相関係数とは2変量のデータ間の関係性の強弱を計る統計学的指標である。相関係数rがとる値の範囲は-1≦r≦1である。相関係数rの値により以下のように呼ばれる。

  • -1≦r<0ならば負の相関
  • r=0ならば無相関
  • 0<r≦1ならば正の相関

一般的に、強弱も合わせて以下のように呼ばれる。

-1≦r<-0.7 強い負の相関がある
-0.7≦r<-0.4 かなり負の相関がある
-0.4≦r<-0.2 やや負の相関がある
-0.2≦r<0 ほとんど負の相関がない
r=0 相関がない
0<r≦0.2 ほとんど正の相関がない
0.2<r≦0.4 やや正の相関がある
0.4<r≦0.7 かなり正の相関がある
0.7<r≦1 強い正の相関がある

散布図

2変量のデータがあるときに、各要素(x,y)を座標の点としてグラフ化したものを散布図という。具体例は下のピアソンの積率相関係数の散布図を参照してほしい。

ピアソンの積率相関係数

一般的に、相関係数というときにはピアソンの積率相関係数を指すことが多い。

R ピアソンの積率相関係数

統計Rに標準で含まれるサンプルデータcarsを用いて相関係数を計算してみる。carsは自動車の速度と停止までの時間をもつデータフレームである。


> # 車の速度
> x<-cars$speed
> # 停止までの時間
> y<-cars$dist
> # 相関係数を計算(cor(x,y,method="pearson")と同じ)
> cor(x,y)
[1] 0.8068949
> # 散布図を表示
> plot(y~x)

自動車の速度と停止時間までの散布図

スピアマンの順位相関係数

順位データから求める関係性の強弱を計る統計学的指標である。

R スピアマンの順位相関係数


> x<-c(1,2,3,4,5)
> y<-c(2,4,3,5,6)
> cor(x,y,method="spearman")
[1] 0.9

ケンドールの順位相関係数

順位データから求める関係性の強弱を計る統計学的指標である。

R ケンドールの順位相関係数


> x<-c(1,2,3,4,5)
> y<-c(2,4,3,5,6)
> cor(x,y,method="kendall")
[1] 0.8

関連する記事

  • R言語 CRAN Task View:時系列解析R言語 CRAN Task View:時系列解析 CRAN Task View: Time Series Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Rob J Hyndman Contact: Rob.Hyndman at […]
  • R言語 CRAN Task View:関数データ解析R言語 CRAN Task View:関数データ解析 CRAN Task View: Functional Data Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Fabian Scheipl Contact: fabian.scheipl at […]
  • R言語 CRAN Task View:数値解析R言語 CRAN Task View:数値解析 CRAN Task View: Numerical Mathematicsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Hans W. Borchers Contact: hwb at […]
  • R言語 CRAN Task View:心理モデルや手法R言語 CRAN Task View:心理モデルや手法 CRAN Task View: Psychometric Models and Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Patrick Mair Contact: mair at […]
  • R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法R言語 CRAN Task View:系統学、特に比較方法 CRAN Task View: Phylogenetics, Especially Comparative Methodsの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Brian O'Meara Contact: omeara.brian at […]
相関係数