WindowsにMariaDBをインストールする手順についてお伝えいたします。

ファイルのダウンロード

MariaDBのインストールファイルをダウンロードするために、次のサイトに移動します。

「Download」をクリックします。

「Download」をクリックします。

「Download 10.2.8 Stable Now!」をクリックします。ダウンロードの時期によっては、MariaDBのバージョンがここでお伝えしたものと異なる可能性が高いですが、基本的には安定板であるStableを選択した方が良いと思います。

32bit版のインストールファイルか64bit版のインストールファイルかを選択します。ご使用のOS状況に合わせてクリックしてください。

名前などを訊かれますが、スキップする場合は「No thanks, just take me to the download」をクリックしてダウンロードを開始します。

MariaDBのインストール

先ほど、ダウンロードしたインストールファイルを実行します。

セットアップウィザードが開始されますので、「Next」をクリックします。

ライセンスを読み、同意できる場合は「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

カスタムセットアップ画面にて、どのような機能をインストールするのかを訊かれます。デフォルトでは、サードパーティーの「HeidiSQL」がインストールされます。「HeidiSQL」は、MariaDBまたはMySQLの管理機能を提供するGUIソフトです。CUIでの操作に慣れている方はインストールは不要と思います。ここでは、「HeidiSQL」をインストールすることにしました。

rootのパスワードを設定します。rootとは、MariaDBのすべてを変更可能な権限を持つユーザーのことです。そのため、ある程度セキュリティが高いパスワードにすることをお勧めします。また、設定したパスワードは忘れないようにしてください。このrootは、Windowsのユーザーとは何の関係もないことにご注意ください。
データベースの文字コードは、UTF8が主流となっておりますので、特別な事情がない限りは「Use UTF8 as default server’s character set」にチェックを入れた方が良いでしょう。
また、MariaDBをインストールしたパソコン以外から、”rootユーザー”でMariaDBのデータベースにアクセスする必要がある場合は「Enable access from remote machines for ‘root’ user」にチェックを入れます。ここでは、MariaDBをインストールしたパソコン以外からはMariaDBにアクセスさせないためにチェックを入れませんでした。

デフォルトインスタンスのプロパティを設定します。「Enable networking」の部分は、後でも変更ができますので、そのまま「Next」をクリックします。

フィードバックプラグインを有効にして、匿名で利用情報を送信するかどうかを訊かれます。送信しない場合は、チェックを入れずに「Next」をクリックします。

これまでの操作で問題が無ければ、「Install」をクリックしてインストールを開始します。

インストールの進捗が表示されます。

インストールが完了しましたら、「Finish」をクリックして、画面を閉じます。

MariaDBの確認

インストール時に、HeidiSQLのインストールを行った場合は、デスクトップにHeidiSQLのアイコンが追加されます。ここでは、HeidiSQLを使わずに、いわゆる黒い画面でMariaDBが操作できるかを確認します。

スタートメニューに「MariaDB 10.2 (x64)」が追加されています。その中の「MySQL Client (MariaDB 10.2 (x64))」をクリックします。

パスワードが訊かれますので、先ほど設定したrootユーザーのパスワードを入力して、エンターキーを押します。MariaDBに繋がった場合は、次の画面のようになります。

簡単なSQLコマンド入力してみます。試しに次のコマンドを入力してください。これは、現在のMariaDBに含まれているデータベースの一覧を表示するコマンドです。


show databases;

MariaDBとの接続を切る場合は、次のコマンドを入力します。


exit

最後に、この黒い画面を閉じる場合は、次のコマンドを入力するか、右上の×をクリックします。


exit

関連する記事

  • matplotlibで箱ひげ図を表示する方法matplotlibで箱ひげ図を表示する方法 Python3でmatplotlibを用いて、箱ひげ図を表示する方法をお伝えする。 Ubuntu14.04環境で動作することを確認している。 一つ注意点として、日本語に対応させるために、ここでは「IPAexGothic」を用いている。 import matplotlib as mpl import matplotlib.pyplot as […]
  • MINTELのGNPDから出力されたCSVの文字化けの対処法 ミンテルGNPD(世界新商品情報データベース)から出力されたCSVが文字化けしている場合の対処法を備忘録として残しておきます。 Windowsパソコンにダウンロードかつ英文のみ ここでの対応は、「café」のようなアキュート・アクセントなどが文字化けしている場合の対応になります。 ubuntu上で文字コードをUTF-8に変換するにはiconvコマンドを用いて、次 […]
  • R言語 CRAN Task View:実験計画法(DoE)および実験データの分析の設計R言語 CRAN Task View:実験計画法(DoE)および実験データの分析の設計 CRAN Task View: Design of Experiments (DoE) & Analysis of Experimental Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Ulrike Groemping Contact: groemping […]
  • UbuntuにRをインストールするための手順UbuntuにRをインストールするための手順 UbuntuにRをインストールするための手順をお伝えする。 Ubuntuのバージョン確認 Ubuntuのバージョンを確認するために、端末を起動し(ショートカットキー:Ctrl+Alt+t)、以下のコマンドを実行する。 DISTRIB_CODENAMEの行を控えておこう。下の内容では「trusty」の部分を控えておく。 $ cat […]
  • R言語 CRAN Task View:多変量統計R言語 CRAN Task View:多変量統計 CRAN Task View: Multivariate Statisticsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Paul Hewson Contact: Paul.Hewson at […]
WindowsにMariaDBをインストールする手順