独立性検定とは、クロス集計表を作成したとき、2つの属性が独立であるかどうかを統計的に判定する方法である。
独立性検定を行う手順は次の通りである。

  1. 仮説を立てる。
    • 帰無仮説H0:属性Ai(i=1,…,m)とBj(j=1,…,n)は独立である。
    • 対立仮説H1:属性Ai(i=1,…,m)とBj(j=1,…,n)は少なくとも一つ以上は独立でない。
  2. B1 B2 ・・・ Bn 合計
    A1 x11 x12 ・・・ x1n a1
    A2 x21 x22 ・・・ x2n a2
    ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
    Am xm1 xm2 ・・・ xmn am
    合計 b1 b2 ・・・ bn N
  3. AiとBjの期待度数yijを次の式により求める。
    chi-square-test-test-of-independence-expectation
  4. 検定統計量Tを次のように計算する。
    chi-square-test-test-of-independence-test-statistic
  5. このとき、検定統計量Tは自由度(m-1)(n-1)のカイ二乗分布に従うので、有意水準のカイ二乗値kと比較する。
  6. T>kであれば、帰無仮説を棄却して、対立仮説を採用する。

男女200人に朝食・昼食・夕食について、どの時間帯の食事を最も重要視するかの調査を行った結果、次の表になった。このとき、男女と朝食・昼食・夕食について独立であるかどうかを調べる。

朝食 昼食 夕食 合計
50 15 55 120
10 40 30 80
合計 60 55 85 200
  • 帰無仮説H0:男女と朝食・昼食・夕食は独立である。

期待度数の計算式は次のようになる。

朝食 昼食 夕食 合計
200×(120/200)×(60/200) 200×(120/200)×(55/200) 200×(120/200)×(85/200) 120
200×(80/200)×(60/200) 200×(80/200)×(55/200) 200×(80/200)×(85/200) 80
合計 60 55 85 200

期待度数の値は次のようになる。

朝食 昼食 夕食 合計
36 33 51 120
24 22 34 80
合計 60 55 85 200

検定統計量は次のようになる。

朝食 昼食 夕食 合計
(50-36)2/36 (15-33)2/33 (55-51)2/51
(10-24)2/24 (40-22)2/22 (30-34)2/34
合計
朝食 昼食 夕食 合計
5.4444 9.8181 0.3137 15.5762
8.1666 14.7272 0.4705 23.3643
合計 13.611 24.5453 0.7842 38.9405

これから検定統計量はT=38.9405となる。
これは、自由度(2-1)(3-1)=2のカイ二乗分布に従うので、有意水準を0.05とすると、カイ二乗値は5.991465となる。
エクセルでこの値を求めるときは、CHIINV関数を使えばよい。

CHIINV(確率,自由度)

今回の例では、セルに「=CHIINV(0.05,2)」を入力する。

chi-square-test-test-of-independence-excel-chiinv

T=38.9405>5.991465から棄却域に入るので、帰無仮説H0は棄てられる。よって、男女と朝食・昼食・夕食は少なくとも一つ以上は独立でない。

Rで計算する

Rで独立性検定を行う場合は、次のようになる。


> chisq.test(matrix(c(50, 15, 55, 10, 40, 30), ncol=3, byrow=T))

	Pearson's Chi-squared test

data:  matrix(c(50, 15, 55, 10, 40, 30), ncol = 3, byrow = T)
X-squared = 38.9409, df = 2, p-value = 3.5e-09

よって、有意水準を5%(=0.05)とすると、p-value=3.5e-09<0.05となるため、帰無仮説は棄却される。

Pythonで計算する

Pythonで独立性検定を行う場合は、次のようになる。あらかじめ、numpyとscipyパッケージをインストールしておく。


import numpy as np
from scipy import stats

print(stats.chi2_contingency(np.array([[50, 15, 55], [10, 40, 30]]))

これを実行すると、次のように表示される。


(38.940879382055854, 3.5002211279659769e-09, 2, array([[36., 33., 51.], [24., 22., 34.]]))

これは、次のような意味である。

  • 検定統計量:38.940879382055854
  • p値:3.5002211279659769e-09
  • 自由度:2
  • 期待度数:array([[36., 33., 51.], [24., 22., 34.]])

関連する記事

  • 経営戦略に使えるABC分析の基礎知識と活用法経営戦略に使えるABC分析の基礎知識と活用法 ABC分析は売上に関する経営戦略を立てるうえで、最も基本となる分析手法である。ABC分析とは、販売管理、顧客管理で使われる分析の一つで、ある期間で対象を重要度によって分類することにより現状を把握し易くする分析手法だ。 それでは早速解説していく。 ABC分析の手順 期間を過去一年間、対象を商品、重要度を売上とした場合を例に取り、ABC分析を行う手順を説明していく。 […]
  • R言語 CRAN Task View:心理モデルや手法R言語 CRAN Task View:心理モデルや手法 CRAN Task View: Psychometric Models and Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Patrick Mair Contact: mair at […]
  • Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法 Rのパッケージh2oは、さまざまなクラスタ環境内のニューラルネットワーク(ディープラーニング)、ランダムフォレスト、勾配ブースティングマシン、一般化線形モデルなどの並列分散機械学習アルゴリズムを計算するビッグデータのためのオープンソースの数学エンジンH2O用のRスクリプト機能である。 ここでは、ubuntu14.04環境下でh2oパッケージのインストールの仕方についてお […]
  • R言語 CRAN Task View:数値解析R言語 CRAN Task View:数値解析 CRAN Task View: Numerical Mathematicsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Hans W. Borchers Contact: hwb at […]
  • R言語 CRAN Task View:確率分布R言語 CRAN Task View:確率分布 CRAN Task View: Probability Distributionsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Christophe Dutang, Patrice Kiener Contact: Christophe.Dutang at […]
カイ二乗検定 – 独立性検定