knitrパッケージのkable関数を使えば、matrixやdata.frameなどの表形式をきれいに出力してくれるが、ftable関数を用いた多重クロス集計の結果は、kable関数を使うことができない。

これは非常に残念なので、他の方法できれいに出力する方法をお伝えする。ちなみにこの方法ではPDF出力のみの対応となるので注意してほしい。

手順を簡単に説明すると、多重クロス集計の部分だけをTexに変換して直接出力するというやり方となる。

まず準備として、ftable関数の結果をTexに変換するための関数をもつパッケージsimsalaparをインストールする。


> install.packages('simsalapar')

実際のコードの書き方は、以下のコードを見ていただければお分かりになるだろう。
simsalaparパッケージのtoLatex関数でTex形式に変換している。

注意点としては、まず、最初のheader-includesでbooktabsを呼び出して置かなければならない。これは、toLatex関数で変換された表に罫線topruleなどが含まれるからである。

次に、チャンク内の「result=’asis’」である。これは、このチャンク内で囲まれた部分の出力をそのまま渡すことを指定している。


---
title: "Sample"
header-includes:
   - \usepackage{booktabs}
output: 
    pdf_document:
        latex_engine: xelatex
---

```{r}
ft <- ftable(Titanic, row.vars = c(1, 2))

ft
```

```{r, results='asis'}
library(simsalapar)
toLatex(ft)
```

how-to-output-in-pdf-buautiful-multiplex-cross-tabulatoin-in-knitr-2

関連する記事

  • 決定木 – 分類木決定木 – 分類木 決定木とは、分類ルールを木構造で表したものである。分類したいデータを目的変数(従属変数)、分類するために用いるデータを説明変数(独立変数)という。目的変数がカテゴリデータなどの場合は「分類木」、連続値などの量的データの場合は「回帰木」と呼ばれる。 決定木の最大のメリットは、結果にグラフを用いることができるため、視覚的に確認できることである。 ここでは、R言語の「r […]
  • R データフレームから特定の型の列を抽出する方法R データフレームから特定の型の列を抽出する方法 Rのデータフレームから特定の型の列を抽出する方法をお伝えします。 サンプルデータとして、irisを用います。 データフレームの構造をstr関数で確認します。 > str(iris) 'data.frame': 150 obs. of 5 variables: $ Sepal.Length: num 5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 […]
  • R言語 CRAN Task View:時空間データの処理と分析R言語 CRAN Task View:時空間データの処理と分析 CRAN Task View: Handling and Analyzing Spatio-Temporal Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Edzer Pebesma, Roger Bivand Contact: edzer.pebesma at […]
  • Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するWikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する方法を備忘記録として記しておく。 Wikipedia日本語版のデータファイルは以下のサイトからダウンロードできる。 ウィキペディア日本語版 Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するPythonプログラム「WikiExtractor」を以下のサイトからダウンロードする。 […]
  • 度数分布表とヒストグラム度数分布表とヒストグラム 数値データの集合をただ眺めても、そのデータの特徴をつかむのは大変難しい。しかし、そのデータを表にまとめたもの、またはグラフにすると一目瞭然だ。特に、グラフにしたものは、大変分かりやすい。表にまとめたものを度数分布表、グラフにしたものをヒストグラムという。 では、早速具体的に見ていく。 度数分布表 度数分布表とは、以下の表のことを言う。ここで用いたデータは、統計Rに付 […]
R knitrできれいな多重クロス集計をPDFで出力する方法