BioconductorのHeatplusパッケージのregHeatMap関数を用いると、ヒートマップを描けるが、行と列の文字の大きさを変える方法が分かり難かったので、備忘録として残しておく。

サンプルデータのために、Biobaseパッケージをインストールしておく。


> source("https://bioconductor.org/biocLite.R")
> biocLite("Biobase")

文字の大きさを指定しない場合は、次のようになる。


> library(Biobase)
> library(Heatplus)

> data(sample.ExpressionSet)
> exdat = sample.ExpressionSet

> plot(regHeatmap(exprs(exdat)))

how-to-change-fontsize-for-regheatmap-function-of-heatplus-package-in-bioconductor-1

文字の大きさを指定する場合は、次のようになる。


> library(Biobase)
> library(Heatplus)

> data(sample.ExpressionSet)
> exdat = sample.ExpressionSet

> plot(
      regHeatmap(
            exprs(exdat),               # ヒートマップを描く行列
            labels = list(
                Row = list(cex = 0.2),  # 行の文字の大きさ
                Col = list(cex = 0.8)   # 列の文字の大きさ
          )
      )
  )

how-to-change-fontsize-for-regheatmap-function-of-heatplus-package-in-bioconductor-2

関連する記事

  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
  • R スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法R スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法 スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法とは、テューキー(Tukey)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール・ドゥワス法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない各群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール・ドゥワス法を使う場合は、「スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)の方法による多重比較」のページにソ […]
  • TensorFlow チュートリアルMNIST For Beginnersを試してみるTensorFlow チュートリアルMNIST For Beginnersを試してみる TensorFlowのチュートリアルMNIST For ML Beginnersを試してみる。 プログラミングの世界では、最初に「Hello World」と表示される非常に小さいプログラムを書くことが伝統となっている。 機械学習では、この「Hello […]
  • カイ二乗検定 – 適合度検定カイ二乗検定 – 適合度検定 適合度検定とは、観測度数分布が期待度数分布と同じかどうかを統計的に確かめる方法である。 適合度検定を行う手順は次の通りである。 仮説を立てる。 帰無仮説 H0:観測度数分布と期待度数分布が同じ。 対立仮説 […]
  • MySQL 月の差分を計算する方法MySQL 月の差分を計算する方法 MySQLで、月の差分を計算する方法をお伝えする。 計算は、PERIOD_DIFF関数を用いれば簡単に求めることができる。 これは、二つの期間の差の月数を返す関数である。 PERIOD_DIFF(P1, […]
Bioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変える