boost::program_optionsを用いると、コマンドライン引数(オプション)を比較的容易に解析することができる。


#include <iostream>
#include <string>
#include <boost/program_options.hpp>

int main(int argc, char **argv) {
    boost::program_options::options_description opt("オプション");
    opt.add_options()
        ("help,h", "ヘルプを表示")
        ("name,n", boost::program_options::value(), "名称")
        ("count,c", boost::program_options::value()->default_value(10), "カウント")
        ("flag,f", boost::program_options::value(), "フラグ");
    boost::program_options::variables_map vm;
    try {
        boost::program_options::store(boost::program_options::parse_command_line(argc, argv, opt), vm);
    } catch(const boost::program_options::error_with_option_name& e) {
        std::cout << e.what() << std::endl;
        return 1;
    }
    boost::program_options::notify(vm);

    if (vm.count("help")) {
        std::cout << opt << std::endl;
    }

    if (vm.count("name")) {
        try {
            const std::string name = vm["name"].as();
        	std::cout << name << std::endl;
        } catch (const boost::bad_any_cast& e) {
            std::cout << e.what() << std::endl;
        }
    }

    const int count = vm["count"].as();
    std::cout << count << std::endl;

    if (vm.count("flag")) {
        try {
            const bool flag = vm["flag"].as();
        	std::cout << flag << std::endl;
        } catch (const boost::bad_any_cast& e) {
            std::cout << e.what() << std::endl;
        }
    }
    return 0;
}

簡単にコードの解説を行う。

  • 「boost::program_options::options_description opt("オプション");」でオプションの名称を設定している。
  • add_options関数によりコマンドライン引数(オプション)を設定している。
    • 「("help,h", "ヘルプを表示")」は「--help」または「-h」を指定すると、ヘルプを表示することを意味している。
    • 「("name,n", boost::program_options::value(), "名称")」は「--name Michael」または「-n Michael」のような方法でstring型を受け取ることができること意味している。
    • 「("count,c", boost::program_options::value()->default_value(10), "カウント")」は「--count 10」または「-c 10」のような方法でint型を受け取ることができることを意味している。省略された場合は10が挿入される。
    • 「("flag,f", boost::program_options::value(), "フラグ")」は「--flag on」または「-f on」のような方法でbool型を受け取ることができることを意味している。ここで、trueまたはfalseを設定する方法は以下の通りである。
      • true:「on」「yes」「1」「true」
      • false:「off」「no」「0」「false」
  • 「boost::program_options::variables_map vm;」~「boost::program_options::notify(vm);」までで、コマンドライン引数(オプション)をvmに格納および解析を行っている。
  • 実際にコマンドライン引数(オプション)が指定されているかは、variables_mapのメンバ関数countを用いて判定し、取り出しは「const std::string name = vm["name"].as();」のように行えばよい。

このままコンパイルを行うと以下のようなエラーが発生する。


/tmp/ccXU9eeH.o: 関数 `main' 内:
main.cpp:(.text+0x605): `boost::program_options::options_description::m_default_line_length' に対する定義されていない参照です
main.cpp:(.text+0x60f): `boost::program_options::options_description::m_default_line_length' に対する定義されていない参照です
main.cpp:(.text+0x657): `boost::program_options::options_description::options_description(std::string const&, unsigned int, unsigned int)' に対する定義されていない参照です
main.cpp:(.text+0x68c): `boost::program_options::options_description::add_options()' に対する定義されていない参照です

これはコンパイル時に「-lboost_program_options」を指定していないためである。注意点として、「-lboost_program_options」は必ず最後に指定することである。


g++ -o2 main.cpp -o main -lboost_program_options

関連する記事

  • R dplyrパッケージのgroup_by_関数で複数の文字列を指定する方法R dplyrパッケージのgroup_by_関数で複数の文字列を指定する方法 Rのdplyrパッケージのgroup_by関数は指定した列をグルーピングできるので便利ですが、文字列を指定できません。 このパッケージのgroup_by_関数は文字列を指定できますが、複数の文字列を指定する場合には少し工夫が必要になります。 ここでは、異なるダイエットの雛の体重と年齢が収められているChickWeightをサンプルデータとします。 > […]
  • 顧客満足度調査から重要な改善点を導く方法顧客満足度調査から重要な改善点を導く方法 顧客満足度調査とは、顧客に対して提供している商品やサービスに対して、顧客がどれだけ満足しているか、または不満を持っているか、満足している点はどこか、不満を持っている点はどこかなどをアンケートなどにより調査することだ。 顧客満足度調査の結果は、各項目ごとに平均値を出したり、棒グラフやレーダーチャートにすることが多い。 もし、あなたが顧客満足度調査の結果を見て、「ある […]
  • R,knitPDF bxjsarticleを用いた際にサブタイトルでエラーが出る場合の対処法 RStudioを用いてRmdファイルから日本語PDFを作成する際に、ドキュメントクラスをbxjsarticleと設定すると、次のようなエラーが出てPDFファイルが作成されない。 エラーは、subtitleコマンドが二重に定義されているために起こっているようだ。 ! LaTeX Error: Command \subtitle already defined. Or […]
  • Bioconductor ExperimentDataパッケージ一覧Bioconductor ExperimentDataパッケージ一覧 BioconductorのExperimentDataパッケージの一覧をご紹介します。英語での説明文をgoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。パッケージを探す参考にしていただければ幸いです。 パッケージ確認日:2021/01/01 パッケージ数:398 1. ALL A data package データパッケージ 2. […]
  • Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方Googleアナリティクスとコレスポンデンス分析を用いた年齢別のユーザー像の捉え方 ページビュー数やコンバージョン率を上げるためには、良質なコンテンツが大切であるとよく言われる。そして、良質なコンテンツを作成するためには、ユーザー像を具体的に思い描き、そのユーザーに向けてコンテンツを作成しなくてはならない。 ここでは、ページビュー数から年齢とページの関係性を視覚的に確認し、年齢別にユーザーがどのコンテンツに興味を抱くか、その傾向を探っていく。この傾向が […]
C++ Boostによるコマンドライン引数処理