Rのデータフレームにおいて、ファクター列を2値に変換する方法をお伝えいたします。
方法はとても単純で、データフレームの列ごとにファクター型かどうかをチェックし、ファクター型であればファクターごとに2値の列を新たに作成し追加します。
ソースコードは以下のようになります。


convertFactorToBinary <- function(df, sep = ".") {
  l <- list()
  for (i in 1:ncol(df)) {
    if ("factor" %in% class(df[[i]]) &&
        !("ordered" %in% class(df[[i]]))) {
      m <- sapply(levels(df[[i]]), function(x)
        as.integer(x == df[[i]]))
      for (j in 1:ncol(m)) {
        l[[paste(colnames(df)[i], colnames(m)[j], sep = sep)]] <- m[, j]
      }
    } else{
      l[[colnames(df)[i]]] <- df[[i]]
    }
  }
  return(data.frame(l))
}

データセットwarpbreaksを用いて実際に試してみます。
まずは、データセットの内容を確認します。


> data("warpbreaks")
> print(str(warpbreaks))
'data.frame':	54 obs. of  3 variables:
 $ breaks : num  26 30 54 25 70 52 51 26 67 18 ...
 $ wool   : Factor w/ 2 levels "A","B": 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ...
 $ tension: Factor w/ 3 levels "L","M","H": 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 ...

> print(head(warpbreaks))
  breaks wool tension
1     26    A       L
2     30    A       L
3     54    A       L
4     25    A       L
5     70    A       L
6     52    A       L

次に、ファクター型の列を変換してみます。


> res <- convertFactorToBinary(warpbreaks, sep = "_") > print(str(res))
'data.frame':	54 obs. of  6 variables:
 $ breaks   : num  26 30 54 25 70 52 51 26 67 18 ...
 $ wool_A   : int  1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ...
 $ wool_B   : int  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ...
 $ tension_L: int  1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 ...
 $ tension_M: int  0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ...
 $ tension_H: int  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ...

> print(head(res))
  breaks wool_A wool_B tension_L tension_M tension_H
1     26      1      0         1         0         0
2     30      1      0         1         0         0
3     54      1      0         1         0         0
4     25      1      0         1         0         0
5     70      1      0         1         0         0
6     52      1      0         1         0         0

ファクター列が2値になっていることが確認できました。

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:メタアナリシスR言語 CRAN Task View:メタアナリシス CRAN Task View: Meta-Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Michael Dewey Contact: lists at […]
  • R言語 CRAN Task View:生態と環境データの分析R言語 CRAN Task View:生態と環境データの分析 CRAN Task View: Analysis of Ecological and Environmental Dataの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Gavin Simpson Contact: ucfagls at […]
  • R実装と解説 母平均の検定(母分散未知) [latexpage] 母分散が未知の場合の母平均の検定とは、母集団が正規分布に従い、母分散が未知のときに母平均が標本平均と「異なる」または「大きい」、「小さい」かどうかを、検定統計量がt分布に従うことを利用して検定します。 統計的検定の流れ 検定の大まかな流れを確認しておきます。 帰無仮説H0と対立仮設H1をたてます […]
  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つです。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあると思います。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介します。 こ […]
  • Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法Ubuntu16.04で任意のバージョンのNode.jsをインストールする方法 Ubuntu16.04で、任意のバージョンのNode.js環境を構築する方法をお伝えいたします。 apt-getコマンドによりNode.jsをインストールしようとすると、かなり古いバージョンがインストールされます。 そのため、最新または任意のバージョンをインストールするときは、PPA(personal package […]
R データフレームのファクター列を2値に変換する方法