ある関数の引数に省略記号である三連ドット(…)を持つかどうかを判定する関数を作成しましたので共有いたします。

判定する関数は次になります。


is_dots <- function(func) {
  if (!is.function(func)) {
    stop("Argument is not a function.")
  }
  return(any(is.element(names(as.list(args(func))), "...")))
}

検証用に適当な関数を作成します。


sample_func1 <- function(a) {}
sample_func2 <- function(a, ...) {}

作成したis_dots()関数に検証用の関数を適用してみます。


> print(is_dots(sample_func1))
[1] FALSE

> print(is_dots(sample_func2))
[1] TRUE

うまく動いていることが確認できました。

関連する記事

  • R qgraphを用いてデータをネットワークとして可視化するR qgraphを用いてデータをネットワークとして可視化する qgraphは、ネットワークとしてデータを視覚化するために使用することができ、加重グラフィカルモデルを視覚化するためのインタフェースを提供しているパッケージです。 リファレンスマニュアルには、関数のサンプルコードのみで出力されたグラフがありません。そこで、qgraphのサンプルコードと合わせてグラフを並べてみました。 qgraph library(qgraph) […]
  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つである。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあるのではないだろうか。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介する […]
  • CakePHP:プラグイン・パッケージ一覧CakePHP:プラグイン・パッケージ一覧 CakePHPのプラグイン・パッケージのサイトで公開されているプラグイン・パッケージの一覧をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものとあわせてご紹介する。プラグイン・パッケージの情報は2017年04月01日時点のものであることに注意していただきたい。何かのお役に立てれば幸いだ。 1.3 2.x 3.x 3.x 2.x API […]
  • DockerとVS Code Remote ContainersでAngularの開発環境を構築する方法DockerとVS Code Remote ContainersでAngularの開発環境を構築する方法 DockerとVS Code、VS Codeに拡張機能Remote Containersを用いてAngularの開発環境を構築する方法をお伝えします。 DockerおよびDocker Compose、VS Code、VS Codeの拡張機能Remote […]
  • 地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月 金沢市役所が公開している平成26年1月の住民基本台帳人口と総務省統計局が公開している地図データを基に人口、人口密度、世帯数、未成年・高齢者の年齢別などの数値および前年同月からの増減率を地図上に色分けして視覚化したものと上位・下位のランキングをご紹介する。 人口、世帯数などのデータを活用しようと考えた場合、まずは国勢調査を思いつくが、国勢調査は5年ごとに行われており、最近 […]
R 関数の引数が省略記号(…)を持つかどうかを判定する方法