Ubuntu14.04で日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにする方法をお伝えする。

Python2系

まずはKNP – KUROHASHI-KAWAHARA LABよりpyknp-0.1.zipをダウンロードしておく。
ダウンロードしたあと、端末を開いてダウンロードしたディレクトリに移動しておく。
あとは、次のコマンドを順に実行すればインストールは完了する。


# zip解凍
$ unzip pyknp-0.1.zip

# カレントディレクトリの移動
$ cd ku_nlp-pyknp-a32529dbce0d/

# pyknpのインストール
$ sudo python setup.py install

pyknpは「/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/」配下にインストールされる。

最後にpyknpを試してみる。
適当にファイルを作成して


$ vim test.py

次の内容を保存して閉じる。


# -*- coding: utf-8 -*-
from pyknp import Juman

juman = Juman()
res = juman.analysis('今日は晴れです')

for mrph in res.mrph_list():
    print mrph.midasi

このファイルを実行すると、次のように表示される。


$ python test.py
今日
は
晴れ
です

Python3系

まずはKNP – KUROHASHI-KAWAHARA LABよりpyknp-0.1.zipをダウンロードしておく。
ダウンロードしたあと、端末を開いてダウンロードしたディレクトリに移動しておく。


# zip解凍
$ unzip pyknp-0.1.zip

# カレントディレクトリの移動
$ cd ku_nlp-pyknp-a32529dbce0d/

ソースコードをPython2系からPython3系に変更する。


$ 2to3 -w ./

次に、pyknp/juman/juman.pyとpyknp/juman/morpheme.pyを修正する。
手動で修正する場合は次のようになる。

pyknp/juman/juman.pyとpyknp/juman/morpheme.pyを手動で修正

pyknp/juman/juman.pyを修正する。


#38行目あたり削除
#        subproc_args = {'stdin': subprocess.PIPE, 'stdout': subprocess.PIPE,
#                        'stderr': subprocess.STDOUT, 'cwd': '.', 'close_fds' : True}

#追加
        subproc_args = {'stdin': subprocess.PIPE, 'stdout': subprocess.PIPE,
                        'stderr': subprocess.STDOUT, 'cwd': '.', 'close_fds' : True,
                        'universal_newlines': True}

#54行目あたり削除
#    def query(self, sentence, pattern):
#        assert(isinstance(sentence, unicode))
#        self.process.stdin.write("%s\n" % sentence.encode('utf-8'))
#        result = ""
#        while True:
#            line = self.stdouterr.readline()[:-1]
#            if re.search(pattern, line):
#                break
#            result = "%s%s\n" % (result, line.decode('utf-8'))
#        return result

#追加
    def query(self, sentence, pattern):
        assert(isinstance(sentence, unicode))
        outs, errs = self.process.communicate(input="{}\n".format(sentence))
		result = ""
        for line in outs.split('\n'):
            if re.search(pattern, line):
                break
            result = "%s%s\n" % (result, line)
        return result

pyknp/juman/morpheme.pyを修正する。


#15行目あたり削除
#        parts = map(lambda s: s.decode('utf-8'), shlex.split(spec.encode('utf-8')))

#追加
        parts = [s for s in shlex.split(spec)]

pyknp/juman/juman.pyとpyknp/juman/morpheme.pyをパッチファイルで修正

上記の手動で行った修正をパッチファイルpyknp-0.1-python3.zipにまとめたので、ダウンロードして解凍する。


$ unzip pyknp-0.1-python3.zip

解凍したしたpyknp-0.1-python3.diffをku_nlp-pyknp-a32529dbce0d/ディレクトリに移動しておく。

パッチファイルを適用する。


$ patch -p1 < pyknp-0.1-python3.diff

インストール

インストールは次のコマンド実行すればよい。
このpyknpは「/usr/local/lib/python3.4/dist-packages/」配下にインストールされる。


$ sudo python3 setup.py install

最後にpyknpをPython3で試してみる。
適当にファイルを作成して


$ vim test.py

次の内容を保存して閉じる。


# -*- coding: utf-8 -*-
from pyknp import Juman

juman = Juman()
res = juman.analysis('今日は晴れです')

for mrph in res.mrph_list():
    print(mrph.midasi)

このファイルを実行すると、次のように表示される。


$ python3 test.py
今日
は
晴れ
です

参考

関連する記事

  • UbuntuでRStudioの外観をDarkに変更する方法UbuntuでRStudioの外観をDarkに変更する方法 Ubuntu上のRStudio(ver 1.0.153)の外観をダークテーマに変更する方法をお伝えします。 2017年8月31日時点の安定版RStudioには、外観を変更する機能は搭載されておりません。しかし、daily […]
  • Journal of Statistical Software: 記事一覧 Journal of Statistical Software の記事一覧をご紹介する。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 確認日:2017/03/24 論文数:1089 Introduction to stream: An Extensible Framework for Data Stream […]
  • カイ二乗検定 – 適合度検定カイ二乗検定 – 適合度検定 適合度検定とは、観測度数分布が期待度数分布と同じかどうかを統計的に確かめる方法である。 適合度検定を行う手順は次の通りである。 仮説を立てる。 帰無仮説 H0:観測度数分布と期待度数分布が同じ。 対立仮説 […]
  • Bioconductor AnnotationDataパッケージ一覧Bioconductor AnnotationDataパッケージ一覧 BioconductorのAnnotationDataパッケージの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。パッケージを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2022/07/01 パッケージ数:910 1. GenomeInfoDbData Species and […]
  • R実装と解説 対応のない2標本の母平均の差の検定(母分散が等しい) [latexpage] 母分散が等しい場合の対応のない2標本の母平均の差の検定とは、2つの母集団が正規分布に従い、ともに母分散が等しいと仮定できるとき、一方の母平均が他方の母平均と「異なる」または「大きい」、「小さい」かどうかを、検定統計量がt分布に従うことを利用して検定します。 統計的検定の流れ 検定の大まかな流れを確認しておきます。 […]
Ubuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにする