Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載します。

長時間の計算による解析結果をファイルに保存しておくことは、解析手続きの分割が行えるため、とても役に立ちます。
解析手続きの分割について、解析Aの結果を解析Bで用いる場合という例でご説明します。
同じスクリプトで解析Aと解析Bを記載すると、解析Bを変更した際に再度解析Aを実行しないといけません。解析Aの処理時間が短い場合は問題ありませんが、長い処理時間がかかる場合は効率が悪くなります。そのため、ある程度重い処理を実行するときは、解析手続きの分割を考えた方が良いと考えます。

保存

保存はsaveRDS関数を用います。


> # 計算結果をobjに格納
> obj <- lm(Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris) > # objの表示
> obj

Call:
lm(formula = Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)

Coefficients:
(Intercept)  Sepal.Width  
     6.5262      -0.2234

> # "lm.obj"として保存
> saveRDS(obj, file = "lm.obj")

読み込み

読み込みにはreadRDS関数を用います。


> # "lm.obj"の読み込み
> obj2 <- readRDS("lm.obj") > # obj2の表示
> obj2

Call:
lm(formula = Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)

Coefficients:
(Intercept)  Sepal.Width  
     6.5262      -0.2234

saveRDS関数で作成したファイルを別OSで読み込み

Ubuntu上のRStudioでsaveRDS関数で作成したファイルをWindows上のRStudioで読み込みができるかを試してみました。
Ubuntu上のRStudioの環境設定とWindows上のRStudioの環境設定は、デフォルトのままです。
結果としては、英数字は可能だが、日本語は文字化けをしてしまいました。
UbuntuのRStudioのロケールはja_JP.UTF-8を用いておりますが、WindowsのRStudioのロケールはJapanese_Japan.932であることが原因のような気がします。
ロケールはRStudioのコマンドラインでSys.getlocale関数を実行すれば取得でき、Sys.setlocale関数を実行すれば設定できます。
WindowsのRStudioでja_JP.UTF-8に相当するものを設定できないため、今のところ、日本語の文字化けについては対処の方法が分かっておりません。

関連する記事

  • 平均的に分類する方法の考察(1)平均的に分類する方法の考察(1) ある定量データが与えられたとき、それを平均的に分類するための方法を考えてみる。 ここで言う平均的に分類するというのは、分類された各グループのデータ数がほぼ等しく、かつ、分類された各グループの平均値が定量データ全体の平均値にほぼ等しくなるように分類するということである。 具体的には、学生のクラス替えを行う際に、100人の学生を3つのクラスに振り分けたいが、その場合、各ク […]
  • R言語 CRAN Task View:多変量統計R言語 CRAN Task View:多変量統計 CRAN Task View: Multivariate Statisticsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Paul Hewson Contact: Paul.Hewson at […]
  • Ubuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにするUbuntu 日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにする Ubuntu14.04で日本語構文・格・照応解析システムKNPをpythonから使えるようにする方法をお伝えする。 Python2系 まずはKNP - KUROHASHI-KAWAHARA […]
  • R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法 ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする2つの方法をお伝えします。 最初の方法は、ggExtraパッケージのggMarginal関数を用いる方法で、周辺分布を簡単にプロットすることができます。 二番目の方法は、散布図と周辺分布を作成した上で、一つにまとめる方法です。 それぞれ一長一短があります。 最初の方法は、コード量が少ないですがグラフとして […]
  • R言語 CRAN Task View:堅牢な統計的方法R言語 CRAN Task View:堅牢な統計的方法 CRAN Task View: Robust Statistical Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Martin Maechler Contact: Martin.Maechler at […]
R オブジェクトを保存・読み込みする方法