UbuntuでRからMariaDBへ接続して、データフレームとして取得する方法をお伝えする。

環境

Ubuntuのバージョン


$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.2 LTS"

MariaDBのバージョン


$ mysql --version
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.1.22-MariaDB, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 5.2

Rのバージョン


$ R --version
R version 3.3.3 (2017-03-06) -- "Another Canoe"
Copyright (C) 2017 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under the terms of the
GNU General Public License versions 2 or 3.
For more information about these matters see
http://www.gnu.org/licenses/.

準備

ターミナルを開き、libmariadb-client-lgpl-devをインストールする。


$ sudo apt-get install libmariadb-client-lgpl-dev

パッケージのインストール

RからMariaDBへ接続して操作するための中心となるパッケージは、DBIとRMySQLである。
DBIは、RとRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)間で接続するためのインターフェースを提供している。
RMySQLは、MySQLまたはMariaDBへのDBIインターフェースの実装である。

R上で次のコマンドから必要なパッケージをインストールする。


> install.packages("DBI")
> install.packages("RMySQL")

Socketの確認

MariaDBとの接続はSocketファイルを通して行われる。そのため、Socketファイルの場所を確認するためにMariaDBの設定ファイルを確認しておく。


$ vim /etc/mysql/my.cnf

 

MariaDBのインストール時から変更していなければ、/var/run/mysqld/mysqld.sockが該当のファイルである。


[client]
port		= 3306
socket		= /var/run/mysqld/mysqld.sock

 

RからMariaDBへ接続

RからローカルのMariaDBへ接続し、テーブルをデータフレームとして取得する方法は、次のコードを参考にしてほしい。


# ライブラリの読み込み
library(RMySQL)

# 接続
con <- dbConnect(RMySQL::MySQL(), 
                 dbname = "データベース",
                 username = "ユーザー",
                 password = "パスワード",
                 host = "localhost",
                 port = 3306,
                 unix.socket="/var/run/mysqld/mysqld.sock")

# テーブルをデータフレームとして取得
df <- dbReadTable(con, "テーブル")

# 切断
dbDisconnect(con)

# データが取得できているかを確認
str(df)
 

unix.socketを指定していない場合

dbConnect関数でunix.socketを指定していない場合、次のようなエラーが出て接続できない。
Socketファイルの場所を確認して、指定する必要がある。


.local(drv, ...) でエラー: 
  Failed to connect to database: Error: Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2) 

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:水文データとモデリングR言語 CRAN Task View:水文データとモデリング CRAN Task View: Hydrological Data and Modelingの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Sam Zipper, Sam Albers, Ilaria Prosdocimi Contact: samuelczipper at […]
  • R オブジェクトを保存・読み込みする方法R オブジェクトを保存・読み込みする方法 Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載します。 長時間の計算による解析結果をファイルに保存しておくことは、解析手続きの分割が行えるため、とても役に立ちます。 解析手続きの分割について、解析Aの結果を解析Bで用いる場合という例でご説明します。 同じスクリプトで解析Aと解析Bを記載すると、解析Bを変更した際に再度解析Aを実行しないといけません。解析 […]
  • さくらVPSのUbuntuでラピッドSSLの期限を更新する手順さくらVPSのUbuntuでラピッドSSLの期限を更新する手順 当サイトはさくらVPS上のUbuntu […]
  • R dplyrパッケージで複数の列を文字列として指定し結合された列を追加する方法R dplyrパッケージで複数の列を文字列として指定し結合された列を追加する方法 Rのdplyrパッケージのmutate関数は新たに列を追加する関数です。 ここでは、mutate関数に文字列として与えた列に対して、paste関数で統合した結果を新たに追加する方法をお伝えします。 サンプルデータとして、統計的な学生の髪と目の色が収められているHairEyeColorを用います。 ただし、このサンプルデータはtableとなっておりますので、実際にはd […]
  • なぜマイナス×マイナス=プラスとなるのかなぜマイナス×マイナス=プラスとなるのか 先日、ある人と話しているときに、私が大学で数学を学んだことを告げると、「なぜ、マイナス×マイナス=プラスとなるのか」と質問を受けた。 どうやら、「マイナス×マイナス=プラス」はルールとして覚えているようだった。 この質問を受けたとき、正直に言うと「すばらしい」と思った。なぜそう思ったのかというと、すでに当たり前として組み込まれている「マイナス×マイナス=プラス」に対し […]
R UbuntuでRからMariaDBへ接続する方法