BioconductorのWorkflowパッケージの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。パッケージを探す参考にしていただければ幸いです。

パッケージ確認日:2020/09/01
パッケージ数:27

1. rnaseqGene
RNA-seq workflow: gene-level exploratory analysis and differential expression
RNA ‐ seqワークフロー:遺伝子レベルの探索的分析と差次的発現

2. liftOver
Changing genomic coordinate systems with rtracklayer::liftOver
rtracklayer :: liftOverによるゲノム座標系の変更

3. RNAseq123
RNA-seq analysis is easy as 1-2-3 with limma, Glimma and edgeR
RNA-seq解析は、limma、Glimma、およびedgeRを使用して、1-2-3と同じくらい簡単です。

4. proteomics
Mass spectrometry and proteomics data analysis
質量分析およびプロテオミクスデータ解析

5. maEndToEnd
An end to end workflow for differential gene expression using Affymetrix microarrays
Affymetrixマイクロアレイを用いた差次的遺伝子発現のためのエンドツーエンドのワークフロー

6. simpleSingleCell
A step-by-step workflow for low-level analysis of single-cell RNA-seq data with Bioconductor
Bioconductorを用いた単一細胞RNA配列データの低レベル分析のための段階的ワークフロー

7. TCGAWorkflow
TCGA Workflow Analyze cancer genomics and epigenomics data using Bioconductor packages
TCGAのワークフローBioconductorパッケージを使用して癌のゲノムおよびエピゲノミクスデータを分析する

8. methylationArrayAnalysis
A cross-package Bioconductor workflow for analysing methylation array data.
メチル化アレイデータを分析するためのクロスパッケージBioconductorワークフロー。

9. RnaSeqGeneEdgeRQL
Gene-level RNA-seq differential expression and pathway analysis using Rsubread and the edgeR quasi-likelihood pipeline
RsubreadとedgeR準尤度パイプラインを用いた遺伝子レベルのRNA配列差次的発現と経路解析

10. annotation
Genomic Annotation Resources
ゲノムアノテーションリソース

11. cytofWorkflow
CyTOF workflow: differential discovery in high-throughput high-dimensional cytometry datasets
CyTOFワークフロー:ハイスループット高次元サイトメトリーデータセットにおける差次的発見

12. arrays
Using Bioconductor for Microarray Analysis
マイクロアレイ解析のためのバイオコンダクターの使用

13. rnaseqDTU
RNA-seq workflow for differential transcript usage following Salmon quantification
サーモン定量化後の異なる転写産物使用のためのRNA-seqワークフロー

14. ExpressionNormalizationWorkflow
Gene Expression Normalization Workflow
遺伝子発現正規化ワークフロー

15. sequencing
Introduction to Bioconductor for Sequence Data
シーケンスデータ用バイオコンダクタの紹介

16. variants
Annotating Genomic Variants
ゲノム変異体に注釈を付ける

17. chipseqDB
A Bioconductor Workflow to Detect Differential Binding in ChIP-seq Data
ChIP ‐ seqデータにおける差次的結合を検出するための生体導体ワークフロー

18. eQTL
Cloud-enabled cis-eQTL searches with Bioconductor GGtools 5.x
Bioconductor GGtools 5.xを使用したクラウド対応のcis-eQTL検索

19. generegulation
Finding Candidate Binding Sites for Known Transcription Factors via Sequence Matching
配列マッチングによる既知の転写因子に対する候補結合部位の発見

20. EGSEA123
Easy and efficient ensemble gene set testing with EGSEA
EGSEAによる簡単で効率的なアンサンブル遺伝子セットテスト

21. highthroughputassays
Using Bioconductor with High Throughput Assays
ハイスループットアッセイでバイオコンダクターを使用する

22. recountWorkflow
recount workflow: accessing over 70,000 human RNA-seq samples with Bioconductor
ワークフローをリカウントする:Bioconductorを使用して7万を超えるヒトRNAシーケンスサンプルにアクセス

23. csawUsersGuide
csaw User’s Guide
csawユーザーズガイド

24. SingscoreAMLMutations
Using singscore to predict mutations in AML from transcriptomic signatures
トランスクリプトームシグネチャからAMLの突然変異を予測するためのsingscoreの使用

25. BiocMetaWorkflow
BioC Workflow about publishing a Bioc Workflow
BioCワークフローの公開に関するBioCワークフロー

26. CAGEWorkflow
A step-by-step guide to analyzing CAGE data using R/Bioconductor
R / Bioconductorを使用してCAGEデータを分析するためのステップバイステップガイド

27. fluentGenomics
A plyranges and tximeta workflow
プリオレンジとツキシメタのワークフロー

関連する記事

  • ApacheとWildflyの連携方法ApacheとWildflyの連携方法 ApacheとWildflyを連携する方法を3つの手順でご紹介する。Jboss […]
  • なぜマイナス×マイナス=プラスとなるのかなぜマイナス×マイナス=プラスとなるのか 先日、ある人と話しているときに、私が大学で数学を学んだことを告げると、「なぜ、マイナス×マイナス=プラスとなるのか」と質問を受けた。 どうやら、「マイナス×マイナス=プラス」はルールとして覚えているようだった。 この質問を受けたとき、正直に言うと「すばらしい」と思った。なぜそう思ったのかというと、すでに当たり前として組み込まれている「マイナス×マイナス=プラス」に対し […]
  • ggplot2を用いて階層的クラスタリングの結果を可視化する方法ggplot2を用いて階層的クラスタリングの結果を可視化する方法 R言語のggplot2パッケージを用いて階層的クラスタリングの結果を可視化する方法についてお伝えいたします。 一般に、階層的クラスタリングの結果は、デンドログラムまたは樹形図として可視化されます。 ggplot2パッケージには、デンドログラムまたは樹形図を可視化する機能が備わっておりません。 しかし、ggplot2パッケージと合わせてggdendroパッケージを用い […]
  • Ubuntu16.04でElectronの配布アプリケーションを作成する方法Ubuntu16.04でElectronの配布アプリケーションを作成する方法 Ubuntu16.04を用いて開発したElectronアプリケーションを配布に適したファイル群で出力する方法をお伝えします。 ここでは、サンプルアプリケーションとして、electron-quick-startを利用させていただき、配布のための環境構築からWindows用アプリケーションとして実行しているところまでをご紹介します。 環境 今回の作業環境を確認し […]
  • R言語 CRAN Task View:Rでの高性能並列コンピューティングR言語 CRAN Task View:Rでの高性能並列コンピューティング CRAN Task View: High-Performance and Parallel Computing with Rの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Dirk Eddelbuettel Contact: Dirk.Eddelbuettel at […]
Bioconductor Workflowパッケージ一覧