CRAN Task View: Reproducible Researchの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。

Maintainer: Max Kuhn
Contact: max.kuhn at pfizer.com
Version: 2015-12-03

再現性の研究の目的は、スカラシップが、より理解、検証、再作成することができる、データ分析と実験データに固有の手順を結び付けることです。 この目的のためのR内のパッケージは、次のようにグループに分けることができます。

  • 読み書きできるプログラミング
  • パッケージの再現性
  • コード/データ書式設定ツール
  • フォーマットコンバータ
  • オブジェクトキャッシング

読み書きできるプログラミング

Rで再現性の研究を促進する主な方法は、コンテンツとデータ解析コードの組み合わせである文書を使用することです。 Sweave関数(base R utiles パッケージにある)とknitr パッケージは、単一のドキュメントが、コンテンツおよび分析を定義するように、主題とRコードをブレンドするために使用することができます。 brewR.rsp パッケージは、様々なマークアップにRコードを埋め込むの代替的なアプローチが含まれています。

読み書きできるプログラミングのためのリソースは、最高のドキュメントタイプ/マークアップ言語によって編成されています。

LaTex

Sweaveとknitr の両方は、LaTeXファイルを処理することができます。lazyWeave は、最初からLaTeX文書を作成することができます。

HTML

knitr パッケージは、HTMLファイルを直接処理することができます。 Sweaveもまた、R2HTML パッケージを経由してHTMLを操作することができます。 KmisclazyWeave は、最初からHTML形式のドキュメントを作成することができます。

変換関数オブジェクト:

その他のツール:

htmltools は、HTMLを操作するためのさまざまなツールを持っています。 タフティスタイルの配布資料を作成するためのtufterhandout

Markdown

knitr パッケージは、支援なしでmarkdownファイルを処理することができます。 パッケージmarkdownrmarkdown は、この形式で文書を操作するための一般的なツールを持っています。 KmisclazyWeave は、最初からマークダウン形式の文書を作成することができます。 また、ascii パッケージは、AsciiDocフォーマットにRオブジェクトを書くことができます。

変換関数オブジェクト:

その他のツール:

タフティスタイルの配布資料を作成するためのtufterhandoutkfigr は、マークダウンドキュメント内の数字のインデックス作成を可能にします。

オープンドキュメントフォーマット(ODF

odfWeave パッケージは、ODFファイルを処理することができます。

変換関数オブジェクト:

マイクロソフトフォーマット

ReporteRs (旧R2DOCX) パッケージは、docxとpptxファイルを作成することができます。 R2wd (ウィンドウズのみ)はまた、ゼロからWord文書を作成することができます。 R2PPT (ウィンドウズのみ)は、PowerPointスライドを作成することができます。rtf パッケージは、リッチテキスト形式の文書のための同じことをします。

変換関数オブジェクト:

その他のツール

パッケージの再現性

Rはまた、特定のパッケージのバージョンが分析のために必要とされ得ることを確保にするためのツールがあります。 checkpointrbundlerpackrat は、特定の時点で存在したローカル・アーカイブへのプロジェクトのために必要となるパッケージです。 これは、時間と異なるユーザを維持するための特定のパッケージのバージョンを許可します。 miniCRAN パッケージは、ローカルCRANのようなリポジトリの作成を容易にします。

書式設定ツール

formatRhighlighthighrSweaveListingUtils は、色および/またはフォーマットをRコードに使用することができます。 パッケージhumanFormatlubridateprettyunitsrprintf は、より優れた形式のデータに関数を持っています。

フォーマットコンバータ

pander は、Pandoc’s マークダウンにRオブジェクトをレンダリングするために使用することができます。 knitr は、Markdown、HTML、LaTex、PDF、Wordのようなフォーマット間のドキュメントを変換するためのPandoc のインストールされたバージョンを呼ぶことができるpandoc関数を持っています。tth は、TexからHTML/ MathML変換を容易にします。 LaTexからリッチテキスト形式への変換は、connect3 パッケージを使用して行うことができます。

オブジェクトキャッシュパッケージ

Sweaveとknitr を使用する場合、ドキュメントが再処理されるなら(すなわち、デバッグ中)、それは時間がかかるコードチャンクの結果をキャッシュすることが有利となります。 knitr は、オブジェクトキャッシュを容易にし、Bioconductorパッケージ weaver はSweaveで使用することができます。

キャッシング/アーカイブを容易にする非識字プログラミングパッケージは、R.cachearchivist です。

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:社会科学の統計R言語 CRAN Task View:社会科学の統計 CRAN Task View: Statistics for the Social Sciencesの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 Maintainer: John Fox Contact: jfox at […]
  • R言語 CRAN Task View:統計遺伝学R言語 CRAN Task View:統計遺伝学 CRAN Task View: Statistical Geneticsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 Maintainer: Giovanni Montana Contact: g.montana at […]
  • R言語 CRAN Task View:確率分布R言語 CRAN Task View:確率分布 CRAN Task View: Probability Distributionsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 Maintainer: Christophe Dutang Contact: Christophe.Dutang at […]
  • R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法 CRAN Task View: Phylogenetics, Especially Comparative Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 Maintainer: Brian O'Meara Contact: omeara.brian at […]
  • R言語 CRAN Task View:数値解析R言語 CRAN Task View:数値解析 CRAN Task View: Numerical Mathematicsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 Maintainer: Hans W. Borchers Contact: hwborchers at […]
R言語 CRAN Task View:再現性のある研究

One thought on “R言語 CRAN Task View:再現性のある研究

Comments are closed.