成長性分析とは、様々な観点から成長性・拡大性・発展性を測定する分析である。
規模拡大などの経営戦略がいつも経営者の思い描く通りに進むとは限らないため、様々な観点から自社および自社を取り巻く環境の状況を把握する必要がある。

ここでは、成長性分析の代表的な指標をいくつか紹介する。

売上高伸び率

売上高伸び率とは、前期売上高より当期売上高がどの程度上昇または下降したかを計測する指標である。

売上高伸び率=(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高×100(%)

経常利益伸び率

経常利益伸び率とは、前期経常利益より当期経常利益がどの程度上昇または下降したかを計測する指標である。

経常利益伸び率=(当期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益×100(%)

当期純利益伸び率

当期純利益伸び率とは、前期純利益より当期純利益がどの程度上昇または下降したかを計測する指標である。

当期純利益伸び率=(当期純利益-前期純利益)÷前期純利益×100(%)

関連する記事

  • これだけは抑えておきたい収益性分析の基本これだけは抑えておきたい収益性分析の基本 収益性分析とは、主に損益起算書上の数値から収益獲得力や投資効率性を測定する分析である。企業が継続的発展を遂げるためには利益確保が欠かせないが、企業経営は好調のときもあれば不調のときもあるため、様々な観点から収益または利益の状況を把握する必要がある。 ここでは、収益性分析の代表的な指標をいくつか紹介する。 これらの代表的な指標を活用するに当たっては、業種によってかなり異 […]
  • これだけは抑えておきたい安全性分析の基本これだけは抑えておきたい安全性分析の基本 安全性分析とは、主に貸借対照表上の数値から支払能力を測定する分析である。企業が倒産する主な原因は資金不足によって起こるため、様々な観点から資金の状況を把握する必要がある。 ここでは、安全性分析の代表的な指標をいくつか紹介する。 流動比率 流動比率とは、1年以内に資金化できる流動資産と1年以内に返済しなければならない流動負債との比率から支払能力をみる指標である。 […]
  • 中小企業の経営者なら知っておきたい財務データ活用法中小企業の経営者なら知っておきたい財務データ活用法 あなたは財務データを経営ツールとして有効に活用できているだろうか。目の前の仕事で忙しい、財務データの見方が分からない、顧問税理士に任せてあるなどの理由を付けて回避していないだろうか。 目の前の仕事で忙しいといって、ただがむしゃらに働いたところで利益を出し続けなければ生き残っていけない。どの方向を向いてがむしゃらに働くかを把握しておかなければならない。 財務データの […]
  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
  • Bioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変えるBioconductor HeatplutsパッケージのregHeatmapで文字の大きさを変える BioconductorのHeatplusパッケージのregHeatMap関数を用いると、ヒートマップを描けるが、行と列の文字の大きさを変える方法が分かり難かったので、備忘録として残しておく。 サンプルデータのために、Biobaseパッケージをインストールしておく。 > […]
これだけは抑えておきたい成長性分析の基本