title: UbuntuでGENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法
url: how-to-convert-geneontology-obo-to-json-on-ubuntu

GENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法をお伝えします。

環境

今回の環境を確認しておきます。


$ cat /etc/lsb-release

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=18.04
DISTRIB_CODENAME=bionic
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 18.04.4 LTS"

必要なパッケージをインストール

次のコマンドにより必要なパッケージをインストールします。


$ sudo apt install openjdk-8-jdk
$ sudo apt install maven
$ sudo apt install git

次のコマンドによりJava8を使うように設定します。
Java8を用いる理由は, 変換に用いるツールがJava8にしか対応していないためです。
具体的には, tools.jarが必要になるためです。


$ sudo update-alternatives --config java
$ sudo update-alternatives --config javac
$ export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64
$ export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

次のコマンドにより変換ツールをgitにより取得します。


$ mkdir ~/work
$ cd ~/work
$ git clone https://github.com/geneontology/obographs.git
$ cd obographs

pom.xmlファイルを開き、以下を追加します。
これは、org.apache.maven.pluginsをスキップする設定を追加しています。
この設定を追加しないと変換ツールのjarファイルが上手く作成されません。


<plugin>
    <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
    <artifactId>maven-gpg-plugin</artifactId>
    <version>1.5</version>
	<!-- ここから -->
    <configuration>
        <skip>true</skip>
    </configuration>
	<!-- ここまでを追加 -->
    <executions>
      <execution>
        <id>sign-artifacts</id>
        <phase>verify</phase>
        <goals>
          <goal>sign</goal>
        </goals>
        <configuration>
            <gpgArguments>
                <arg>--pinentry-mode</arg>
                <arg>loopback</arg>
            </gpgArguments>
        </configuration>
      </execution>
    </executions>
</plugin>

次のコマンドによりjarファイルを作成します。


$ mvn install

変換

次のコマンドによりgo.oboファイルをダウンロードします。


$ wget http://purl.obolibrary.org/obo/go.obo -O ../go.obo

次のコマンドにより変換を行います。
この変換ツールは、変換後のjsonを標準出力するため、リダイレクトによりファイルに保存します。


$ ./bin/ogger ../go.obo > ../go.json

関連する記事

  • Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法 Ubuntu16.04で、任意のバージョンのNode.js環境を構築する方法をお伝えいたします。 apt-getコマンドによりNode.jsをインストールしようとすると、かなり古いバージョンがインストールされます。 そのため、最新または任意のバージョンをインストールするときは、PPA(personal package […]
  • R言語 CRAN Task View:生態と環境データの分析R言語 CRAN Task View:生態と環境データの分析 CRAN Task View: Analysis of Ecological and Environmental Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Gavin Simpson Contact: ucfagls at […]
  • R 文字列の行を指定した幅で強制的に折り返す方法R 文字列の行を指定した幅で強制的に折り返す方法 R […]
  • R言語 CRANパッケージ一覧R言語 CRANパッケージ一覧 CRANで公開されているR言語のパッケージの一覧をご紹介します。英語でのパッケージの短い説明文はBing翻訳またはGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。何かのお役に立てれば幸いです。 パッケージ確認日:2022/01/01 パッケージ数:18641 また、パッケージをお探しの方は「R言語 CRAN Task […]
  • WindowsにRStudioをインストールする手順WindowsにRStudioをインストールする手順 WindowsにRStudioをインストールする手順についてお伝えいたします。 ファイルのダウンロード RStudioのインストールファイルをダウンロードするために、次のサイトに移動します。 RStudio – Open source and enterprise-ready professional software for […]
UbuntuでGENEONTOLOGYのgo.oboをjson形式に変換する方法