RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。
エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。


! LaTeX Error: Command \subtitle already defined.
Or name \end... illegal, see p.192 of the manual.

See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type  H   for immediate help.
...                                              

l.61 }

pandoc: Error producing PDF from TeX source
エラー: pandoc document conversion failed with error 43
実行が停止されました 

ここではその解決策の一つとして、subtitleコマンドに別の名前を付けて、このエラーを回避する方法をお伝えする。
環境は次の通り。

OS Ubuntu 16.04
R 3.3

実際の作業は次の通り。


# ディレクトリの移動
$ cd ~/R/x86_64-pc-linux-gnu-library/3.3/rmarkdown/rmd/latex

# バックアップ
$ cp default-1.15.2.tex  default-1.15.2.tex.bk

# ファイルの編集
$ vim default-1.15.2.tex

default-1.15.2.texファイルの「subtitle」という文字列を別の名前に置換する。
ここでは「subtitleorigin」という名前にすることにする。
また、ここではvimでファイルを開いたが、別のエディタで開いて「subtitle」という文字列を置換しても問題ない。
vimでファイルを開いた場合は、ノーマルモードで次のコマンドを実行すれば、ファイル内の「subtitle」文字列が「subtitleorigin」文字列に一括置換される。


:%s /subtitle/subtitleorigin/g

vimで保存して終了する場合は、ノーマルモードで次のコマンド実行すれば良い。


:wq

以上で、準備が整った。
あとは、Rmdファイルで今まで「subtitle」としていたところを新らたな名前である「subtitleorigin」とすればよい。


---
title: "タイトル"
subtitleorigin: "サブタイトル"
author: "著者"
date: "2016年7月27日"
output: 
    pdf_document:
        latex_engine: xelatex
documentclass: bxjsarticle
classoption: xelatex,ja=standard
geometry: no
---

これを実行すると次のようになる。

how-to-resolve-if-an-error-occurs-in-the-subtitle-when-using-bxjsarticle-01

関連する記事

  • Ubuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPのインストール方法Ubuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPのインストール方法 Ubuntu14.04で日本語構文・格・照応解析システムKNPのインストール方法をお伝えする。 あらかじめ、JUMANをインストールしておく(参照「Ubuntu 日本語形態素解析システムJUMANのインストール方法」)。 まずはKNP - KUROHASHI-KAWAHARA LABより最新のKNPをダウンロードしておく。 今回はKNP […]
  • Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順Ubuntu TensorFlowのGPU版をpipでインスールする手順 Ubuntu上で、TensorFlowのGPU版をpipでインストールする手順をお伝えする。 TensorFlowのバージョン0.6.0からPython3が使えるようになったので、Python3を用いることにする。 ここに記載されていることの大部分は、TensorFlowのDownload and […]
  • TensorFlow チュートリアルDeep MNIST for Expertsを試してみるTensorFlow チュートリアルDeep MNIST for Expertsを試してみる TensorFlowのチュートリアルDeep MNIST for Expertsを試してみる。 import tensorflow as tf import input_data # MNISTデータを取得 mnist = input_data.read_data_sets("MNIST_data/", one_hot=True) # […]
  • Bioconductor ExperimentDataパッケージ一覧Bioconductor ExperimentDataパッケージ一覧 BioconductorのExperimentDataパッケージの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。パッケージを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2021/07/01 パッケージ数:406 1. ALL A data package データパッケージ 2. […]
  • R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法 ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする2つの方法をお伝えします。 最初の方法は、ggExtraパッケージのggMarginal関数を用いる方法で、周辺分布を簡単にプロットすることができます。 二番目の方法は、散布図と周辺分布を作成した上で、一つにまとめる方法です。 それぞれ一長一短があります。 最初の方法は、コード量が少ないですがグラフとして […]
R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法