Linux環境においてEclipseでCDTを用いてC/C++開発を行う場合にはまったことを備忘記録として残しておく。

CDTインストール直後、関数が認識されないエラーの対処

CDTのインストール後にすぐにC++開発を行おうとしてコードを入力した場合、関数が認識されずエラーが出る。この場合は一度Eclipseを再起動すれば、次回からきちんと認識される。

外部ヘッダーファイルの追加方法

外部ヘッダーファイルを追加する手順を以下に記す。

  1.   プロジェクトのプロパティから「C/C++一般->パスおよびシンボル」を選択
  2. 「インクルード」タブの言語を選択してから「追加」ボタンを押す。
  3. ディレクトリー・パスの追加画面から「ファイル・システム」ボタンを押して、追加したいヘッダーファイルが含まれるディレクトリーを追加する。
  4. 適用ボタンを押す。

programming-eclipse-cdt-linux-add-header-file

programming-eclipse-cdt-linux-add-directory-path

共有ファイルの追加方法

libsample.oファイルという共有ファイルを追加する手順を以下に記す。

  1.   プロジェクトのプロパティから「C/C++一般->パスおよびシンボル」を選択
  2. 「ライブラリー・パス」タブを選択してから「追加」ボタンを押す。
  3. ディレクトリー・パスの追加画面から「ファイル・システム」ボタンを押してlibsample.oが含まれるディレクトリーを追加する。
  4. 「ライブラリー」タブを選択してから「追加」ボタンを押す。
  5. ディレクトリー・パスの追加画面からファイルを「sample」として「変数」ボタンを押す。つまり、libsample.oを「lib/sample/.o」と三つに分割した真ん中を採用する。

関連する記事

  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つです。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあると思います。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介します。 こ […]
  • MySQL データベース内のカラム数を確認する方法MySQL データベース内のカラム数を確認する方法 MySQLまたはMariaDBのデータベース内のカラム数を確認する方法をお伝えします。 サンプルデータベースを次のように準備します。 # データベース作成 CREATE DATABASE sample_database; # データベース指定 use sample_database; # テーブル作成 CREATE TABLE […]
  • Journal of Statistical Software: 記事一覧 Journal of Statistical Software の記事一覧をご紹介する。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載した。 確認日:2017/03/24 論文数:1089 Introduction to stream: An Extensible Framework for Data Stream […]
  • 統計的因果推論による傾向スコアとIPW推定量の基本的な考え方統計的因果推論による傾向スコアとIPW推定量の基本的な考え方 [latexpage] 統計的因果推論による因果効果を調べる手段として、傾向スコアとIPW推定量という概念があります。ここでは、なぜ傾向スコアを考えるのか、傾向スコアの逆数の重み付けはどのような意味があるのかを、複雑な数式を用いずに具体例を通してご説明します。 さっそくですが、次の具体例を考えます。 […]
  • R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法 CRAN Task View: Phylogenetics, Especially Comparative Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Brian O'Meara Contact: omeara.brian at […]
Linux:Eclipse+CDTでC/C++開発