Ubuntu上のRStudio(ver 1.0.153)の外観をダークテーマに変更する方法をお伝えします。

2017年8月31日時点の安定版RStudioには、外観を変更する機能は搭載されておりません。しかし、daily build版RStudioのには外観をダークにする機能が搭載されるようです。

githubに現在の安定版でもダークテーマに変更する方法を提供されている方がいましたので、今回はこれを用いてダークテーマに変更してみます。

installDarkTheme.shを提供されておりましたが、もう少しだけ手軽かつ元に戻せるようにしたかったので、次のBashスクリプトを作成しました。こちらをchange_theme.shとしてファイルに保存しておきます。


#!/bin/bash

if [ $# -ne 1 ]; then
	echo "Please specify 0 or 1 as argument"
	echo "0: dark -> default / 1: default -> dark"
	exit 1
fi

if [ $1 -eq 0 ]; then
	echo "dark -> default"
	if [ ! -e "/usr/lib/rstudio/vanilla" ]; then
		echo "/usr/lib/rstudio/vanilla was not found"
		exit 1
	fi
	cp -avrf /usr/lib/rstudio/vanilla/index.htm /usr/lib/rstudio/www/index.htm
	cp -avrf /usr/lib/rstudio/vanilla/R.css /usr/lib/rstudio/resources/R.css
	cp -avrf /usr/lib/rstudio/vanilla/gridstyles.css /usr/lib/rstudio/resources/grid/gridstyles.css
	if [ -e "/usr/lib/rstudio/vanilla/custom_styles.css" ]; then
		cp -avrf /usr/lib/rstudio/vanilla/custom_styles.css /usr/lib/rstudio/www/custom_styles.css 
	else
		rm -v /usr/lib/rstudio/www/custom_styles.css
	fi
fi

if [ $1 -eq 1 ]; then
	echo "default -> dark"
	if [ ! -e "/usr/lib/rstudio/vanilla" ]; then
		mkdir -v /usr/lib/rstudio/vanilla
	fi
	cp -avrf /usr/lib/rstudio/www/index.htm /usr/lib/rstudio/vanilla/index.htm
	cp -avrf /usr/lib/rstudio/resources/R.css /usr/lib/rstudio/vanilla/R.css
	cp -avrf /usr/lib/rstudio/resources/grid/gridstyles.css /usr/lib/rstudio/vanilla/gridstyles.css 
	if [ -e "/usr/lib/rstudio/www/custom_styles.css" ]; then
		cp -avrf /usr/lib/rstudio/www/custom_styles.css /usr/lib/rstudio/vanilla/custom_styles.css
	fi

	git clone git://github.com/SWolf23/rstudio-darkTheme /tmp/rstudio-darkTheme
	sudo cp -avrf /tmp/rstudio-darkTheme/index.htm /usr/lib/rstudio/www/index.htm 
	sudo cp -avrf /tmp/rstudio-darkTheme/custom_styles.css /usr/lib/rstudio/www/custom_styles.css 
	sudo cp -avrf /tmp/rstudio-darkTheme/R.css /usr/lib/rstudio/resources/R.css 
	sudo cp -avrf /tmp/rstudio-darkTheme/gridstyles.css /usr/lib/rstudio/resources/grid/gridstyles.css
fi

デフォルトのテーマからダークなテーマへ変更する場合は、次のコマンドを実行します。


$ sudo sh change_theme 1

詳しくは調査しておりませんが、私の環境ではFilesのところが白いままとなっております。

ダークなテーマからデフォルトのテーマへ変更する場合は、次のコマンドを実行します。


$ sudo sh change_theme 0

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:Web技術とサービスR言語 CRAN Task View:Web技術とサービス CRAN Task View: Web Technologies and Servicesの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Scott Chamberlain, Thomas Leeper, Patrick Mair, Karthik Ram, Christopher […]
  • R スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法R スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法 スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法とは、テューキー(Tukey)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール・ドゥワス法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない各群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール・ドゥワス法を使う場合は、「スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)の方法による多重比較」のページにソ […]
  • R オブジェクトを保存・読み込みする方法R オブジェクトを保存・読み込みする方法 Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載します。 長時間の計算による解析結果をファイルに保存しておくことは、解析手続きの分割が行えるため、とても役に立ちます。 解析手続きの分割について、解析Aの結果を解析Bで用いる場合という例でご説明します。 同じスクリプトで解析Aと解析Bを記載すると、解析Bを変更した際に再度解析Aを実行しないといけません。解析 […]
  • R言語 CRAN Task View:社会科学の統計R言語 CRAN Task View:社会科学の統計 CRAN Task View: Statistics for the Social Sciencesの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: John Fox Contact: jfox at […]
  • R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化 決定木の可視化において、とても柔軟性が高いggpartyパッケージをご紹介します。 ggpartyパッケージは、ggplot2の機能をpartykitに拡張し、partyクラスのツリーオブジェクトのために明瞭に構造化され、高度にカスタマイズ可能なビジュアライゼーションを作成するために必要なツールを提供します。 ggpartyパッケージを用いると、ノードやエッジに対 […]
UbuntuでRStudioの外観をDarkに変更する方法