RStudioでKnit to PDFをを実行するための環境を構築する手順をお伝えします。

最初に、Knit to PDFを実行した際には、次のように必要なパッケージのインストールを要求されますので、「Yes」ボタンをクリックしインストールします。

Knit to PDFを実行するためには、Tex環境を構築する必要があります。Tex環境を構築していない場合は、RStudioが次のようなエラーを出力します。そして、Tex環境MiKTex(Complete)を提案します。


"C:/Program Files/RStudio/bin/pandoc/pandoc" +RTS -K512m -RTS sample01.utf8.md --to latex --from markdown+autolink_bare_uris+ascii_identifiers+tex_math_single_backslash --output sample01.pdf --template "C:\Users\[user]\Documents\R\win-library\3.4\rmarkdown\rmd\latex\default-1.17.0.2.tex" --highlight-style tango --latex-engine pdflatex --variable graphics=yes --variable "geometry:margin=1in" 
pandoc.exe: pdflatex not found. pdflatex is needed for pdf output.
 エラー: pandoc document conversion failed with error 41
 追加情報:  警告メッセージ: 
 命令 '"C:/Program Files/RStudio/bin/pandoc/pandoc" +RTS -K512m -RTS sample01.utf8.md --to latex --from markdown+autolink_bare_uris+ascii_identifiers+tex_math_single_backslash --output sample01.pdf --template "C:\Users\[user]\Documents\R\win-library\3.4\rmarkdown\rmd\latex\default-1.17.0.2.tex" --highlight-style tango --latex-engine pdflatex --variable graphics=yes --variable "geometry:margin=1in"' の実行は状態 41 を持ちました  
 実行が停止されました 

No TeX installation detected (TeX is required to create PDF output). You should install a recommended TeX distribution for your platform:

  Windows: MiKTeX (Complete) - http://miktex.org/2.9/setup
  (NOTE: Be sure to download the Complete rather than Basic installation)

  Mac OS X: TexLive 2013 (Full) - http://tug.org/mactex/
  (NOTE: Download with Safari rather than Chrome _strongly_ recommended)

  Linux: Use system package manager

ここでは、RStudioから提案されたMiKTex(Complete)環境を構築します。次のサイトに移動し、インストーラーをダウンロードします。

Complete版をインストールするために、Net Installerのインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

同意できる場合は、チェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

Download MiKTexにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。MiKTexのComplete版のインストール手順は、2段階で行います。第1段階はファイルのダウンロードを行い、第2段階はダウンロードしたファイルをインストールするという流れになります。今回は、第1段階のファイルのダウンロードになります。

Complete MiKTeXにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

どこからダウンロードするかを選択します。特にこだわりがなければ、一番上で良いでしょう。選択後、「次へ」をクリックします。

ダウンロードしたファイルをどこに保存するのかを指定します。デフォルトでは、デスクトップに「MiKTeX Download Files」フォルダが作成され、その中にダウンロードファイルが格納されます。指定後、「次へ」をクリックします。

確認画面が表示されますので、問題がなければ「Start」をクリックします。

ダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了しましたら、「次へ」をクリックします。

ここまでで、第1段階が完了になります。「Close」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

デスクトップに「MiKTeX Download Files」が作成されていることが確認できます。

再度、MiKTeXのインストーラーを実行します。ここからは、第2段階になります。

同意できる場合は、チェックを入れ、「次へ」をクリックします。

Install MiKTeXにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

Complete MiKTeXにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

どのユーザーがMiKTeXを利用できるのかを指定します。特に問題がなければ、すべてのユーザーがMiKTeXを使用できる、Anyone who uses this computer (all users) にチェックを入れます。その後、「次へ」をクリックします。

第1段階で、ダウンロードしたファイルの格納先フォルダを指定します。指定後、「次へ」をクリックします。

インストール先フォルダを指定します。特にこだわりがなければ、そのまま「次へ」をクリックします。

設定を行います。特にこだわりがなければ、そのまま「次へ」をクリックします。

確認画面が表示されます。確認後、「Start」ボタンをクリックします。

インストールが開始されます。

インストールが完了しましたら、「次へ」をクリックします。

インストールが完了しましたので、「Close」ボタンをクリックし、画面を閉じます。

ファイルの新規作成から、R Markdownをクリックします。

PDFにチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

一度、ファイルの保存をします。ここでは、ファイル名を「sample01」として保存しました。

Knitボタンまたは、Knit to PDFボタンをクリックすると、PDFが作成されます。

ビューアーが立ち上がり、PDFが表示されます。

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:数値解析R言語 CRAN Task View:数値解析 CRAN Task View: Numerical Mathematicsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Hans W. Borchers Contact: hwb at […]
  • Ubuntu,R knitrで日本語のPDFを出力するための設定Ubuntu,R knitrで日本語のPDFを出力するための設定 Ubuntu14.04とRで、knitrで日本語のPDFを出力するための設定方法をお伝えする。 Rでの作業は実際にはRStudioを用いている。 それでは、Ubuntuの設定からお伝えする。 Ubuntuの設定 Ubuntuに日本語のTex環境をインストールする。 $ sudo apt-get install texlive […]
  • R言語 CRAN Task View:臨床試験デザイン、監視、および分析R言語 CRAN Task View:臨床試験デザイン、監視、および分析 CRAN Task View:Clinical Trial Design, Monitoring, and Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Ed Zhang and Harry G. Zhang Contact: Ed.Zhang.jr at […]
  • Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法Ubuntu,R h2oパッケージのインストールの方法 Rのパッケージh2oは、さまざまなクラスタ環境内のニューラルネットワーク(ディープラーニング)、ランダムフォレスト、勾配ブースティングマシン、一般化線形モデルなどの並列分散機械学習アルゴリズムを計算するビッグデータのためのオープンソースの数学エンジンH2O用のRスクリプト機能である。 ここでは、ubuntu14.04環境下でh2oパッケージのインストールの仕方についてお […]
  • R データフレームのファクター列を2値に変換する方法 Rのデータフレームにおいて、ファクター列を2値に変換する方法をお伝えいたします。 方法はとても単純で、データフレームの列ごとにファクター型かどうかをチェックし、ファクター型であればファクターごとに2値の列を新たに作成し追加します。 ソースコードは以下のようになります。 convertFactorToBinary <- function(df, sep = […]
Windows上のRStudioでKnit to PDFを実行するための環境を構築