RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。
エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。


! LaTeX Error: Command \subtitle already defined.
Or name \end... illegal, see p.192 of the manual.

See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type  H   for immediate help.
...                                              

l.61 }

pandoc: Error producing PDF from TeX source
エラー: pandoc document conversion failed with error 43
実行が停止されました 

ここではその解決策の一つとして、subtitleコマンドに別の名前を付けて、このエラーを回避する方法をお伝えする。
環境は次の通り。

OS Ubuntu 16.04
R 3.3

実際の作業は次の通り。


# ディレクトリの移動
$ cd ~/R/x86_64-pc-linux-gnu-library/3.3/rmarkdown/rmd/latex

# バックアップ
$ cp default-1.15.2.tex  default-1.15.2.tex.bk

# ファイルの編集
$ vim default-1.15.2.tex

default-1.15.2.texファイルの「subtitle」という文字列を別の名前に置換する。
ここでは「subtitleorigin」という名前にすることにする。
また、ここではvimでファイルを開いたが、別のエディタで開いて「subtitle」という文字列を置換しても問題ない。
vimでファイルを開いた場合は、ノーマルモードで次のコマンドを実行すれば、ファイル内の「subtitle」文字列が「subtitleorigin」文字列に一括置換される。


:%s /subtitle/subtitleorigin/g

vimで保存して終了する場合は、ノーマルモードで次のコマンド実行すれば良い。


:wq

以上で、準備が整った。
あとは、Rmdファイルで今まで「subtitle」としていたところを新らたな名前である「subtitleorigin」とすればよい。


---
title: "タイトル"
subtitleorigin: "サブタイトル"
author: "著者"
date: "2016年7月27日"
output: 
    pdf_document:
        latex_engine: xelatex
documentclass: bxjsarticle
classoption: xelatex,ja=standard
geometry: no
---

これを実行すると次のようになる。

how-to-resolve-if-an-error-occurs-in-the-subtitle-when-using-bxjsarticle-01

関連する記事

  • Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方 ページビュー数やコンバージョン率を上げるためには、良質なコンテンツが大切であるとよく言われる。そして、良質なコンテンツを作成するためには、ユーザー像を具体的に思い描き、そのユーザーに向けてコンテンツを作成しなくてはならない。 ここでは、ページビュー数から年齢とページの関係性を視覚的に確認し、年齢別にユーザーがどのコンテンツに興味を抱くか、その傾向を探っていく。この傾向が […]
  • R knitrで特定ページを横向きにしてPDF出力する方法R knitrで特定ページを横向きにしてPDF出力する方法 knitrでレポートをPDF出力する際に、ある特定ページだけ横向きにする方法をお伝えする。 まずは、事前準備として本体となるファイルの同一ディレクトリに「header.tex」として、次の内容を書き込んで保存しておく。 これは、このファイルが読み込まれた時に、「lscape」パッケージを読み込んで、 「\blandscape」「\enlandscape」と記述してある場 […]
  • 基本統計量基本統計量 [latexpage] 基本統計量とは、データの基本的な特徴を表す値のことで、代表値と散布度に区分できる。代表値とは、データを代表するような値のことで、例えば、平均値、最大値、最小値などがある。散布度とは、データの散らばり度合いを表すような値のことで、例えば、分散、標準偏差などがある。 平均値 […]
  • R 関数の引数が省略記号(…)を持つかどうかを判定する方法R 関数の引数が省略記号(…)を持つかどうかを判定する方法 ある関数の引数に省略記号である三連ドット(...)を持つかどうかを判定する関数を作成しましたので共有いたします。 判定する関数は次になります。 is_dots […]
  • R ggplot2を用いた2軸グラフの簡単な作成方法R ggplot2を用いた2軸グラフの簡単な作成方法 Rのggplot2を用いて、2軸グラフを作成するための簡単な方法をお伝えします. 2軸グラフは、グラフの縦軸(y軸)が左側と右側の両方にあり、それぞれ単位が異なるグラフのことを言います。 2軸グラフは、一般的に推奨されてはおりません。 そのため、ggplot2パッケージを用いた2軸グラフを作成するためには、scale_y_continuous()関数のsec.axi […]
R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法