boost::program_optionsを用いると、コマンドライン引数(オプション)を比較的容易に解析することができる。


#include <iostream>
#include <string>
#include <boost/program_options.hpp>

int main(int argc, char **argv) {
    boost::program_options::options_description opt("オプション");
    opt.add_options()
        ("help,h", "ヘルプを表示")
        ("name,n", boost::program_options::value(), "名称")
        ("count,c", boost::program_options::value()->default_value(10), "カウント")
        ("flag,f", boost::program_options::value(), "フラグ");
    boost::program_options::variables_map vm;
    try {
        boost::program_options::store(boost::program_options::parse_command_line(argc, argv, opt), vm);
    } catch(const boost::program_options::error_with_option_name& e) {
        std::cout << e.what() << std::endl;
        return 1;
    }
    boost::program_options::notify(vm);

    if (vm.count("help")) {
        std::cout << opt << std::endl;
    }

    if (vm.count("name")) {
        try {
            const std::string name = vm["name"].as();
        	std::cout << name << std::endl;
        } catch (const boost::bad_any_cast& e) {
            std::cout << e.what() << std::endl;
        }
    }

    const int count = vm["count"].as();
    std::cout << count << std::endl;

    if (vm.count("flag")) {
        try {
            const bool flag = vm["flag"].as();
        	std::cout << flag << std::endl;
        } catch (const boost::bad_any_cast& e) {
            std::cout << e.what() << std::endl;
        }
    }
    return 0;
}

簡単にコードの解説を行う。

  • 「boost::program_options::options_description opt("オプション");」でオプションの名称を設定している。
  • add_options関数によりコマンドライン引数(オプション)を設定している。
    • 「("help,h", "ヘルプを表示")」は「--help」または「-h」を指定すると、ヘルプを表示することを意味している。
    • 「("name,n", boost::program_options::value(), "名称")」は「--name Michael」または「-n Michael」のような方法でstring型を受け取ることができること意味している。
    • 「("count,c", boost::program_options::value()->default_value(10), "カウント")」は「--count 10」または「-c 10」のような方法でint型を受け取ることができることを意味している。省略された場合は10が挿入される。
    • 「("flag,f", boost::program_options::value(), "フラグ")」は「--flag on」または「-f on」のような方法でbool型を受け取ることができることを意味している。ここで、trueまたはfalseを設定する方法は以下の通りである。
      • true:「on」「yes」「1」「true」
      • false:「off」「no」「0」「false」
  • 「boost::program_options::variables_map vm;」~「boost::program_options::notify(vm);」までで、コマンドライン引数(オプション)をvmに格納および解析を行っている。
  • 実際にコマンドライン引数(オプション)が指定されているかは、variables_mapのメンバ関数countを用いて判定し、取り出しは「const std::string name = vm["name"].as();」のように行えばよい。

このままコンパイルを行うと以下のようなエラーが発生する。


/tmp/ccXU9eeH.o: 関数 `main' 内:
main.cpp:(.text+0x605): `boost::program_options::options_description::m_default_line_length' に対する定義されていない参照です
main.cpp:(.text+0x60f): `boost::program_options::options_description::m_default_line_length' に対する定義されていない参照です
main.cpp:(.text+0x657): `boost::program_options::options_description::options_description(std::string const&, unsigned int, unsigned int)' に対する定義されていない参照です
main.cpp:(.text+0x68c): `boost::program_options::options_description::add_options()' に対する定義されていない参照です

これはコンパイル時に「-lboost_program_options」を指定していないためである。注意点として、「-lboost_program_options」は必ず最後に指定することである。


g++ -o2 main.cpp -o main -lboost_program_options

関連する記事

  • 経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法 売上高のような時系列データをただ眺めていても、経営戦略を導き出すための示唆を得ることは難しい。 ここでは、売上高のような時系列データを時間に比例する部分と時間に比例しない部分とに分けてとらえると、どのような示唆を得ることができるのかをお伝えする。 この時間に比例する部分と時間に比例しない部分に分けるというのは、変動損益計算書に似ている。 変動損益計算書とは、 […]
  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つである。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあるのではないだろうか。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介する […]
  • Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法 Rのパッケージh2oは、さまざまなクラスタ環境内のニューラルネットワーク(ディープラーニング)、ランダムフォレスト、勾配ブースティングマシン、一般化線形モデルなどの並列分散機械学習アルゴリズムを計算するビッグデータのためのオープンソースの数学エンジンH2O用のRスクリプト機能である。 ここでは、ubuntu14.04環境下でh2oパッケージのインストールの仕方についてお […]
  • 相関係数相関係数 相関係数とは2変量のデータ間の関係性の強弱を計る統計学的指標である。相関係数rがとる値の範囲は-1≦r≦1である。相関係数rの値により以下のように呼ばれる。 -1≦r<0ならば負の相関 r=0ならば無相関 0<r≦1ならば正の相関 一般的に、強弱も合わせて以下のように呼ばれる。 […]
  • R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法 RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。 エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。 ! LaTeX Error: Command \subtitle already defined. Or […]
C++ Boostによるコマンドライン引数処理