示する方法