Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載します。

長時間の計算による解析結果をファイルに保存しておくことは、解析手続きの分割が行えるため、とても役に立ちます。
解析手続きの分割について、解析Aの結果を解析Bで用いる場合という例でご説明します。
同じスクリプトで解析Aと解析Bを記載すると、解析Bを変更した際に再度解析Aを実行しないといけません。解析Aの処理時間が短い場合は問題ありませんが、長い処理時間がかかる場合は効率が悪くなります。そのため、ある程度重い処理を実行するときは、解析手続きの分割を考えた方が良いと考えます。

保存

保存はsaveRDS関数を用います。


> # 計算結果をobjに格納
> obj <- lm(Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris) > # objの表示
> obj

Call:
lm(formula = Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)

Coefficients:
(Intercept)  Sepal.Width  
     6.5262      -0.2234

> # "lm.obj"として保存
> saveRDS(obj, file = "lm.obj")

読み込み

読み込みにはreadRDS関数を用います。


> # "lm.obj"の読み込み
> obj2 <- readRDS("lm.obj") > # obj2の表示
> obj2

Call:
lm(formula = Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)

Coefficients:
(Intercept)  Sepal.Width  
     6.5262      -0.2234

saveRDS関数で作成したファイルを別OSで読み込み

Ubuntu上のRStudioでsaveRDS関数で作成したファイルをWindows上のRStudioで読み込みができるかを試してみました。
Ubuntu上のRStudioの環境設定とWindows上のRStudioの環境設定は、デフォルトのままです。
結果としては、英数字は可能だが、日本語は文字化けをしてしまいました。
UbuntuのRStudioのロケールはja_JP.UTF-8を用いておりますが、WindowsのRStudioのロケールはJapanese_Japan.932であることが原因のような気がします。
ロケールはRStudioのコマンドラインでSys.getlocale関数を実行すれば取得でき、Sys.setlocale関数を実行すれば設定できます。
WindowsのRStudioでja_JP.UTF-8に相当するものを設定できないため、今のところ、日本語の文字化けについては対処の方法が分かっておりません。

関連する記事

  • Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法 Rのパッケージh2oは、さまざまなクラスタ環境内のニューラルネットワーク(ディープラーニング)、ランダムフォレスト、勾配ブースティングマシン、一般化線形モデルなどの並列分散機械学習アルゴリズムを計算するビッグデータのためのオープンソースの数学エンジンH2O用のRスクリプト機能である。 ここでは、ubuntu14.04環境下でh2oパッケージのインストールの仕方についてお […]
  • R スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法R スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法 スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)法とは、テューキー(Tukey)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール・ドゥワス法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない各群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール・ドゥワス法を使う場合は、「スティール・ドゥワス(Steel-Dwass)の方法による多重比較」のページにソ […]
  • R MASSパッケージcorresp関数のエラー対処方法 RのMASSパッケージ内のcorresp関数を用いたとき、エラーに悩まされたので、皆様と共有しておく。 環境 Ubuntuのバージョン $ cat /etc/lsb-release […]
  • R データフレームから特定の型の列を抽出する方法R データフレームから特定の型の列を抽出する方法 Rのデータフレームから特定の型の列を抽出する方法をお伝えします。 サンプルデータとして、irisを用います。 データフレームの構造をstr関数で確認します。 > str(iris) 'data.frame': 150 obs. of 5 variables: $ Sepal.Length: num 5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 […]
  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つである。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあるのではないだろうか。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介する […]
R オブジェクトを保存・読み込みする方法