RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。
エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。


! LaTeX Error: Command \subtitle already defined.
Or name \end... illegal, see p.192 of the manual.

See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type  H   for immediate help.
...                                              

l.61 }

pandoc: Error producing PDF from TeX source
エラー: pandoc document conversion failed with error 43
実行が停止されました 

ここではその解決策の一つとして、subtitleコマンドに別の名前を付けて、このエラーを回避する方法をお伝えする。
環境は次の通り。

OS Ubuntu 16.04
R 3.3

実際の作業は次の通り。


# ディレクトリの移動
$ cd ~/R/x86_64-pc-linux-gnu-library/3.3/rmarkdown/rmd/latex

# バックアップ
$ cp default-1.15.2.tex  default-1.15.2.tex.bk

# ファイルの編集
$ vim default-1.15.2.tex

default-1.15.2.texファイルの「subtitle」という文字列を別の名前に置換する。
ここでは「subtitleorigin」という名前にすることにする。
また、ここではvimでファイルを開いたが、別のエディタで開いて「subtitle」という文字列を置換しても問題ない。
vimでファイルを開いた場合は、ノーマルモードで次のコマンドを実行すれば、ファイル内の「subtitle」文字列が「subtitleorigin」文字列に一括置換される。


:%s /subtitle/subtitleorigin/g

vimで保存して終了する場合は、ノーマルモードで次のコマンド実行すれば良い。


:wq

以上で、準備が整った。
あとは、Rmdファイルで今まで「subtitle」としていたところを新らたな名前である「subtitleorigin」とすればよい。


---
title: "タイトル"
subtitleorigin: "サブタイトル"
author: "著者"
date: "2016年7月27日"
output: 
    pdf_document:
        latex_engine: xelatex
documentclass: bxjsarticle
classoption: xelatex,ja=standard
geometry: no
---

これを実行すると次のようになる。

how-to-resolve-if-an-error-occurs-in-the-subtitle-when-using-bxjsarticle-01

関連する記事

  • R K-means法のクラスタ数を機械的に決定する方法R K-means法のクラスタ数を機械的に決定する方法 K-means法(K平均法)を用いてクラスタリングする場合は、あらかじめクラスタ数を指定しなければならない。 このときのクラスタ数をどのように決めてよいか迷ったことはないだろうか。 ここでは、K-means法のクラスタ数を機械的に決定する方法をお伝えする。 K-means法のクラスタ数を機械的に決定するために用いるのが、Gap統計量である。 Gap統計量を用いたク […]
  • Bioconductor AnnotationDataパッケージ一覧Bioconductor AnnotationDataパッケージ一覧 BioconductorのAnnotationDataパッケージの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。パッケージを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2020/09/01 パッケージ数:962 1. GenomeInfoDbData Species and […]
  • R言語 CRAN Task View:経験的ファイナンスR言語 CRAN Task View:経験的ファイナンス CRAN Task View: Empirical Financeの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Dirk Eddelbuettel Contact: Dirk.Eddelbuettel at […]
  • Ubuntu,R knitrで日本語のPDFを出力するための設定Ubuntu,R knitrで日本語のPDFを出力するための設定 Ubuntu14.04とRで、knitrで日本語のPDFを出力するための設定方法をお伝えする。 Rでの作業は実際にはRStudioを用いている。 それでは、Ubuntuの設定からお伝えする。 Ubuntuの設定 Ubuntuに日本語のTex環境をインストールする。 $ sudo apt-get install texlive […]
  • R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化R ggpartyパッケージを用いた決定木の可視化 決定木の可視化において、とても柔軟性が高いggpartyパッケージをご紹介します。 ggpartyパッケージは、ggplot2の機能をpartykitに拡張し、partyクラスのツリーオブジェクトのために明瞭に構造化され、高度にカスタマイズ可能なビジュアライゼーションを作成するために必要なツールを提供します。 ggpartyパッケージを用いると、ノードやエッジに対 […]
R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法