Rのデータフレームにおいて、ファクター列を2値に変換する方法をお伝えいたします。
方法はとても単純で、データフレームの列ごとにファクター型かどうかをチェックし、ファクター型であればファクターごとに2値の列を新たに作成し追加します。
ソースコードは以下のようになります。


convertFactorToBinary <- function(df, sep = ".") {
  l <- list()
  for (i in 1:ncol(df)) {
    if ("factor" %in% class(df[[i]]) &&
        !("ordered" %in% class(df[[i]]))) {
      m <- sapply(levels(df[[i]]), function(x)
        as.integer(x == df[[i]]))
      for (j in 1:ncol(m)) {
        l[[paste(colnames(df)[i], colnames(m)[j], sep = sep)]] <- m[, j]
      }
    } else{
      l[[colnames(df)[i]]] <- df[[i]]
    }
  }
  return(data.frame(l))
}

データセットwarpbreaksを用いて実際に試してみます。
まずは、データセットの内容を確認します。


> data("warpbreaks")
> print(str(warpbreaks))
'data.frame':	54 obs. of  3 variables:
 $ breaks : num  26 30 54 25 70 52 51 26 67 18 ...
 $ wool   : Factor w/ 2 levels "A","B": 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ...
 $ tension: Factor w/ 3 levels "L","M","H": 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 ...

> print(head(warpbreaks))
  breaks wool tension
1     26    A       L
2     30    A       L
3     54    A       L
4     25    A       L
5     70    A       L
6     52    A       L

次に、ファクター型の列を変換してみます。


> res <- convertFactorToBinary(warpbreaks, sep = "_") > print(str(res))
'data.frame':	54 obs. of  6 variables:
 $ breaks   : num  26 30 54 25 70 52 51 26 67 18 ...
 $ wool_A   : int  1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ...
 $ wool_B   : int  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ...
 $ tension_L: int  1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 ...
 $ tension_M: int  0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ...
 $ tension_H: int  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ...

> print(head(res))
  breaks wool_A wool_B tension_L tension_M tension_H
1     26      1      0         1         0         0
2     30      1      0         1         0         0
3     54      1      0         1         0         0
4     25      1      0         1         0         0
5     70      1      0         1         0         0
6     52      1      0         1         0         0

ファクター列が2値になっていることが確認できました。

関連する記事

  • R スミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去する方法 スミルノフ・グラブス検定は、正規分布を仮定した標本において、最大値または最小値が外れ値かどうか判定する検定の一つである。 外れ値を除去する際、外れ値を一つずつ検証することよりも、外れ値がすべて除去されたデータだけがほしいときもあるのではないだろうか。 ここでは、正規分布を仮定したデータからスミルノフ・グラブス検定を繰り返し用いて外れ値を除去するソースコードをご紹介する […]
  • R 関数に時間制限を設ける方法 ある処理にとても時間が掛かるため、一定時間経過後はその処理を途中で打ち切りたいときがある。 例えば、for文で、あるループだけが重いため全体として時間が掛かってしまう場合、その処理を一旦スキップしてfor文の先に処理を進めたい、などである。 ここでは、そのひとつの解決策として、関数に時間制限を設けて、一定時間経過後はその関数を強制終了するコードをご紹介する。 ただし […]
  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
  • R MASSパッケージcorresp関数のエラー対処方法 RのMASSパッケージ内のcorresp関数を用いたとき、エラーに悩まされたので、皆様と共有しておく。 環境 Ubuntuのバージョン $ cat /etc/lsb-release […]
  • カイ二乗検定 – 適合度検定カイ二乗検定 – 適合度検定 適合度検定とは、観測度数分布が期待度数分布と同じかどうかを統計的に確かめる方法である。 適合度検定を行う手順は次の通りである。 仮説を立てる。 帰無仮説 H0:観測度数分布と期待度数分布が同じ。 対立仮説 […]
R データフレームのファクター列を2値に変換する方法