Ubuntu14.04で日本語構文・格・照応解析システムKNPのインストール方法をお伝えする。
あらかじめ、JUMANをインストールしておく(参照「Ubuntu 日本語形態素解析システムJUMANのインストール方法」)。

まずはKNP – KUROHASHI-KAWAHARA LABより最新のKNPをダウンロードしておく。
今回はKNP Ver.4.14をダウンロードした。
ダウンロードしたあと、端末を開いてダウンロードしたディレクトリに移動しておく。
あとは、次のコマンドを順に実行すればインストールは完了する。


# tar.bz2の解凍
$ bzip2 -dc knp-4.14.tar.bz2 | tar xvf -

# カレントディレクトリの移動
$ cd knp-4.14/

# KNPのインストール
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

最後にKNPを試してみる。


$ echo "今日は晴れです。" | juman | knp

# S-ID:1 KNP:4.14-CF1.1 DATE:2015/09/21 SCORE:-4.95821
今日は──┐ 
    晴れです。
EOS

関連する記事

  • UbuntuでGENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法UbuntuでGENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法 title: UbuntuでGENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法 url: how-to-convert-geneontology-obo-to-json-on-ubuntu GENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法をお伝えします。 環境 今回の環境を確認しておきます。 $ cat […]
  • R オブジェクトを保存・読み込みする方法R オブジェクトを保存・読み込みする方法 Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載します。 長時間の計算による解析結果をファイルに保存しておくことは、解析手続きの分割が行えるため、とても役に立ちます。 解析手続きの分割について、解析Aの結果を解析Bで用いる場合という例でご説明します。 同じスクリプトで解析Aと解析Bを記載すると、解析Bを変更した際に再度解析Aを実行しないといけません。解析 […]
  • R UbuntuでRからMariaDBへ接続する方法 UbuntuでRからMariaDBへ接続して、データフレームとして取得する方法をお伝えする。 環境 Ubuntuのバージョン $ cat /etc/lsb-release DISTRIB_ID=Ubuntu DISTRIB_RELEASE=16.04 DISTRIB_CODENAME=xenial DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu […]
  • R 関数に時間制限を設ける方法 ある処理にとても時間が掛かるため、一定時間経過後はその処理を途中で打ち切りたいときがある。 例えば、for文で、あるループだけが重いため全体として時間が掛かってしまう場合、その処理を一旦スキップしてfor文の先に処理を進めたい、などである。 ここでは、そのひとつの解決策として、関数に時間制限を設けて、一定時間経過後はその関数を強制終了するコードをご紹介する。 ただし […]
  • 平均的に分類する方法の考察(2)平均的に分類する方法の考察(2) 前回は、100人の学生のスコアを求めて、スコアの昇順に3つのグループに振り分ける方法を試した。振り分け方は、単純に、3つのグループに属する学生の少ないほうからである。前回の終わりに、各インデックスの平均値を考慮したものを考えてみると書いたが、その前に、一つ確認しておかなければならないことを忘れていたので、今回はその確認をしようと思う。 何を確認し忘れたかというと、全体の […]
Ubuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPのインストール方法