Rでオブジェクトをファイルに保存または読み込みする方法を記載しておく。
長時間かけて行った計算結果が特有のオブジェクトで返される場合には特に有効である。

保存はsaveRDS関数を用いる。


> # 計算結果をobjに格納
> obj <- lm(Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)
> # objの表示
> obj

Call:
lm(formula = Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)

Coefficients:
(Intercept)  Sepal.Width  
     6.5262      -0.2234

> # "lm.obj"として保存
> saveRDS(obj, file = "lm.obj")

読み込みにはreadRDS関数を用いる


> # "lm.obj"の読み込み
> obj2 <- readRDS("lm.obj")
> # obj2の表示
> obj2

Call:
lm(formula = Sepal.Length ~ Sepal.Width, data = iris)

Coefficients:
(Intercept)  Sepal.Width  
     6.5262      -0.2234

R オブジェクトを保存・読み込みする方法