UbuntuでRからMariaDBへ接続して、データフレームとして取得する方法をお伝えする。

環境

Ubuntuのバージョン


$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.2 LTS"

MariaDBのバージョン


$ mysql --version
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.1.22-MariaDB, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 5.2

Rのバージョン


$ R --version
R version 3.3.3 (2017-03-06) -- "Another Canoe"
Copyright (C) 2017 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under the terms of the
GNU General Public License versions 2 or 3.
For more information about these matters see
http://www.gnu.org/licenses/.

準備

ターミナルを開き、libmariadb-client-lgpl-devをインストールする。


$ sudo apt-get install libmariadb-client-lgpl-dev

パッケージのインストール

RからMariaDBへ接続して操作するための中心となるパッケージは、DBIとRMySQLである。
DBIは、RとRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)間で接続するためのインターフェースを提供している。
RMySQLは、MySQLまたはMariaDBへのDBIインターフェースの実装である。

R上で次のコマンドから必要なパッケージをインストールする。


> install.packages("DBI")
> install.packages("RMySQL")

Socketの確認

MariaDBとの接続はSocketファイルを通して行われる。そのため、Socketファイルの場所を確認するためにMariaDBの設定ファイルを確認しておく。


$ vim /etc/mysql/my.cnf

 

MariaDBのインストール時から変更していなければ、/var/run/mysqld/mysqld.sockが該当のファイルである。


[client]
port		= 3306
socket		= /var/run/mysqld/mysqld.sock

 

RからMariaDBへ接続

RからローカルのMariaDBへ接続し、テーブルをデータフレームとして取得する方法は、次のコードを参考にしてほしい。


# ライブラリの読み込み
library(RMySQL)

# 接続
con <- dbConnect(RMySQL::MySQL(), 
                 dbname = "データベース",
                 username = "ユーザー",
                 password = "パスワード",
                 host = "localhost",
                 port = 3306,
                 unix.socket="/var/run/mysqld/mysqld.sock")

# テーブルをデータフレームとして取得
df <- dbReadTable(con, "テーブル")

# 切断
dbDisconnect(con)

# データが取得できているかを確認
str(df)
 

unix.socketを指定していない場合

dbConnect関数でunix.socketを指定していない場合、次のようなエラーが出て接続できない。
Socketファイルの場所を確認して、指定する必要がある。


.local(drv, ...) でエラー: 
  Failed to connect to database: Error: Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2) 

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:臨床試験デザイン、監視、および分析R言語 CRAN Task View:臨床試験デザイン、監視、および分析 CRAN Task View:Clinical Trial Design, Monitoring, and Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: H.G. Zhang, Ed Zhang Contact: ClinicalTrials.TaskView […]
  • SlideShareで公開されているR言語関係のまとめSlideShareで公開されているR言語関係のまとめ SlideShareで公開されているR言語関係の資料をまとめてみたのでご紹介する。全てを網羅しているわけではないが、あなたのお役に立てれば幸いだ。 Rによる医療統計2015 第1部 医療統計の基礎知識 前編 2015-12-18 / 70 slides Rによる医療統計2015 第1部 後半 2015-12-18 / 57 […]
  • 相関係数相関係数 相関係数とは2変量のデータ間の関係性の強弱を計る統計学的指標である。相関係数rがとる値の範囲は-1≦r≦1である。相関係数rの値により以下のように呼ばれる。 -1≦r<0ならば負の相関 r=0ならば無相関 0<r≦1ならば正の相関 一般的に、強弱も合わせて以下のように呼ばれる。 […]
  • 経営戦略に使えるABC分析の基礎知識と活用法経営戦略に使えるABC分析の基礎知識と活用法 ABC分析は売上に関する経営戦略を立てるうえで、最も基本となる分析手法である。ABC分析とは、販売管理、顧客管理で使われる分析の一つで、ある期間で対象を重要度によって分類することにより現状を把握し易くする分析手法だ。 それでは早速解説していく。 ABC分析の手順 期間を過去一年間、対象を商品、重要度を売上とした場合を例に取り、ABC分析を行う手順を説明していく。 […]
  • Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するWikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する方法を備忘記録として記しておく。 Wikipedia日本語版のデータファイルは以下のサイトからダウンロードできる。 ウィキペディア日本語版 Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するPythonプログラム「WikiExtractor」を以下のサイトからダウンロードする。 […]
R UbuntuでRからMariaDBへ接続する方法