ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする2つの方法をお伝えします。

最初の方法は、ggExtraパッケージのggMarginal関数を用いる方法で、周辺分布を簡単にプロットすることができます。

二番目の方法は、散布図と周辺分布を作成した上で、一つにまとめる方法です。

それぞれ一長一短があります。
最初の方法は、コード量が少ないですがグラフとしての見栄えや汎用性が二番目の方法よりは劣ります。
二番目の方法は、コード量が増えますがグラフとしての見栄えや汎用性が最初の方法よりは勝ります。
自分の確認用であれば最初の方法、他人がみる資料作成には二番目の方法を用いるなど、状況に応じて使い分ける必要があるかもしれません。

実際のコードとプロットされたグラフを合わせてご紹介します。

ggExtraパッケージを用いる方法

ggExtraパッケージのggMarginal関数を用いると、周辺分布を簡単にプロットできます。
ggMarginal関数の第一引数にはggplotオブジェクトを指定します。
また、type引数で周辺分布を「密度分布」「ヒストグラム」「箱ひげ図」「バイオリンプロット」として描くことを指定できます。
実際に、それぞの場合のコードとグラフを見ていきます。

密度分布


library(ggplot2)
library(ggExtra)
data("iris")

g <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Length, y = Sepal.Width, colour = Species))
g <- g + geom_point()
ggMarginal(
  g,
  type = "density",
  margins = "both",
  size = 5,
  groupColour = TRUE,
  groupFill = TRUE
)

ヒストグラム


library(ggplot2)
library(ggExtra)
data("iris")

g <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Length, y = Sepal.Width, colour = Species))
g <- g + geom_point()
ggMarginal(
  g,
  type = "histogram",
  margins = "both",
  size = 5,
  groupColour = TRUE,
  groupFill = TRUE
)

箱ひげ図


library(ggplot2)
library(ggExtra)
data("iris")

g <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Length, y = Sepal.Width, colour = Species))
g <- g + geom_point()
ggMarginal(
  g,
  type = "boxplot",
  margins = "both",
  size = 5,
  groupColour = TRUE,
  groupFill = TRUE
)

バイオリンプロット


library(ggplot2)
library(ggExtra)
data("iris")

g <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Length, y = Sepal.Width, colour = Species))
g <- g + geom_point()
ggMarginal(
  g,
  type = "violin",
  margins = "both",
  size = 5,
  groupColour = TRUE,
  groupFill = TRUE
)

散布図と周辺分布を作成して一つにする方法

散布図と周辺分布を作成した上で、一つにまとめる方法をご紹介します。

それぞれを一つにまとめるには、gridExtraパッケージのgrid.arrange関数を用います。
grid.arrange関数は、グリッド状にggplotオプジェクトを配置することで一つのものとして取り扱います。
注意点としては、グリッド状に散布図と二つの周辺分布を配置したときには空欄用のggplotオブジェクトを指定しなければならないことです。
次のコードでは、panel.blankが空欄用に該当します。


library(ggplot2)
library(gridExtra)
data("iris")

panel.main <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Length, y = Sepal.Width, colour = Species))
panel.main <- panel.main + geom_point()
panel.main <- panel.main  + theme(legend.position = c(1, 1),
                                  legend.justification = c(1, 1))

panel.top <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Length, fill = Species))
panel.top <- panel.top + geom_density(alpha = 0.5)
panel.top <- panel.top + theme(legend.position = "none")

panel.right <- ggplot(iris, aes(x = Sepal.Width, fill = Species))
panel.right <- panel.right + geom_density(alpha = 0.5)
panel.right <- panel.right + coord_flip()
panel.right <- panel.right + theme(legend.position = "none")

panel.blank <- ggplot()
panel.blank <- panel.blank + geom_point(aes(1, 1), colour = "white")
panel.blank <- panel.blank + theme(plot.background = element_rect(colour = "white"),
                                   panel.grid.major = element_blank(),
                                   panel.grid.minor = element_blank(),
                                   panel.border = element_blank(),
                                   panel.background = element_blank(),
                                   axis.title.x = element_blank(),
                                   axis.title.y = element_blank(),
                                   axis.text.x = element_blank(),
                                   axis.text.y = element_blank(),
                                   axis.ticks = element_blank())
grid.arrange(panel.top,
             panel.blank,
             panel.main,
             panel.right,
             ncol = 2,
             nrow = 2,
             widths = c(5, 1),
             heights = c(1, 5))

関連する記事

  • R スティール(Steel)法R スティール(Steel)法 スティール(Steel)法とは、ダネット(Dunnett)法の多重比較に対応するノンパラメトリックな多重比較である。 スティール法を簡単に言うと、正規分布を仮定しない1つの対照群と2つ以上の処理群間を順位を用いて多重比較で調べる方法である。 Rで、スティール法を使う場合は、「スティール(Steel)の方法による多重比較」のページにソースコードが紹介されている。 […]
  • R言語 CRAN Task View:極値解析R言語 CRAN Task View:極値解析 CRAN Task View: Extreme Value Analysisの英語での説明文をGoogle翻訳を使用させていただき機械的に翻訳したものを掲載しました。 Maintainer: Christophe Dutang, Kevin Jaunatre Contact: Christophe.Dutang at […]
  • MySQL データベース内のテーブル数を確認する方法MySQL データベース内のテーブル数を確認する方法 MySQLまたはMariaDBのデータベース内のテーブル数を確認する方法をお伝えします。 サンプルデータベースを次のように準備します。 # データベース作成 CREATE DATABASE sample_database; # データベース指定 use sample_database; # テーブル作成 CREATE TABLE […]
  • RStudioのエディタテーマ一覧RStudioのエディタテーマ一覧 RStudio(ver 1.0.153)のエディタテーマの一覧をご紹介します。 Ambiance Chaos Chrome Clouds Midnight Clouds Cobalt Crimson Editor Dawn Dreamweaver Eclipse Idle Fingers Katzenmilch Kr […]
  • R ggplotに回帰直線の式を表示する方法R ggplotに回帰直線の式を表示する方法 R言語のggplotにおいて、グラフに回帰直線の式を表示する方法をお伝えします。 ggplotのグラフに回帰直線の式を表示する方法はいくつかあります。 ここでは最も簡単と思われるggpmiscパッケージを用いて回帰直線の式を表示する方法をお伝えします。 環境 今回の作業環境をsessionInfo()関数で確認しておきます。 > […]
R ggplot2を用いて散布図と周辺分布をプロットする方法