BioconductorのHeatplusパッケージのregHeatMap関数を用いると、ヒートマップを描けるが、行と列の文字の大きさを変える方法が分かり難かったので、備忘録として残しておく。

サンプルデータのために、Biobaseパッケージをインストールしておく。


> source("https://bioconductor.org/biocLite.R")
> biocLite("Biobase")

文字の大きさを指定しない場合は、次のようになる。


> library(Biobase)
> library(Heatplus)

> data(sample.ExpressionSet)
> exdat = sample.ExpressionSet

> plot(regHeatmap(exprs(exdat)))

how-to-change-fontsize-for-regheatmap-function-of-heatplus-package-in-bioconductor-1

文字の大きさを指定する場合は、次のようになる。


> library(Biobase)
> library(Heatplus)

> data(sample.ExpressionSet)
> exdat = sample.ExpressionSet

> plot(
      regHeatmap(
            exprs(exdat),               # ヒートマップを描く行列
            labels = list(
                Row = list(cex = 0.2),  # 行の文字の大きさ
                Col = list(cex = 0.8)   # 列の文字の大きさ
          )
      )
  )

how-to-change-fontsize-for-regheatmap-function-of-heatplus-package-in-bioconductor-2

関連する記事

  • DockerでMySQL8.0を使う方法DockerでMySQL8.0を使う方法 DockerでMySQL8.0を使用できるまでの手順をお伝えします。 ここでは、docker-composeとDocker公式のMySQL8.0イメージを用います。 環境 ホストOS ホストOSはUbuntu 20.04を用いております。 $ cat /etc/lsb-release […]
  • これだけは抑えておきたい収益性分析の基本これだけは抑えておきたい収益性分析の基本 収益性分析とは、主に損益起算書上の数値から収益獲得力や投資効率性を測定する分析である。企業が継続的発展を遂げるためには利益確保が欠かせないが、企業経営は好調のときもあれば不調のときもあるため、様々な観点から収益または利益の状況を把握する必要がある。 ここでは、収益性分析の代表的な指標をいくつか紹介する。 これらの代表的な指標を活用するに当たっては、業種によってかなり異 […]
  • R言語 CRAN Task View:Rでの高性能並列コンピューティングR言語 CRAN Task View:Rでの高性能並列コンピューティング CRAN Task View: High-Performance and Parallel Computing with Rの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Dirk Eddelbuettel Contact: Dirk.Eddelbuettel at […]
  • 平均的に分類する方法の考察(2)平均的に分類する方法の考察(2) 前回は、100人の学生のスコアを求めて、スコアの昇順に3つのグループに振り分ける方法を試した。振り分け方は、単純に、3つのグループに属する学生の少ないほうからである。前回の終わりに、各インデックスの平均値を考慮したものを考えてみると書いたが、その前に、一つ確認しておかなければならないことを忘れていたので、今回はその確認をしようと思う。 何を確認し忘れたかというと、全体の […]
  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
Bioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変える