Opalの管理機能の概要を簡単にお伝えいたします。
ここでのOpalのバージョンは3.02となります。

まず、Opalにアドミニストレータでサインインします。
右上のAdministrationをクリックします。

表示された画面がOpalの管理画面になります。

Opalの管理は「DATA ACCESS」「DATA MANAGEMENT」「DATA ANALYSIS」「SYSTEM」の4つの機能から構成されています。

DATA ACCESS

DATA ACCESSでは、データアクセスに関すること設定できます。

Users and Groups

ユーザーやグループの追加または更新、削除を行うことができます。

Profiles

ユーザーやアプリケーションのプロファイルを管理できます。

Identity Providers

オープンID接続プロバイダーを管理できます。

DATA MANAGEMENT

DATA MANAGEMENTでは、データに関することが設定できます。

Files

ファイルシステムを管理できます。
UbuntuにOpalをAPTでインストールした場合、「/var/lib/opal/fs/」がOpalのユーザーが扱えるファイルおよびディレクトリ領域となります。
この「/var/lib/opal/fs/」をOpalのWebインターフェイスから管理することができます。

Tasks

タスクを予定したり管理できます。

Reports

R Markdownファイルを予定したり管理できます。

Identifiers Mappings

識別子のマッピングを管理できます。

DATA ANALYSIS

DATA ANALYSISでは、Opalに格納されたデータとRを用いてデータ分析を行う際の設定などを管理できます。

R

Rサービスへの接続許可や、Rサーバの設定を行うことができます。

DataSHIELD

DataSHIELDサービスへの接続許可や、DataSEIELDの設定を行うことができます。

Search

テーブルインデックス化の予定やElasticsearchサーバの設定を行うことができます。

SYSTEM

SYSTEMでは、Opal自体の設定や監視などを行うことができます。

General Settings

Opalサーバの設定を行うことができます。

Taxonomies

制御された語彙で変数分類のタクソノミーを管理できます。

Databases

識別用のデータベースやストレージ用のデータベースを管理したり、インポートおよびエクスポートができます。

Plugins

Opalプラグインの管理を行うことができます。

Java Virtual Machine

Java virtual machineのモニタリングを行うことができます。

関連する記事

  • 経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法経営戦略を導き出すための簡単な時系列分析の方法 売上高のような時系列データをただ眺めていても、経営戦略を導き出すための示唆を得ることは難しい。 ここでは、売上高のような時系列データを時間に比例する部分と時間に比例しない部分とに分けてとらえると、どのような示唆を得ることができるのかをお伝えする。 この時間に比例する部分と時間に比例しない部分に分けるというのは、変動損益計算書に似ている。 変動損益計算書とは、 […]
  • R言語 CRAN Task View:ケモメトリックスと計算物理学R言語 CRAN Task View:ケモメトリックスと計算物理学 CRAN Task View: Chemometrics and Computational Physicsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Katharine Mullen Contact: katharine.mullen at […]
  • MySQL 月の差分を計算する方法MySQL 月の差分を計算する方法 MySQLで、月の差分を計算する方法をお伝えする。 計算は、PERIOD_DIFF関数を用いれば簡単に求めることができる。 これは、二つの期間の差の月数を返す関数である。 PERIOD_DIFF(P1, […]
  • R言語 CRAN Task View:数値解析R言語 CRAN Task View:数値解析 CRAN Task View: Numerical Mathematicsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Hans W. Borchers Contact: hwb at […]
  • 経営戦略に使えるRFM分析の基礎知識と活用法経営戦略に使えるRFM分析の基礎知識と活用法 RFM分析とは、ある一定期間の購買履歴データを用いて、顧客を分類することにより様々な示唆を得るための分析手法である。分類の仕方は、顧客を直近購買時期・購入頻度・購買額の3つの軸で分類し、各軸ごとにランク分けをする。このことにより、顧客が現在どの位置にいて、それがどのくらいの人数なのかを把握することができる。 あなたは、このような分類をすることにどのようなメリットがあるの […]
OpalのAdministration機能