WindowsにMariaDBをインストールする手順についてお伝えいたします。

ファイルのダウンロード

MariaDBのインストールファイルをダウンロードするために、次のサイトに移動します。

「Download」をクリックします。

「Download」をクリックします。

「Download 10.2.8 Stable Now!」をクリックします。ダウンロードの時期によっては、MariaDBのバージョンがここでお伝えしたものと異なる可能性が高いですが、基本的には安定板であるStableを選択した方が良いと思います。

32bit版のインストールファイルか64bit版のインストールファイルかを選択します。ご使用のOS状況に合わせてクリックしてください。

名前などを訊かれますが、スキップする場合は「No thanks, just take me to the download」をクリックしてダウンロードを開始します。

MariaDBのインストール

先ほど、ダウンロードしたインストールファイルを実行します。

セットアップウィザードが開始されますので、「Next」をクリックします。

ライセンスを読み、同意できる場合は「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

カスタムセットアップ画面にて、どのような機能をインストールするのかを訊かれます。デフォルトでは、サードパーティーの「HeidiSQL」がインストールされます。「HeidiSQL」は、MariaDBまたはMySQLの管理機能を提供するGUIソフトです。CUIでの操作に慣れている方はインストールは不要と思います。ここでは、「HeidiSQL」をインストールすることにしました。

rootのパスワードを設定します。rootとは、MariaDBのすべてを変更可能な権限を持つユーザーのことです。そのため、ある程度セキュリティが高いパスワードにすることをお勧めします。また、設定したパスワードは忘れないようにしてください。このrootは、Windowsのユーザーとは何の関係もないことにご注意ください。
データベースの文字コードは、UTF8が主流となっておりますので、特別な事情がない限りは「Use UTF8 as default server’s character set」にチェックを入れた方が良いでしょう。
また、MariaDBをインストールしたパソコン以外から、”rootユーザー”でMariaDBのデータベースにアクセスする必要がある場合は「Enable access from remote machines for ‘root’ user」にチェックを入れます。ここでは、MariaDBをインストールしたパソコン以外からはMariaDBにアクセスさせないためにチェックを入れませんでした。

デフォルトインスタンスのプロパティを設定します。「Enable networking」の部分は、後でも変更ができますので、そのまま「Next」をクリックします。

フィードバックプラグインを有効にして、匿名で利用情報を送信するかどうかを訊かれます。送信しない場合は、チェックを入れずに「Next」をクリックします。

これまでの操作で問題が無ければ、「Install」をクリックしてインストールを開始します。

インストールの進捗が表示されます。

インストールが完了しましたら、「Finish」をクリックして、画面を閉じます。

MariaDBの確認

インストール時に、HeidiSQLのインストールを行った場合は、デスクトップにHeidiSQLのアイコンが追加されます。ここでは、HeidiSQLを使わずに、いわゆる黒い画面でMariaDBが操作できるかを確認します。

スタートメニューに「MariaDB 10.2 (x64)」が追加されています。その中の「MySQL Client (MariaDB 10.2 (x64))」をクリックします。

パスワードが訊かれますので、先ほど設定したrootユーザーのパスワードを入力して、エンターキーを押します。MariaDBに繋がった場合は、次の画面のようになります。

簡単なSQLコマンド入力してみます。試しに次のコマンドを入力してください。これは、現在のMariaDBに含まれているデータベースの一覧を表示するコマンドです。


show databases;

MariaDBとの接続を切る場合は、次のコマンドを入力します。


exit

最後に、この黒い画面を閉じる場合は、次のコマンドを入力するか、右上の×をクリックします。


exit

関連する記事

  • R言語 CRAN Task ViewsR言語 CRAN Task Views CRANに登録されているパッケージ数は膨大です。そこで、いくつかのグループにパッケージを分類し整理されたCRAN Tack Views というサイトがあります。ここでは、英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Bayesian(日本語訳) Bayesian […]
  • R言語 CRAN Task View:再現性のある研究R言語 CRAN Task View:再現性のある研究 CRAN Task View: Reproducible Researchの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: John Blischak, Alison Hill, Ben Marwick, Daniel Sjoberg, Will […]
  • R言語 CRAN Task View:医用画像解析R言語 CRAN Task View:医用画像解析 CRAN Task View: Medical Image Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Brandon Whitcher, Jon Clayden, John Muschelli Contact: bwhitcher at […]
  • ggplot2を用いて階層的クラスタリングの結果を可視化する方法ggplot2を用いて階層的クラスタリングの結果を可視化する方法 R言語のggplot2パッケージを用いて階層的クラスタリングの結果を可視化する方法についてお伝えいたします。 一般に、階層的クラスタリングの結果は、デンドログラムまたは樹形図として可視化されます。 ggplot2パッケージには、デンドログラムまたは樹形図を可視化する機能が備わっておりません。 しかし、ggplot2パッケージと合わせてggdendroパッケージを用い […]
  • R knitrできれいな多重クロス集計をPDFで出力する方法R knitrできれいな多重クロス集計をPDFで出力する方法 knitrパッケージのkable関数を使えば、matrixやdata.frameなどの表形式をきれいに出力してくれるが、ftable関数を用いた多重クロス集計の結果は、kable関数を使うことができない。 これは非常に残念なので、他の方法できれいに出力する方法をお伝えする。ちなみにこの方法ではPDF出力のみの対応となるので注意してほしい。 手順を簡単に説明すると、 […]
WindowsにMariaDBをインストールする手順