MySQLまたはMariaDBのデータベース内のテーブル数を確認する方法をお伝えします。

サンプルデータベースを次のように準備します。


# データベース作成
CREATE DATABASE sample_database;

# データベース指定
use sample_database;

# テーブル作成
CREATE TABLE sample01 (col11 INT, col12 CHAR(10));
CREATE TABLE sample02 (col21 INT, col22 CHAR(10), col23 DOUBLE);

データベース内のテーブルに関する情報はinformation_schema.tablesにあります。


SHOW FULL COLUMNS FROM information_schema.tables;

+-----------------+---------------------+-----------------+------+-----+---------+-------+------------+---------+
| Field           | Type                | Collation       | Null | Key | Default | Extra | Privileges | Comment |
+-----------------+---------------------+-----------------+------+-----+---------+-------+------------+---------+
| TABLE_CATALOG   | varchar(512)        | utf8_general_ci | NO   |     |         |       | select     |         |
| TABLE_SCHEMA    | varchar(64)         | utf8_general_ci | NO   |     |         |       | select     |         |
| TABLE_NAME      | varchar(64)         | utf8_general_ci | NO   |     |         |       | select     |         |
| TABLE_TYPE      | varchar(64)         | utf8_general_ci | NO   |     |         |       | select     |         |
| ENGINE          | varchar(64)         | utf8_general_ci | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| VERSION         | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| ROW_FORMAT      | varchar(10)         | utf8_general_ci | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| TABLE_ROWS      | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| AVG_ROW_LENGTH  | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| DATA_LENGTH     | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| MAX_DATA_LENGTH | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| INDEX_LENGTH    | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| DATA_FREE       | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| AUTO_INCREMENT  | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| CREATE_TIME     | datetime            | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| UPDATE_TIME     | datetime            | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| CHECK_TIME      | datetime            | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| TABLE_COLLATION | varchar(32)         | utf8_general_ci | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| CHECKSUM        | bigint(21) unsigned | NULL            | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| CREATE_OPTIONS  | varchar(2048)       | utf8_general_ci | YES  |     | NULL    |       | select     |         |
| TABLE_COMMENT   | varchar(2048)       | utf8_general_ci | NO   |     |         |       | select     |         |
+-----------------+---------------------+-----------------+------+-----+---------+-------+------------+---------+

そのinformation_schema.tablesを用いて、sample_databaseデータベース内のテーブル数を確認するSQLコードは次になります。


SELECT COUNT(*) FROM information_schema.tables WHERE table_schema = 'sample_database';

+----------+
| COUNT(*) |
+----------+
|        2 |
+----------+
1 row in set (0.00 sec)

関連する記事

  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
  • SlideShareで公開されているR言語関係のまとめSlideShareで公開されているR言語関係のまとめ SlideShareで公開されているR言語関係の資料をまとめてみたのでご紹介する。全てを網羅しているわけではないが、あなたのお役に立てれば幸いだ。 Rによる医療統計2015 第1部 医療統計の基礎知識 前編 2015-12-18 / 70 slides Rによる医療統計2015 第1部 後半 2015-12-18 / 57 […]
  • R アップデート後にパッケージが見つからない場合の対処法 Ubuntuで、Rのバージョンを3.4.1にアップデートした後、パッケージが見つからない場合の対処法をお伝えいたします。 すでにRStudio上でRを動かしている場合、パッケージのインストール先はデフォルトでユーザーのホームディレクトリ配下になっています。 今回の問題は、このホームディレクトリ配下のパスを認識しなくなったことが原因です。 環境 環境を確認しておきま […]
  • R knitrで特定ページを横向きにしてPDF出力する方法R knitrで特定ページを横向きにしてPDF出力する方法 knitrでレポートをPDF出力する際に、ある特定ページだけ横向きにする方法をお伝えする。 まずは、事前準備として本体となるファイルの同一ディレクトリに「header.tex」として、次の内容を書き込んで保存しておく。 これは、このファイルが読み込まれた時に、「lscape」パッケージを読み込んで、 「\blandscape」「\enlandscape」と記述してある場 […]
  • RStudioのエディタテーマ一覧RStudioのエディタテーマ一覧 RStudio(ver 1.0.153)のエディタテーマの一覧をご紹介します。 Ambiance Chaos Chrome Clouds Midnight Clouds Cobalt Crimson Editor Dawn Dreamweaver Eclipse Idle Fingers Katzenmilch Kr […]
MySQL データベース内のテーブル数を確認する方法