Ubuntu16.04で、任意のバージョンのNode.js環境を構築する方法をお伝えいたします。
apt-getコマンドによりNode.jsをインストールしようとすると、かなり古いバージョンがインストールされます。
そのため、最新または任意のバージョンをインストールするときは、PPA(personal package archive)からインストールする方法などがありますが、その中でも最も簡単だと思われるnというNodeのバージョン管理を用いた方法をご紹介します。

手順の流れとしては、次のようになります。

  1. apt-getコマンドから、Ubuntuリポジトリのnodejs(Node.js本体)とnpm(Nodeのパッケージ管理)をインストール
  2. npmコマンドから、Nodeのバージョン管理を行う「n」パッケージをインストール
  3. nコマンドから、任意のバージョンのNode.jsをインストール
  4. apt-getコマンドでインストールしたnodejsとnpmをアンインストール

環境

今回、Node.jsを構築する環境を確認しておきます。また、以下の作業はすべてターミナルにて行っております。

Ubuntuのバージョン


$ cat /etc/lsb-release

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.3 LTS"

apt-getからnodejsとnpmをインストール

次のコマンドを実行してnodejsとnpmをインストールします。


$ sudo apt-get install nodejs npm

npmからnパッケージをインストール

次のコマンドを実行してnpmからnパッケージをインストールします。


$ sudo npm install -g n

/usr/local/bin/n -> /usr/local/lib/node_modules/n/bin/n
/usr/local/lib
└── n@2.1.8 

nからNode.jsをインストール

nを用いてNode.jsをインストールするときに、バージョンを指定します。

最新版のNode.jsのインストール

最新版のNode.jsをインストールするときは、次のコマンドを実行します。


$ sudo n latest

最新の安定版のNode.jsのインストール

最新の安定板のNode.jsをインストールするときは、次のコマンドを実行します。


$ sudo n stable

     install : node-v8.4.0
       mkdir : /usr/local/n/versions/node/8.4.0
       fetch : https://nodejs.org/dist/v8.4.0/node-v8.4.0-linux-x64.tar.gz
   installed : v8.4.0

最新のLTS版のNode.jsのインストール

最新のLTS版のNode.jsをインストールするときは、次のコマンドを実行します。


$ sudo n lts

任意のバージョンのNode.jsのインストール

任意のバージョンのNode.jsをインストールするときは、まず次のコマンドでインストールできるNode.jsのバージョンを調べます。
「n ls」コマンド実行すると、大量にバージョンが表記されます。以下のコマンドの結果は、いくぶん省略させていただきました。


$ n ls

    0.0.1
    0.0.2
    0.0.3
    0.0.4
    0.0.5
~~~~~~~~~~~~~~
    8.2.0
    8.2.1
    8.3.0
    8.4.0
    8.5.0

バージョンを指定してNode.jsをインストールするするときは、次のコマンドを実行します。
次はバージョン8.5.0をした場合になります。


$ sudo n 8.5.0

apt-getからnodejsとnpmをアンインストール

nを用いてNode.jsをインストールしたら、apt-getコマンドからインストールしたnodejsとnpmは不要となるので、アンインストールしておきます。


$ sudo apt-get purge nodejs npm
$ suto apt-get autoremove

確認

最後に、Node.jsとnpm、nのバージョンを確認しておきます。


$ node -v
v8.4.0

$ npm -v
5.3.0

$ n --version
2.1.7

nコマンドについて

Nodeバージョン管理nは、バージョンを指定したり、不要なバージョンを削除できる機能などがあります。
詳しくは、次のサイトをご参考にしてください。

関連する記事

  • R オブジェクトを保存・読み込みする方法R オブジェクトを保存・読み込みする方法 Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載します。 長時間の計算による解析結果をファイルに保存しておくことは、解析手続きの分割が行えるため、とても役に立ちます。 解析手続きの分割について、解析Aの結果を解析Bで用いる場合という例でご説明します。 同じスクリプトで解析Aと解析Bを記載すると、解析Bを変更した際に再度解析Aを実行しないといけません。解析 […]
  • R knitrできれいな多重クロス集計をPDFで出力する方法R knitrできれいな多重クロス集計をPDFで出力する方法 knitrパッケージのkable関数を使えば、matrixやdata.frameなどの表形式をきれいに出力してくれるが、ftable関数を用いた多重クロス集計の結果は、kable関数を使うことができない。 これは非常に残念なので、他の方法できれいに出力する方法をお伝えする。ちなみにこの方法ではPDF出力のみの対応となるので注意してほしい。 手順を簡単に説明すると、 […]
  • R dplyrパッケージのgroup_by_関数で複数の文字列を指定する方法R dplyrパッケージのgroup_by_関数で複数の文字列を指定する方法 Rのdplyrパッケージのgroup_by関数は指定した列をグルーピングできるので便利ですが、文字列を指定できません。 このパッケージのgroup_by_関数は文字列を指定できますが、複数の文字列を指定する場合には少し工夫が必要になります。 ここでは、異なるダイエットの雛の体重と年齢が収められているChickWeightをサンプルデータとします。 > […]
  • R ggplot2を用いた2軸グラフの簡単な作成方法R ggplot2を用いた2軸グラフの簡単な作成方法 Rのggplot2を用いて、2軸グラフを作成するための簡単な方法をお伝えします. 2軸グラフは、グラフの縦軸(y軸)が左側と右側の両方にあり、それぞれ単位が異なるグラフのことを言います。 2軸グラフは、一般的に推奨されてはおりません。 そのため、ggplot2パッケージを用いた2軸グラフを作成するためには、scale_y_continuous()関数のsec.axi […]
  • MySQL データベース内のカラム数を確認する方法MySQL データベース内のカラム数を確認する方法 MySQLまたはMariaDBのデータベース内のカラム数を確認する方法をお伝えします。 サンプルデータベースを次のように準備します。 # データベース作成 CREATE DATABASE sample_database; # データベース指定 use sample_database; # テーブル作成 CREATE TABLE […]
Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法

Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。