BioconductorのHeatplusパッケージのregHeatMap関数を用いると、ヒートマップを描けるが、行と列の文字の大きさを変える方法が分かり難かったので、備忘録として残しておく。

サンプルデータのために、Biobaseパッケージをインストールしておく。


> source("https://bioconductor.org/biocLite.R")
> biocLite("Biobase")

文字の大きさを指定しない場合は、次のようになる。


> library(Biobase)
> library(Heatplus)

> data(sample.ExpressionSet)
> exdat = sample.ExpressionSet

> plot(regHeatmap(exprs(exdat)))

how-to-change-fontsize-for-regheatmap-function-of-heatplus-package-in-bioconductor-1

文字の大きさを指定する場合は、次のようになる。


> library(Biobase)
> library(Heatplus)

> data(sample.ExpressionSet)
> exdat = sample.ExpressionSet

> plot(
      regHeatmap(
            exprs(exdat),               # ヒートマップを描く行列
            labels = list(
                Row = list(cex = 0.2),  # 行の文字の大きさ
                Col = list(cex = 0.8)   # 列の文字の大きさ
          )
      )
  )

how-to-change-fontsize-for-regheatmap-function-of-heatplus-package-in-bioconductor-2

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:再現性のある研究R言語 CRAN Task View:再現性のある研究 CRAN Task View: Reproducible Researchの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: John Blischak, Alison Hill Contact: jdblischak at […]
  • Ubuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにするUbuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにする Ubuntu14.04で日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにする方法をお伝えする。 Python2系 まずはKNP - KUROHASHI-KAWAHARA […]
  • 決定木 – 分類木決定木 – 分類木 決定木とは、分類ルールを木構造で表したものである。分類したいデータを目的変数(従属変数)、分類するために用いるデータを説明変数(独立変数)という。目的変数がカテゴリデータなどの場合は「分類木」、連続値などの量的データの場合は「回帰木」と呼ばれる。 決定木の最大のメリットは、結果にグラフを用いることができるため、視覚的に確認できることである。 ここでは、R言語の「r […]
  • Linux:Eclipse+CDTでC/C++開発Linux:Eclipse+CDTでC/C++開発 Linux環境においてEclipseでCDTを用いてC/C++開発を行う場合にはまったことを備忘記録として残しておく。 CDTインストール直後、関数が認識されないエラーの対処 CDTのインストール後にすぐにC++開発を行おうとしてコードを入力した場合、関数が認識されずエラーが出る。この場合は一度Eclipseを再起動すれば、次回からきちんと認識される。 外部ヘッダーファ […]
  • Ubuntu16.04でElectronをインストールする方法Ubuntu16.04でElectronをインストールする方法 Ubuntu16.04でElectronをインストールし、定番のHello […]
Bioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変える