UbuntuでRからMariaDBへ接続して、データフレームとして取得する方法をお伝えする。

環境

Ubuntuのバージョン


$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.2 LTS"

MariaDBのバージョン


$ mysql --version
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.1.22-MariaDB, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 5.2

Rのバージョン


$ R --version
R version 3.3.3 (2017-03-06) -- "Another Canoe"
Copyright (C) 2017 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under the terms of the
GNU General Public License versions 2 or 3.
For more information about these matters see
http://www.gnu.org/licenses/.

準備

ターミナルを開き、libmariadb-client-lgpl-devをインストールする。


$ sudo apt-get install libmariadb-client-lgpl-dev

パッケージのインストール

RからMariaDBへ接続して操作するための中心となるパッケージは、DBIとRMySQLである。
DBIは、RとRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)間で接続するためのインターフェースを提供している。
RMySQLは、MySQLまたはMariaDBへのDBIインターフェースの実装である。

R上で次のコマンドから必要なパッケージをインストールする。


> install.packages("DBI")
> install.packages("RMySQL")

Socketの確認

MariaDBとの接続はSocketファイルを通して行われる。そのため、Socketファイルの場所を確認するためにMariaDBの設定ファイルを確認しておく。


$ vim /etc/mysql/my.cnf

 

MariaDBのインストール時から変更していなければ、/var/run/mysqld/mysqld.sockが該当のファイルである。


[client]
port		= 3306
socket		= /var/run/mysqld/mysqld.sock

 

RからMariaDBへ接続

RからローカルのMariaDBへ接続し、テーブルをデータフレームとして取得する方法は、次のコードを参考にしてほしい。


# ライブラリの読み込み
library(RMySQL)

# 接続
con <- dbConnect(RMySQL::MySQL(), 
                 dbname = "データベース",
                 username = "ユーザー",
                 password = "パスワード",
                 host = "localhost",
                 port = 3306,
                 unix.socket="/var/run/mysqld/mysqld.sock")

# テーブルをデータフレームとして取得
df <- dbReadTable(con, "テーブル")

# 切断
dbDisconnect(con)

# データが取得できているかを確認
str(df)
 

unix.socketを指定していない場合

dbConnect関数でunix.socketを指定していない場合、次のようなエラーが出て接続できない。
Socketファイルの場所を確認して、指定する必要がある。


.local(drv, ...) でエラー: 
  Failed to connect to database: Error: Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2) 

関連する記事

  • Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法 Ubuntu16.04で、任意のバージョンのNode.js環境を構築する方法をお伝えいたします。 apt-getコマンドによりNode.jsをインストールしようとすると、かなり古いバージョンがインストールされます。 そのため、最新または任意のバージョンをインストールするときは、PPA(personal package […]
  • matplotlibで箱ひげ図を表示する方法matplotlibで箱ひげ図を表示する方法 Python3でmatplotlibを用いて、箱ひげ図を表示する方法をお伝えする。 Ubuntu14.04環境で動作することを確認している。 一つ注意点として、日本語に対応させるために、ここでは「IPAexGothic」を用いている。 import matplotlib as mpl import matplotlib.pyplot as […]
  • R言語 CRAN Task View:生存時間解析R言語 CRAN Task View:生存時間解析 CRAN Task View: Survival Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Arthur Allignol and Aurelien Latouche Contact: arthur.allignol at […]
  • Windows上のMariaDBでサービスの開始・停止を行う方法Windows上のMariaDBでサービスの開始・停止を行う方法 Windows上のMariaDBでサービスの開始・停止を行う方法をお伝えいたします。 一般的なアプリケーションは、立ち上げて何か操作し閉じるというサイクルを持ちます。一方、MariaDBは、他のアプリケーションからアクセスされるまで待機しており、アクセスされる度にアプリケーションへ応答を返します。この間、MariaDBはずっと稼働中となります。そのため、MariaDBは […]
  • 地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月地図で見る石川県金沢市の人口 2014年1月 金沢市役所が公開している平成26年1月の住民基本台帳人口と総務省統計局が公開している地図データを基に人口、人口密度、世帯数、未成年・高齢者の年齢別などの数値および前年同月からの増減率を地図上に色分けして視覚化したものと上位・下位のランキングをご紹介する。 人口、世帯数などのデータを活用しようと考えた場合、まずは国勢調査を思いつくが、国勢調査は5年ごとに行われており、最近 […]
R UbuntuでRからMariaDBへ接続する方法