QGISのインストール方法をご紹介する。Windows版のQGISはインストーラーが用意されているので、非常に簡単にインストールできる。インストールの流れとしては、ウェブサイトからインストーラーをダウンロードして、起動後、画面を確認しながら次へボタンを押していけばよい。インストールが完了したら再起動を促されるので、再起動すれば完了だ。

1.QGISの日本語サイト「http://www.qgis.org/ja/site/」を開く。
qgis-intall-ja-site

2.インストーラーをダウンロードする
Windowsの場合は、32bitと64bitが用意されているので、使用するパソコンがどちらかを確認して、下図の赤枠のところをクリックしてQGISのインストーラーをダウンロードする。
qgis-install-ja-site-dorusers-download

3.セットアップ開始
ダウンロードしたインストーラーを実行し、次へボタンを押す。
qgis-install-valmiera-1

4.ライセンスの確認
ライセンスを確認して、同意するボタンを押す。
qgis-install-valmiera-2

5.インストール先フォルダを選ぶ
基本的にはそのままでよいので、次へボタンを押す。
qgis-install-valmiera-3

6.インストールオプションを選ぶ
インストールボタンを押す。
qgis-install-valmiera-4

qgis-install-valmiera-5

7.再起動する
qgis-install-valmiera-6

8.QGISを起動
デスクトップに以下のアイコンが新しく追加されているはずだ。QGISを立ち上げるには、「QGIS Desktop 2.2.0.exe」を実行する。
qgis-install-valmiera-7

関連する記事

  • アンケートの自由記述からニーズを抽出する方法アンケートの自由記述からニーズを抽出する方法 アンケートは様々な場面で有効活用されていると思うが、特に、「年齢」などの数量回答や、「男性・女性」、「満足度の5段階評価」などの単一回答、「購入動機を3つまで回答してください」などの複数回答は、集計や分析がしやすいため、重点的に活用していることだろう。 回答者の立場で考えると、数量回答・単一回答・複数回答は、設問者からの問いかけに対し、返答があらかじめ用意されていること […]
  • Ubuntu,R OpenGLを用いた3次元可視化パッケージrglのインストール方法Ubuntu,R OpenGLを用いた3次元可視化パッケージrglのインストール方法 Ubuntu上のRで、OpenGLを用いた3次元可視化パッケージであるrglをインストールする方法をいくつかのパターンに分けてお伝します。 Rはaptコマンドによりインストールされているものとします。 R上でinstall.packages関数によりrlgパッケージをインストールしようとしても、次のように「X11が見つからない」とエラーが出てインストールできません。 […]
  • R 関数に時間制限を設ける方法 ある処理にとても時間が掛かるため、一定時間経過後はその処理を途中で打ち切りたいときがある。 例えば、for文で、あるループだけが重いため全体として時間が掛かってしまう場合、その処理を一旦スキップしてfor文の先に処理を進めたい、などである。 ここでは、そのひとつの解決策として、関数に時間制限を設けて、一定時間経過後はその関数を強制終了するコードをご紹介する。 ただし […]
  • Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するWikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換する方法を備忘記録として記しておく。 Wikipedia日本語版のデータファイルは以下のサイトからダウンロードできる。 ウィキペディア日本語版 Wikipediaのデータファイルをプレーンテキストに変換するPythonプログラム「WikiExtractor」を以下のサイトからダウンロードする。 […]
  • R実装と解説 対応のない2標本の母平均の差の検定(母分散が異なる) [latexpage] 母分散が異なるの場合の対応のない2標本の母平均の差の検定とは、2つの母集団が正規分布に従い、ともに母分散が異なるとき、一方の母平均が他方の母平均と「異なる」または「大きい」、「小さい」かどうかを、検定統計量がt分布に従うことを利用して検定します。 統計的検定の流れ 検定の大まかな流れを確認しておきます。 […]
QGIS インストール