knitrパッケージのkable関数を使えば、matrixやdata.frameなどの表形式をきれいに出力してくれるが、ftable関数を用いた多重クロス集計の結果は、kable関数を使うことができない。

これは非常に残念なので、他の方法できれいに出力する方法をお伝えする。ちなみにこの方法ではPDF出力のみの対応となるので注意してほしい。

手順を簡単に説明すると、多重クロス集計の部分だけをTexに変換して直接出力するというやり方となる。

まず準備として、ftable関数の結果をTexに変換するための関数をもつパッケージsimsalaparをインストールする。


> install.packages('simsalapar')

実際のコードの書き方は、以下のコードを見ていただければお分かりになるだろう。
simsalaparパッケージのtoLatex関数でTex形式に変換している。

注意点としては、まず、最初のheader-includesでbooktabsを呼び出して置かなければならない。これは、toLatex関数で変換された表に罫線topruleなどが含まれるからである。

次に、チャンク内の「result=’asis’」である。これは、このチャンク内で囲まれた部分の出力をそのまま渡すことを指定している。


---
title: "Sample"
header-includes:
   - \usepackage{booktabs}
output: 
    pdf_document:
        latex_engine: xelatex
---

```{r}
ft <- ftable(Titanic, row.vars = c(1, 2))

ft
```

```{r, results='asis'}
library(simsalapar)
toLatex(ft)
```

how-to-output-in-pdf-buautiful-multiplex-cross-tabulatoin-in-knitr-2

関連する記事

  • アンケートの自由記述からニーズを抽出する方法アンケートの自由記述からニーズを抽出する方法 アンケートは様々な場面で有効活用されていると思うが、特に、「年齢」などの数量回答や、「男性・女性」、「満足度の5段階評価」などの単一回答、「購入動機を3つまで回答してください」などの複数回答は、集計や分析がしやすいため、重点的に活用していることだろう。 回答者の立場で考えると、数量回答・単一回答・複数回答は、設問者からの問いかけに対し、返答があらかじめ用意されていること […]
  • R言語 CRAN Task View:RグラフィカルモデルR言語 CRAN Task View:Rグラフィカルモデル CRAN Task View: Graphical Modelsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Soren Hojsgaard Contact: sorenh at […]
  • Bioconductor Workflowパッケージ一覧Bioconductor Workflowパッケージ一覧 BioconductorのWorkflowパッケージの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。パッケージを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2022/05/01 パッケージ数:29 1. liftOver Changing genomic coordinate […]
  • R言語 CRAN Task View:堅牢な統計的方法R言語 CRAN Task View:堅牢な統計的方法 CRAN Task View: Robust Statistical Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Martin Maechler Contact: Martin.Maechler at […]
  • R MASSパッケージcorresp関数のエラー対処方法 RのMASSパッケージ内のcorresp関数を用いたとき、エラーに悩まされたので、皆様と共有しておく。 環境 Ubuntuのバージョン $ cat /etc/lsb-release […]
R knitrできれいな多重クロス集計をPDFで出力する方法